テーマ:フルスイング

フルスイング 最終話 「最後の授業」

高林先生が教師になって1年。 初めての卒業式が迫っていた。 3年4組の面々は卒業式に備えて歌の練習をしている。 そこで一人すすり泣く声が聞こえた。 それは生徒ではなく高林先生だった。 「今、別れの時」って歌詞で泣いてしまうらしい。 生徒達に笑われる高林先生。 本番は泣かん。約束する。…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

フルスイング 第5話 「先生のセンセイ」

高畠さんは選手に寄り添い一緒に歩いてくれる人だった。 高畠さんは人に教える時、頭ごなしに言わなかった。 一緒になって悩んで考えてくれる人だった。 「自分の道は自分で切り開け」 それが高畠さんの教えでした。 校内で3年4組の佐伯がサッカー部の後輩を殴った事件が起きた。 どういう事なの? …
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

フルスイング 第4話 「キャッチ」

朝の出勤時間を競い合って高林と太田はいつも徒競走をしていた。 しかし、先生達が出社してくると太田先生は高林を距離を置いていた。 太田先生は教師の中でも浮いていた存在だった。 天童先生が太田に厳しい視線を送っていた。 それに気付いた太田はその場から逃げるように足早に去っていった。 天童先生は太…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

フルスイング 第3話 「本気になる」

桜台高校野球部にとって甲子園出場は長年の夢だった。 阿部先生がこの学校の野球部になって6年。 甲子園出場はおろか 地区予選の突破もままならない。 少子化が進む今 桜台高校の入学生を増やすためには 知名度が必要である。 例えば野球の強豪高のような。 そのためにも今年、野球部の成績が振るわなけ…
トラックバック:8
コメント:6

続きを読むread more

フルスイング 第2話 「逃げない」

単身福岡に乗り込んだ高林が教師となって1週間。 社会の授業を行う高林だけど生徒は全然聞いてくれない。 でもって田辺はいつも寝てばかり。 掌サイズの大あくび。 注意しても 「聞いとらんけん。」 「寝とんの先生の授業だけじゃないけん。」 「只今、ニコニコキャンペーン中やけん。」 全然訳わからん(;…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

フルスイング 第1話 「再びの、夢」

高畠導宏さん 30年間プロ野球の打撃コーチ一筋に生き 彼が育てたタイトルホルダーはのべ30人になります。 とにかくやり続ける。 何事も諦めない。 これは高畠さんの晩年をモデルにした物語です―――。 パ・リーグの球団で打撃コーチをしていた高林 フロントよりの突然の契約打ち切りの通告を受けた。 …
トラックバック:8
コメント:4

続きを読むread more