テーマ:1リットルの涙

1リットルの涙 特別編 -追憶-

一昨年、実話を元にしたドラマで今回はその特別編。 そういえばこの頃から自分はドラマの感想を書き始めていました。 先程、読み返してみましたが・・・ 思わず泣きたくなりました(;∀;) まぁそれはさておき 今回は亜也の死から半年後 つまり最終話から5年と半年後って事ですね。 …
トラックバック:9
コメント:16

続きを読むread more

イラストを語る 沢尻エリカの場合 その2

今回、この上の写真を構図にしてイラストを描いたんだわ。 イラストのHPでも掲載してるんだが、こちらの方でも載せてみる事にしやした。 最初に描いたのがこれ。手探り状態で描いているんで線がちょっと荒々しい。 次がこれ。よく描き込んだかなと思っていたんだ…
トラックバック:15
コメント:4

続きを読むread more

1リットルの涙 最終回

あれから1年。 病気は亜也の体を確実に蝕んでいた。 でも亜也には4つの光があった。 ひとつめの光は家族。 どこまでも自分を支えてくれる家族。 いつも支えてくれたお母さん。 暖かく見守ってくれたお父さん。 そして自分の事を顧みず私を心配してくれた弟妹たち…
トラックバック:16
コメント:12

続きを読むread more

1リットルの涙 第10話

あぁぁそこで終わるのかぁ 遥斗の台詞の続きは?(゜Д゜;≡;゜д゜)ネェノカヨ あれから二年。 病状はかなり深刻になっている。 水野先生は両親に亜也のこれから先の将来を告げる。 進学は望めないと。 在宅で過ごすのがいいと。 その言葉に凍りつく二人。 でも多少なりとも予想はしていた。 そして二人は了承…
トラックバック:9
コメント:12

続きを読むread more

1リットルの涙 第9話

今回「亜也」と「亜也」との競演実現という事でイラストも並べてみた。 以前のやつのそのまま掲載なんだな。 なので手抜きと言われても仕方ないんだがな。 ホンマは麻生君を描きたかったのだが、別ドラマ(あいのうた)の方を優先しました。 さてはて今回のテーマは亜也にとっても遥…
トラックバック:11
コメント:9

続きを読むread more

1リットルの涙 第8話

先にちょっと今回の不満を少々。 毎回そうなんだけど主題歌と挿入歌を2回はさむのは止めてほしい。 それと気持ち、後10~15分は欲しかったかな。 遥斗と二人のシーンからCM後、家族全員がそろうシーンで 養護学校を決意するまでの時間はもうちょっと時間が欲しかったな。 さ て と。 今回のお話は本当に身に染みる程に考えさせられ…
トラックバック:11
コメント:8

続きを読むread more

1リットルの涙 第7話

潮香が「スキヤキなんだけど、うちでご飯食べない?」って言われた時に ちょっと間があって遥斗が「お父さんはご在宅ですか?」と聞き返して すぐ次のシーンでハイテンションなお父さんが遥斗の隣りに座っているのには ちょっとクスッとしたなぁ。 食事が終わった後も犬のガンモに豆腐食べてんのかと聞いて、 そんな訳ないじゃんと亜也が言っても「…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

イラストを語る ~もう一人の亜也~

この間、公式HPで第7話の予告を見ると大西麻恵さんとかとうかずこさんの名前があった。 どういう取り合わせなんだろうと思ったら、なあるほどね。 映画版「1リットルの涙」で大西麻恵さんは木藤亜也さんを、 かとうかずこさんはその母、潮香さんを演じていたんやね。 しかも、その映画去年公開されてたんやぁ。ヘェ~ヘェ~ヘェ~。 それなら…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

1リットルの涙 第6話

今回は同情に関してどう向かい合っていくべきかと共に 自分の問題が家族にまで影響する場合、家族はどう向き合っていくかという 2つの議題がありまして。 同情に関してはお母さんが明確な回答をしてくれましたね。 どうしてもプライドというのがあって同情を受ける事を恥と考えるお父さんの気持ちは 分かります。でも、自分よりもつらい立場にいる…
トラックバック:8
コメント:2

続きを読むread more

1リットルの涙 第4話

亜也が心配なのはわかるのだが、亜也だけしか見てないようで 他の子供(特に亜湖)に気がまわってない両親。 もっと自分にかまって欲しい時期だからねぇ。 さて、今回のお話で兄を失った遥斗の過去と心の傷が明らかになりました。 父に言われた一言がとても悲しかったんでしょうね。 だから、自分は何のために生きているのかを考えたときに 自分…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

1リットルの涙 第3話

薬師丸さんと沢尻さんって笑ったときの目元が親子みたいにそっくり。 だからという訳ではないかもしれんが、ああ親子なんだなぁって思える。 そういうのを抜きにしても見ごたえがあるんだが、どうも詰め込みすぎな印象がある。 今回で言うとお父さんとお母さんの気持ちの流れだったり、主治医である先生の気持ちとか ちょっと慌ててとってつけた感じが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more