テーマ:天地人

天地人 第19話 「本能寺の変」

今回の御習字はこれ 今回の内容は 兼続、必死に春日山に戻るも 信濃に侵攻する織田軍は越後より撤退 作戦失敗(゚Д゚) 本能寺で信長、明智光秀の攻撃を受けて自害 あの世の世界からコンニチハの謙信さんと会った信長さん 後に二人は現代に転生して 映画版「チーム・バチスタの栄光」で…
トラックバック:8
コメント:10

続きを読むread more

天地人 「新発田重家との戦い その1」を勝手に妄想

それはあまりにも突然の出来事だった。 6月5日 魚津から越後へ侵攻した織田軍が撤退した。 更に物見の報せでは 魚津城は空城となっていると言う。 何が起きたのか 景勝と兼続のみならず上杉家中も者達は皆一様に計り兼ねていた。 織田家家臣・惟藤日向守(明智光秀)から書状が届いたのは それから…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

天地人 第18話 「義の戦士たち」

魚津城を救援するために出兵した景勝 しかし、魚津城は二の丸が落とされ 後は本丸を残すのみとなっていた。 兼続はある策があった。 それは御屋形様が春日山城を離れれば いずれ、上野・信濃の織田方の者が動いてくるはず。 その時、我らは取って返し春日山城に戻り 織田方を迎え撃つ。 魚津城の将兵…
トラックバック:12
コメント:10

続きを読むread more

天地人 「魚津城の戦い」を勝手に妄想

織田の脅威にさらされていた上杉家ではあったが 上杉家家中の結束は固まっていた。 それにはふたつの理由があった。 その理由のひとつが 武田の最後と、その武田に対する織田のなさりようであった。 あっというまに織田に寝返った武田の者達 武田の庇護にあった神社・仏閣の焼き討ち そしてあの武田狩りである。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

天地人 第17話 「直江兼続誕生」

今回の御習字はこれ 左は普通に書いてみたんだけど あまり面白くないんで 右の方も書いてみやした さて、今回の物語はというと ・直江家を継いだ直江兼続 ・織田が武田に侵攻。そして武田滅亡 ・景勝夫婦のエピソード ・魚津城の危機が迫る ばっさり行くとこんなもんかな。 …
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more

天地人 「新発田重家の乱」と「武田征伐」を勝手に妄想

直江を継いで家老となった兼続は 直江の居城・与板城に戻る事も、妻となったお船に会うこともなく 春日山城にて同じく家老となった狩野秀治と共に内政及び此度の争いの収拾に奔走していた。 その出来事から遡る事、三ヶ月前。 天正9年(1581年)6月16日 此度の乱においては我らが御味方になったからこそ景…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

天地人 第16話 「信玄の娘」

終わった後の率直な思い まず、服部半蔵に関してですが これは仕方ないかもしれませんが 服部半蔵というと忍者ってイメージがありますが 実際、この時代に活躍した服部半蔵は忍者ではなく 武将だと言われています。 服部家が徳川の前身、松平家に仕えたのは 服部半蔵保長だと言われています。 で、今回名…
トラックバック:9
コメント:10

続きを読むread more

天地人 「菊姫」と「信綱惨殺」を勝手に妄想

天正7年(1579年)甲斐より越後へ向かう一行がいた。 その一団にある輿には武田勝頼の異母妹・菊姫が乗っていた。 この時、16歳。 兄上様は何故、上杉を選んだのであろう。 侍女から聞いた話だと一昨年の天正5年(1577年) 武田は織田信長に対抗するために上杉謙信と同盟を結んでいる。 一方で北条との…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

天地人 第15話 「御館落城」

今回のあらすじ 武田が景勝方についた事で戦局は逆転。 そして寝返りが続出して景虎は夫婦共々自害致しました。 以上( ̄Д ̄)ゝ 今回のオープニングの御習字はこれ 兼続が次々に御味方を増やして、最後は雪かぁ。 ・・・・・・ちょっとひっかかるなぁ(  ̄∀ ̄)ゞ たしかにそういう…
トラックバック:10
コメント:16

