テーマ:映画

映画「告白」

今日は映画を見終えた後、天満屋に行ってきて 広島県産の食べ物の特売をやってて、それをついつい 色々と買ってしまいました。 坊主にヒゲを生やした この暑い中で黒い長袖の服を着てたのが私なんですが なんでこの時期にあんな長袖を着てるかというと 7,8年くらい前の夏頃に しまなみ海道を渡ってみようと 広島から尾道ま…
トラックバック:11
コメント:10

続きを読むread more

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

これが最後の「のだめ」という事で 前売り券を買っていたので速攻で行って参りました。 で、多少ネタバレを含みますのでこの先の話を 知りたくないという方は見ないでつかあさい。 …
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

映画「ゴールデンスランバー」

火曜日は時間が空いたんで この映画を見に行ってきました。 で、見終わった後に思った事 おお~なるほど、なるほど 実に上手く構成されてるなぁ。 おお~なるほど、なるほど ・・・・・でもなぁ; ̄▽ ̄ そんな感じですかね。 この作品の魅力は 登場人物のキャラクタの強さ …
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

のだめカンタービレ 最終楽章 前編

いやぁこれはねぇ とにかく面白い(゚∀゚)b 映画になってその面白さがパワーアップしてますね。 まず、コミカルな部分でいうと ジャンとの試合に勝って勝負に負けた千秋とジャンとの対比が あの飛行船で見せているトコロとか 千秋と音楽で共演出来ると知った時の のだめの脳内の「号外」にパリ中がのだめ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

映画「海角七号/君想う、国境の南」

映画館に行ってこの作品のチケットを言おうとした時 タイトルの読み方をチェックしてなくて 私「えっと・・・うみつの7ごう」 映画館の方「かいかく7ごうですね ̄_ ̄」 (; ̄∀ ̄)ゞ で、見たこの作品 見終わった後、うっすらと涙を浮かべてる自分がいました。 まさか泣くとは思ってもなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「南極料理人」

広島でようやく上映されたので早速見に行きました。 南極の昭和基地から1000km離れた 富士山よりも高い標高3800mの基地 そこにはペンギンもアザラシもおろかウイルスさえもいない 氷点下40~70度 お水の沸点は85℃ 普段は太陽が沈まないけど 6月になると太陽が沈みっぱなし 1997年の時代で…
トラックバック:5
コメント:10

続きを読むread more

映画「プール」

簡単にあらすじを言うと 小林聡美さん演じる女性はタイ・チェンマイに住んでいて そこに娘が日本から訪ねてきて、数日過ごしてまた日本に帰っていく まぁこれだけの物語なんですけどね ̄▽ ̄ゞ 物語としては見せ場はないですが 「かもめ食堂」「めがね」と見てきた方には分かる なんともいえない役者さんの雰囲気がこの…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

映画「BALLAD 名もなき恋のうた」

ツキイチゴローでこの映画の批評を聞いた翌日 この映画を見てきました。 見終わった直後の私 ; ̄ー ̄ウーン 好きな役者さんが多かったのに 出来栄えとしてはヨカッタとこも結構あったんだけど ヨカッタとは言い切れないとこがありました。 とりあえず、色々と振り返ってみました。 その前にちょっと…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

新生・アクション女優

今年になってビックリしたのが アクション女優さんですね。 アクションといっても、CG・スタントなし ガチでアクションが出来る女優さん。 まず、一人はジージャーさん この映画「チョコレート・ファイター」では 主演なんですけど この映画のために4年間も準備してきたそうで。 で、その役柄の設定が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アマルフィ 女神の報酬」

見に行ってきました。 いやぁ楽しませてもらいました ̄▽ ̄ ふと映るイタリア・アマルフィの街並みの美しさに魅入ってしまいますが この作品はとにかくミステリーな展開に 織田さんのカッコよさが光ります。 ふと、役柄の雰囲気が 「振り返れば奴がいる」の司馬さんを彷彿とさせてくれますしね。 もちろん、その…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

