テーマ:大切なことはすべて君が教えてくれた

大切なことはすべて君が教えてくれた 第10話(最終話)

なにはともあれ、終わりよければ全てよし そういうラストでしたね う~ん、まぁドラマの登場人物にとっては よかったかもしれませんが 結局のとこ、どこかの誰かさん(制作再度)の 自己満足だったかなって感じの作品ですねぇ 序盤の 三浦さん×武井さん×戸田さんの構成は 実によかったと思うんですが 武井さんと…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

大切なことはすべて君が教えてくれた 第9話

今回も色々とツッコミ所がある作品でしたねぇ 結局のとこ、自分が自分らしく生きていきたい そーゆーとこを見せたいのでしょうけど なんか ひかりのとこにえらく時間割きすぎ なんとも、その話必要か?(゚Д゚) と思うようなところがいっぱいでねぇ 一番、今回のツッコミ所は 修二、カシオ…
トラックバック:9
コメント:4

続きを読むread more

大切なことはすべて君が教えてくれた 第8話

う~ん 今時、教育者としてのあり方かぁ 生徒に白い目で見られ 教師に白い目で見られ トドメは 社会に白い目で見られ 辞めるのも辞めないのもいいけれど 教師とはいえ 人のプライベートにそんなに口を出す事でもないと思う というか 最近の人はそこまで関心は持ってないと思う…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

大切なことはすべて君が教えてくれた 第7話

えっとですねぇ もうすっかりドラマとしては方向性を見失ってますかね 修二の扱いがすごいゾンザイだし ここで夏美の両親まで出てくるわ 見合い相手には福士さんがやってくるし (多分、過去のドラマの塚本高史さんと同じ扱いと思われ) でもって、恋敵や好きな人の挙動に 自分の決心がすぐに揺らいでしまう若者達 …
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

大切なことはすべて君が教えてくれた 第6話

もうねぇ、予想できたというか なんか完全に独りよがりというか みんなして自分の世界に酔いしれてるなって感じでしたねぇ なんともねぇ、どーにかならんのかなと でもって、お兄さんもいきなりいい人になってるし 一番イタイのは これが恋愛ドラマなのか 挫折を味わった人達が再び立ち上がる姿を描いた…
トラックバック:7
コメント:6

続きを読むread more

大切なことはすべて君が教えてくれた 第5話

とりあえず真相としては ひかりは別の男性と関係は持ったけど 柏木先生とは何も関係がなかった そのことを切々と語るひかり でもって、非難の対象は柏木からひかりへ その時、柏木は 自分がひかりを守ってあげなければと思う そして、夏美は 愛する彼が選んだ選択ならば、自分は身を引こうと …
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more

大切なことはすべて君が教えてくれた 第4話

いやぁ面白いですねぇ。 夏美はもう完全に狂ってしまいましたね 今まで信じてきたものが崩れてしまい 自分が自分でなくなってしまう その辺の見せ方は見事でしたね 当たり前に流れていた自分の中の世界をBGMに それが突然止まるところがなんとも 自分の信じてたものが壊れるって感じを見せてくれました ちょっ…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

大切なことはすべて君が教えてくれた 第3話

いやぁ泥沼の展開になってきましたねぇ 序盤は上村先生のナレーション 最低の事実だけは言えるくせに、こっちを慰める事は何一つ言えない。 相変わらずそういう所は誠実で正直。 目も合わせられない修二が今はたまらなくイヤだ。 ここがおそらく好きになったとこでもあるんでしょうけど 今はそれが嫌いなとこになってしまう…
トラックバック:5
コメント:8

続きを読むread more

大切なことはすべて君が教えてくれた 第2話

いやぁ、怖いですねぇ 「一度の関係」から柏木修二を好きになった佐伯 と言っても佐伯の場合 自分の病気とか色々と劣等感みたいなのがあって これから結婚して幸せになろうとしてる上村先生に 憧れと共に嫉妬していて それがために上村先生の幸せを壊したいと思う 壊して上村先生の幸せ=柏木修二を手に入れたい …
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

大切なことはすべて君が教えてくれた 第1話

いやぁ面白かったです 朝目覚めると見知らぬ女性が自分と同じベットで寝てた それがなんと自分が教師をやってる学校の生徒 しかも自分はその生徒の担任 なので、いつものように生徒に接しても 彼女にだけは戸惑ってしまう いつものように人気者の先生としての立場 で生徒を諭すのだけれども 彼女の前だと一人の男…
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more