テーマ:再生の町

再生の町 最終話

これまで駿馬は父を否定していた しかし、ある時 駿馬は気付いた。 父を否定してもしなくても 行き着く先は同じだと―――――。 この町の明日への希望 それをどう気付くかが焦点のひとつでしたね。 権藤は前市長とニュータウン事業の用地買収に関して収賄に関与 だからニュータウン事業…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

再生の町 第4話

ニュータウン事業を凍結する この提案を市長は受け入れて市民に発表した。 PTが提案する削減案と共に。 その提案は市民には衝撃だった。 市役所では市長を議長として 福祉・医療・都市計画等、各分野での折衝が市民に公開で行われる事になった。 市民は切り捨てないで欲しいと叫ぶ。 予想以上に激しい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

再生の町 第3話

今回、駿馬達が削減しようとしているのは医療・福祉関係 いわゆる「聖域」と呼ばれる現場。 それは駿馬にとっても他人事ではなくなってきたようで 家族がその状況をなんとかしようとしてるけど それがなんか自分が頼りないせいだと思ってしまい ちょっと喧嘩してしまったみたいです。 子供がいる家庭にとって 託児所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再生の町 第2話

10年前から計画されていたニュータウンの計画案 それは現市長の公約でもあり この町に住む人達の悲願でもあった。 しかし、一方で そうした事業に莫大な予算をつぎこむ事は 財政が赤字のために破綻しようとしている市にとって 市民を守る義務がある市にとって それは次の世代に借金を残してまで行うべき事案なのだろうか―…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

再生の町 第1話

もし、自分の住んでいる町の財政が悪化して 財政再建団体になったとしたら――――。 財政再建団体 それは自治体の赤字が財政の20%を超えた状態になり 総務大臣によって指定を受けた自治体である 財政再建団体になれば 予算の対応を国に相談しなければならない。 たとえ鉛筆一本を買う事であっても。 それから地方自治…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more