映画「ディアドクター」

ある村から一人の「医者」が失踪した。 突然の出来事に戸惑う村人達。 その「医者」は村人から慕われていた。 それだけに何故 「医者」が失踪したのか 村人も共に仕事をしていた看護師も研修医も 誰一人わからなかった。 そして警察の捜査の中で 明らかになっていった事。 それは「医者」は『嘘』をついていた…
トラックバック:8
コメント:4

続きを読むread more

映画 「MW」  ネタバレあり

率直な感想として これは玉木さんのカッコよさを楽しむ作品です≧∇≦b とにかくカッコいいですね。 ドS満載というか 目的のためならば手段を選ばない 誰が死のうが 誰を殺そうとも 目的のためならば 躊躇を見せない雰囲気が実にいいですね≧∇≦b 他の役者さんもそれぞれの持ち味…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

映画「ハゲタカ」

色々と考えさせられる見応えのある作品でした。 物語はドラマ「ハゲタカ」から4年後 ドラマに登場していた人物のその後の姿も描かれているのが ドラマを見た者としては「そうなっているのかぁ」って感じで 楽しめるところもありますが 今回の大きなメインは 伝説のハゲタカVS赤いハゲタカ 伝説のハゲタカ…
トラックバック:6
コメント:12

続きを読むread more

映画「重力ピエロ」

昨日、見に行ってきました。 この作品はすごく笑えて面白いとか すごく感動して泣けるとか そういったようなものはありません。 加瀬亮演じる弟に振り回される冴えない兄「泉水(いずみ)」と 岡田将生演じるカッコよくて天才肌ながら女性に興味を持たない弟「春(はる)」 この二人の兄弟が そうした容赦ない現実に対す…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画「goemon」

早速ながら見てきましたσ(゚∀゚ 忍者の作品が大好きなので♪ ちなみに只今 宇多田ヒカルさんの「Distance」を聴きながら この記事を書いております ̄▽ ̄ とりあえず、良かった点と悪かった点 それぞれ分けていきます。 まず、良かった点 最近のCGは改めてスゴイなぁと思いました。 …
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

映画「レッドクリフ part2」

早速見に行ってまいりました。 いやぁ面白かったです。 ただ、見終わった後に自分の心に残ったのは 虚しさ (´・ω・`)ショボーン この一言に尽きます。 Part1の続編となる今回は 赤壁の戦いのクライマックス Part1が登場人物の自己紹介みたいな感じだとすれば Pa…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

映画「イエスタデイズ」

これはなかなかいい作品でした。 この作品のあらすじを簡単にかいつまむと 余命幾ばくもない父から突然連絡を受けた息子。 父はファミリーレストランの経営者だった。 息子は父が嫌いだった。 仕事を優先して家庭を省みない父。 売り上げを優先して、売り上げが伸びない社員はリストラする。 そんな父が嫌いで彼…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

映画「レッドクリフ part1」

これはハッキリ言って 感動(T▽T) この一言に尽きます。 三国志ファンにはたまらんですね。 中国のほぼ大半を手中に収めた曹操は劉備に狙いを向けます。 彼は劉表の下で庇護を受けて新野城を居城としていたのですが 劉表の死後、彼の後を継いだ当主は曹操につく事を決め それにより…
トラックバック:4
コメント:16

続きを読むread more

映画「ジャージの二人」

とにかく面白い(≧∇≦)b 何が面白いって 息子役の堺雅人さんと 父親役の鮎川誠さんの掛け合いが ヒジョーに天然満載で傑作です(≧∇≦)b お父さんといる時は 息子がしっかりしている感じなんだけど 天然なお父さんの性格を 息子もまたしっかり受け継いでいて 傍目にはそれが分かっているんだけれど…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

映画「ICHI」

綾瀬さんのファンの一人として 早速見に行ってきましたε≡≡ヘ( ゚∀゚)ノ 感想は次の2つの視点で捉えてみました。 ・綾瀬さんファンの視点 ・時代劇ファンの視点 …
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

