テーマ:鹿男あをによし

時代劇で鹿男

やっぱ月9の展開は予想通り 後味の悪~~~~~いものでした。 で、先日まこさんに面白いものを紹介してもらったので 自分もちょっと探してみたらあるわあるわ(笑) 戦隊モノ、ウルトラマン系等々色んなのがありました。 そこで、そんな後味を解消させるために 個人的にツボにハマったのを紹介致しますです。 もちろん、自…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

鹿男あをによし 最終話

まず、不満な点をチラホラ挙げるとすると 1.中井さんのナレーションの時点で既に日本の危機は脱していた事 2.スゴイ駆け足で物語が展開していった事 3.鼠の出番が最初の鎮めの儀式だけだった事 4.狐は全くでなかった事 5.ドラマの謎以上に恋愛モードが強かった事 6.キスシーン×2 …
トラックバック:28
コメント:18

続きを読むread more

鹿男あをによし 第9話

「私が鼠の運び番です。」 そしてリチャードは「目」は高松塚古墳に隠したと言う。 誰も中に入らないから安全なんです。 それは藤原も間違いないと思っていたらしい。 朝八時半に事務局が参りますから 古墳の前で待ち合わせましょう。 と言ったけれど小治田教頭は現れなかった。 ・・・騙さ…
トラックバック:25
コメント:23

続きを読むread more

鹿男あをによし 第8話

決定的な証拠 鼠である根拠を突き止めければならない。 方法その1. リチャードの顔は鼠になっているのではないか? リチャードが鼠に印をつけられていたとしたらその可能性は高い 結果 違った(; ̄∀ ̄) 方法…
トラックバック:21
コメント:20

続きを読むread more

鹿男あをによし 第7話

今回はかなりの急展開ですねぇ。 まずはこれですね。 改めて見ると絵のタッチがTBSニュース23のカエル劇場に似てる気がする(; ̄∀ ̄)ゞ そんな鹿女さんが分かり易く説明してくれました。 つまり、 今回の役目には 狐の使い番 鹿の運び番 鹿の使…
トラックバック:15
コメント:10

続きを読むread more

鹿男あをによし 第6話

結局、「さんかく」は「目」じゃなかった。 でも、この「さんかく」はシゲさんの御祖父さんが作ったものだった。 結局、「偽物」でも、シゲさんのお祖母さんには大切な思い出の品だった って事でしたね。 そして、鹿の次なる指令が「狐の使い番」に会え。 狐は京都市動物園で飼われていて食いっぱぐれがないそうです(笑) …
トラックバック:17
コメント:12

続きを読むread more

鹿男あをによし 第5話

今回はもう大和杯ですねぇ。 でもって今回はやけにカメラワークを存分に見せていましたねぇ。 剣道のシーンでは画面が 戦う二人を中心にして、周囲がグルグル回ったりしたと思ったら そして随所随所で奈良の剣道部の快進撃に人がどんどん集まってきて でもって、職員室で黙々と溝口先生が普通に一般業務してるかと思ったら …
トラックバック:15
コメント:12

続きを読むread more

鹿男あをによし 第4話

今回はなかなかに奥が深かったですねぇ。 それにつけても、あの奈良の資料館とか遺跡とか。 行ってみたいですねぇ。 二週間じっくりと資料館と遺跡を 回れるくらいの休みと金が欲しいです(; ̄∀ ̄)ゞ 「うちが好きにルールを決めていい。」 って規約に書いてあるからって 勝てるチャンスを増やすために 賢くル…
トラックバック:14
コメント:10

続きを読むread more

鹿男あをによし 第3話

鹿が話してくれた真相 日本には巨大な鯰が眠っている。 鯰が暴れると地震が起きる。 そのため、鹿島大明神である武甕槌大神(たけみかづち) 彼が鯰の頭を抑え 我々鹿・狐・鼠は尻尾を抑えている。 …
トラックバック:10
コメント:14

続きを読むread more

鹿男あをによし 第2話

藤原の話のトビ方に平然とついていける人たちってスゴイなぁ(笑) 歴史好きにはああいうのはたまらんですねぇ。 ただ、あれらの台詞を覚えるとなると それはそれで大変かも(苦笑) でもってあのエンディング曲と映像はいいな。 回を増す度に病みつきになってきた(笑) しかし、あれは仕方がないですよね。 …
トラックバック:14
コメント:15

続きを読むread more

職人芸 鹿男あをによし×風林火山

「鹿男あをによし」のエンディング 壮大な感じでちょっと音楽は大河っぽいし 映像は「風林火山」っぽいかなって思っていたら そう思っていた方は結構いたようで YouTubeにこんなのが↓ 風林火山de鹿男 鹿男de風林火山 流石、職人さん。 素晴らしい出来栄えです。 個人的にはど…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

鹿男あをによし 第1話

「主人公が鹿男となって日本を救う」 これだけではどんな物語かようわからんかったけど ようやくこれでわかったわ(笑) よく地震が起こると地面の下で大鯰が暴れてるって 迷信があるんだけど、このお話では これが事実として物語が流れていくんですね(笑) でもって、日本の神話やら卑弥呼やら邪馬台国やら 社の歴史や…
トラックバック:23
コメント:11

続きを読むread more