テーマ:柳生十兵衛

柳生十兵衛 七番勝負 最後の戦い 第5話

尾張に着いた十兵衛一行。 そこで曲者が駕籠に乗った人物を襲おうとした。 松下兵衛だった。 そこにいた人物は尾張藩の家老で 紀州・頼宣が尾張藩主に面会する事を拒んだ人物。 頼宣の野望を達成するには邪魔者だった。 その男の白刃を止めた者がいた。 娘だった。 その一連の出来事を見てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳生十兵衛 七番勝負 最後の戦い 第4話

どうして殺しあわなければならないのです。 それが俺の務めだ。 今の世に人を殺めてまでも務めなければならぬものがあるのでしょうか。 旅先で一人の老武士と出会った。 彼は志賀清兵衛と名乗った。 かつては丹波柏原の織田家家老であったが主君の死後、後継ぎがなく お家は断絶となっていた。 しかし、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳生十兵衛 七番勝負 最後の戦い 第3話

十兵衛一行は駿府付近にある由比にさしかかった。 そこには由比の実家があるという。 正雪がどのようにして育ったのか見てみたい。 その時から悲劇は始まっていた。 正雪の実家は紺屋で母と妹が切り盛りをしていた。 そして兄・吉岡又五郎が実家の手伝いをしていた。 彼は幼少の頃、ワンパクで近くの吉岡某という道場で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柳生十兵衛 七番勝負 最後の戦い 第2話

又十郎の下に柳生の里から知らせが届く。 柳生十兵衛死す―――。 その報告を聞いて喜ぶ紀伊藩主・頼宣と由比正雪。 尾張藩主・義直が亡くなり、頼宣の天下が近付いていた。 そう思っていた。 しかし、十兵衛は死んでいなかった。 十兵衛が生きていた。 丸橋忠弥は十兵衛を由比の仲間に引き入れようと画…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

柳生十兵衛 七番勝負 最後の戦い 第1話

島原の乱より8年。 柳生の里で妻と共に穏やかな日々を送る十兵衛の下に一人の武芸者が訪れる。 名を丸橋忠弥と言った。 なかなかなる槍の遣い手だった。 十文字槍からおそらく宝蔵院流であろう。 彼の母はおまえは長宗我部盛親の忘れ形見だと言い遺したらしい。 本人は特に気にしていなかったようだが。 母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳生十兵衛 島原の乱 最終話

視界を失った半兵衛。迫り来る円城寺の刃。 そんな十兵衛の窮地を救ったのは他ならぬかつての兄弟子・又右衛門であった。 この戦のために死んでいった者のために この戦に集まった者のために 武士として 彼らの思いを踏み躙る円城寺の野望は止めなければならない。 又右衛門と十兵衛は円城寺の後を追った。 そして一揆軍が集…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柳生十兵衛 七番勝負 島原の乱 第6話

遂に島原で一揆が始まった。 十兵衛一向は島原で伊予・蒲生家に仕えていた浪人達と遭遇する。 その中の一人、元剣術指南役・小林東十郎は訴える。 「幕府に謀反の気持ちは全くない。お家取り潰しにも従い、畑を耕しこれまで生きてきた。 しかし、私達は武士である。 今こうして武士として死に場所を見つけた。 武士は戦場に生きるものでござ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柳生十兵衛 島原の乱 第5話

但馬守が命じた次の場所は豊後・佐伯。 しかし、十兵衛は父の命に背いて向かった先は日向・延岡へ。 その藩主の有馬の父はキリシタンで幕府から身に覚えのない罪を着せられ斬首された。 そして彼もまたかつてはキリシタンであった。 今はキリシタンである事を止め、島原にいた頃は隠れキリシタンを厳しく断罪した。 時にはかつての仲間達も。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳生十兵衛 七番勝負 島原の乱 第4話

柳生十兵衛一向が向かった先は出雲・松江。 父からの指令は「その地での浪人の拠り所となる浪人・山賀治右衛門を斬れ」 十兵衛は治右衛門と出会った。 彼は率直で頑固な無骨者であった。 それは剣士である十兵衛がもっとも好きな人物であった。 治右衛門もまた十兵衛を一目で気に入った。 治右衛門は自分の住む家に十兵衛を招き入れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柳生十兵衛 七番勝負 島原の乱 第3話

一揆の一味は堺より鉄砲を購入するという情報を得た十兵衛一向は大坂・堺へ。 多くの人々が血を流さないように犠牲者が出ないように一揆を起こさない事を願う柳 生十兵衛。 天下のため、幕府に仇なす賊軍をこの一揆によって全て成敗しようとする事を願う柳 生但馬守。 立場が変われば物も見方も変えてしまう。 怖いものですね。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

柳生十兵衛 七番勝負 島原の乱 第2話

柳生十兵衛に父・但馬守から与えられた指令 「美濃・岐阜におる野党の当主・鈴鹿真太郎を斬れ」 美濃に向かった十兵衛一向はそこで鈴鹿真太郎に出会う。 彼の印象は聞いていたものと違っていた。 鈴鹿真太郎がこのような暮らしになったのは以下のようないきさつがあった。 美濃・岐阜では菅沼の殿が治める国だった。 その殿が急死した後を継…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柳生十兵衛 七番勝負 島原の乱

いやぁ いいですねぇ。 冒頭は柳生十兵衛と荒木又右衛門の真剣での稽古。 近山藤四郎ら柳生門弟が楽しい時間を過ごす中、そんな彼らを引き裂く闇。 己が欲望、嫉妬、憎しみ。 それが戦を起こす引き金となる。 義理固く忠義に厚いが故にその闇に翻弄される剣士達。 そして剣士は刃を向ける。 かつて共に汗を流した同門の友に。師に。 自…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

柳生十兵衛 七番勝負

私はどちらかというと時代劇が大好きですね。 昔なら、大江戸捜査網、江戸を斬る、三匹が斬る、長七郎江戸日記等々 たくさん連続ドラマ的なものがありましたが、最近はさっぱり目減りしてしまいました。 その中で、奮闘しているのはNHK。 現在、「柳生十兵衛 七番勝負」を再放送でやっておりますが、 この第二弾が4月より放送されるという事で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more