「アフタースクール」

周囲の評判が良かったので見に行ってきました。 これはかなり面白いですね。 また、このドラマの大きなポイントのひとつは 『目に映る現実と真実は違う。』 ここですね。 中盤まで見ていて、色々と情報が小出しに見えて 「ああ、なるほどな」って感じになるんですけど ある時点から 「え?そうな…
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more

「僕の彼女はサイボーグ」

早速見に行ってまいりました。 これはもうハッキリ言って 綾瀬さんの可愛さ全快です(〃▽〃) 下半身は諸事情により自粛です(; ̄∀ ̄)ゞ ただ、これは見たら分かりますが この作品がいいかどうか 賛否両論ありそうです(; ̄∀ ̄) たった1日だけど 嵐のように自分を通り過ぎた『彼…
トラックバック:6
コメント:8

続きを読むread more

「相棒 劇場版」 そこそこネタバレあり

昨日の朝は10時半過ぎに目が覚めました。 で、テレビをつけると たまたまTBSで「王様のブランチ」をやってました。 そこで映画の宣伝のコーナーをやってて ゲストに水谷豊さんと寺脇康文さんが出ていました。 それから4時間後 広島フラワーフェスティバルに目もくれず 映画館に直行した私ε≡≡ヘ( …
トラックバック:5
コメント:5

続きを読むread more

映画「象の背中」

ちょっと気になって見てきました。 ワーナーマイカル広島10周年記念で 今日は1000円で見れるというので(; ̄∀ ̄)ゞ とりあえず思いっきりネタバレしますので 見てない方は見ない方がいいです(; ̄∀ ̄)ゞ 率直な感想として …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「ゆれる」

俺は父の住む家から出たくて東京に出て行った。 それからカメラマンとしても成功し、女にも不自由する事もなく東京で暮らしてきた。 兄は父の後を継いでガソリンスタンドで働き、女性にもモテず、 母が亡くなった後、炊事洗濯をして父と二人で暮らしていた。 母の一周忌に俺は駆けつけた。 そこで弟は幼馴染の女性―――元カノ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

映画「バットマンビギンズ」 時代はクリスチャン・ベールかな

今回のバットマンは 今までのバットマンと違って重厚な感じでした。 まぁ監督が違うというのもあるのでしょうが 個人的にはこういうダークというか 押し迫ったような暗い雰囲気の映画は好きではありますね。 この雰囲気を作り上げた最たる役者さんこそ このバットマンを演じるクリスチャン・ベールでしょうね。 彼はイギリスの俳…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画 HERO

今日は映画「HERO」を見てまいりました。 本当は先週でも良かったんですが 「ホタルノヒカリ」の最終回を見てから行こうと思いまして。 実はこの映画に「ホタルノヒカリ」の出演者が出ていたので 先週、見てしまうとおそらく私は そのドラマの影響に左右されそうな気がしたもんで(; ̄∀ ̄)ゞ で、映画の感想を語る前にイラストを…
トラックバック:13
コメント:11

続きを読むread more

金曜ロードショー 「SHINOBI」

今回はこっちの方を優先しました(;・∀・)ゞ これは山田風太郎原作「甲賀忍法帖」です。 この方は時代劇小説とかもそうですが SFチックな作品が結構ありまして結構好きなんですよねぇ。 この前の作品ですと「魔界転生」がそうですね。 後はせがわまさきさんが今回の作品をマンガ化、 でもって最近では「柳生忍法帖」が「Y十M」マンガ…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

映画「武士の一分」 (ネタバレあり)

武士には守るべき一分がある―――。 山田洋次監督が描いた時代劇三部作 「たそがれ清兵衛」 「隠し剣 鬼の爪」 の最後を飾る作品。 これはもうよく出来ております。 いきなりネタバレですが(笑) 春先から物語は始まる。 季節を感じさせるのどかな風景。 退屈な毎日だけど 妻が…
トラックバック:14
コメント:14

続きを読むread more