続きを読むread more

天地人 「御館の乱」を勝手に妄想

上杉謙信が亡くなった。 上杉謙信の後継と目されていたのは謙信の二人の養子。 一人は謙信の姉・仙桃院の子である上杉景勝 もう一人は北条氏康の子である上杉景虎 家中は景勝派と景虎派で二つに割れた。 そして家臣同士の争いにより越後が血で染まった。 樋口兼続は景勝の側にあった。 当初、兼続はこの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天地人 第14話 「黄金の盟約」

さて、今週の「天地人」は 越後にやってきた勝頼軍を 兼続さんの決死の活躍で見事、景勝との和議をとりつけ 上杉景勝と武田勝頼は過去の因縁を乗り越えて同盟を結ぶ事が出来ました チャンチャン ̄▽ ̄ とりあえず、今回の御習字から突っ込みを(笑) 上杉にとっての武田を言った言葉みたい…
トラックバック:8
コメント:18

続きを読むread more

天地人 第13話 「潜入!武田の陣」

さて、今回の物語は えらく流行に流されていませんか(苦笑) とりあえず、それはそれとして 今回の物語の主なあらすじは 兼続さんの活躍で 武田と和睦しました ̄▽ ̄ もう身もフタもない言い方だけれども(; ̄∀ ̄)ゞ あの…
トラックバック:9
コメント:8

続きを読むread more

天地人 第12話 「命がけの使者」

景虎は御館に移動し 春日山に通ずる道を塞いでいった。 長期戦=兵糧攻めにするために。 そうして春日山城は兵糧の底が尽きかけていて これ以上戦は続けられない状態にあった。 更に景虎は実家の北条家に支援し 北条は同盟を結んでいる武田に越後への出兵を促し それに応じて武田が2万の兵を引き連れ 信濃と越後…
トラックバック:9
コメント:6

続きを読むread more

天地人 第11話 「御館の乱」

一言 KYONKYONに撃沈_| ̄|○ 先手を取って相手の出鼻をくじく。 これが兵法というものでしょうか(苦笑) とりあえず簡単にあらすじをば。 本丸を景勝に奪われた事で 裏切られた思いでいっぱいの景虎は兼続に刃を向けるものの 義母・仙桃院の願いで刃を止める しかし…
トラックバック:11
コメント:8

続きを読むread more

天地人 第10話 「二人の養子」

「謙信の遺言」に疑念を持つ柿崎晴家が景勝の屋敷を襲った。 春日山城では東二の丸に景勝の館があり、隣には柿崎家の館があった。 彼が攻めるには格好の場所であった。 彼が不満に抱いていた事 それは景勝が上田長尾家の出自である事だった。 上田長尾家は謙信の父・為景の代より争いし家柄 謙信の姉・仙桃院が上田長尾家に…
トラックバック:12
コメント:6

続きを読むread more

天地人 第9話 「謙信死す」

謙信が亡くなった後 誰が跡目を継ぐか言い争いになる家臣団 そこでお船の母が謙信公の遺言により 「上杉家は景勝が継ぐ」と仰った事でそこでの言い争いは収束したものの その遺言を言ったのが景勝派である直江家の御母堂が仰ったという事に 疑念を持つ一派は景虎様擁立を画策。 そして、その先鋒でもあった柿崎晴家が実力行使に躍り出た…
トラックバック:12
コメント:10

続きを読むread more

天地人 第8話 「謙信の遺言」

初っ端から信長のミョーな紹介 そして兼続と初音との会話の演出に失望のため息が出る今日この頃(笑) 今更なんでこんな演出になったのか責める気持はありませんので とりあえず簡単にあらましを追いかけていくと 殿から許しを得て再び景勝様の下に仕える事になった兼続は弟・与七も連れていく。 でもって仙桃院から北斗の七星の話…
トラックバック:15
コメント:8

続きを読むread more

天地人 第7話 「母の願い」

さて とりあえず見ました(  ̄∀ ̄)ゞ 上田庄で蟄居する事になった兼続は かつて幼い頃に学んだ雲洞庵に篭る事になるのですが そこで兼続は弟・与七を通じて 母の病状が思わしくない事を知るものの 武士として失態をして蟄居を命じられた兼続は これ以上無様な真似は出来ないと思い 母のいる家に帰…
トラックバック:14
コメント:8

続きを読むread more

天地人 第6話 「いざ、初陣」

今回の御言葉は ドラマにならって今回から真似事してみました(; ̄∀ ̄)ゞ とりあえず、今回は簡単なあらすじで。 かいつまんで言うと 初陣を飾った兼続でしたが 相手にも親がいると思うと敵に対して刃を振るう事が出来ず そのために味方に被害を与えてしまい それからの戦で上田衆は目覚しい活躍を果たしたが ただ一人…
トラックバック:7
コメント:14

続きを読むread more

天地人 第5話 「信長は鬼か」

信長に会える。 兼続の胸は高鳴っていた。 そして、兼続は初音の仲介もあって信長と会う機会を得た。 初音が通した部屋は南蛮渡来の品と音楽で溢れていた。 その時、兼続をなんとも 心地好く誉める御仁に出会った。 その男は信長の家臣で名を羽柴秀吉と言う。 ひとつ忠告しておきます。 もしも御目見えが叶っ…
トラックバック:11
コメント:8

続きを読むread more

天地人 第4話 「年上の女(ひと)」

越中での争乱を二ヶ月で収めた上杉軍は越後に凱旋した。 そこでの景勝、景虎の活躍は目覚しいものがあった。 景勝方は戦勝の祝いの宴を催していた。 上田衆の愉快な面々 ちなみに景勝以下 この時代設定では十代です(; ̄ノ∇ ̄) それから間もなく上杉景虎と景勝の妹・華姫との婚…
トラックバック:11
コメント:10

続きを読むread more

天地人 第3話 「殿の初恋」

さて、早速物語をと行きたいとこですが いきなしあっという間に年月が流れてて その間に上杉家周辺では滅茶苦茶色んな事が起きていますので とりあえず、与六が14歳になるまでの 1564年~1573年の間に 武田家・上杉家・北条家ではどんな事が起きていたのか 簡単にまとめてみました。 これをとばしていきなし今…
トラックバック:9
コメント:16

続きを読むread more

天地人 第2話 「泣き虫、与六」

越後は上田庄にある雲洞庵 そこで修行に励む喜平次とその小姓達の中に樋口与六もいた。 しかし、自分は親に捨てられたと考えた与六は 強がりを言って周囲を困らせていた。 そんな与六が本音を言えたのはただ一人だけだった。 わしはこんなとこ、きとうはなかった。 何故わしをここに呼んだのじゃ! わしは喜平次…
トラックバック:12
コメント:16

続きを読むread more

天地人 第1話 「五歳の家臣」

命を取られたとしても上杉景勝に忠義を貫き 世俗の欲にとらわれない男 その男の名は直江兼続 この主従の出会いは遡る事、1564年 舟遊びをしていた長尾政景と宇佐美定満が 湖に落ちて溺死した事から物語は始まる――――――。 ま…
トラックバック:16
コメント:11

続きを読むread more

来年の大河「天地人」の出演者について あれこれ その2

さて、新たに大河ドラマ「天地人」のキャスティングが決まったようなので ちょっとチェックをしてみました。 甘粕景継:武勇に優れた武将 演じるのはパパイヤ鈴木 意外にハマりそうなキャスティング(笑) 柿崎晴家:父はあの猛将で名の知れた柿崎景家 演じるのは角田信朗 K-1の格闘家の人です。 2001年大…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

来年の大河「天地人」の第1次出演者発表についてあれこれ

本日、来年の大河ドラマ「天地人」の新たな出演者が発表されてました。 普通ならばこういうのは書かないんですけどね。 でも、こうして書いているのはこれがある意味 昨年の大河「風林火山」と繋がってると 自分が考えてるからかもしれません(; ̄∀ ̄)ゞ 直江兼続:「天地人」の主人公  演じるのは妻夫木聡さん 上杉…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more