テーマ:ドラマ化希望

ドラマ化して欲しい戦国武将 「毛利勝永」

今回は毛利勝永でございます。 大抵の方は誰(゚Д゚)?って思うかもしれませんが 大坂の陣で豊臣方の浪人衆の中で「五人衆」と呼ばれたのが 真田信繁(幸村) 長宗我部盛親 後藤基次(又兵衛) 明石全登 そして毛利勝永です。 大坂・夏の陣において 真田信繁が徳川家康の本陣に突入して名を馳せましたが …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「浅野長政」

今回は浅井長政と間違えられやすい浅野長政にございます。 浅井長政は1547年に安井重継の子として生まれます。 豊臣秀吉が1537年生まれなので秀吉とは10歳 徳川家康が1542年生まれなので家康とは 5歳の差があります。 当初は安井弥兵衛を名乗り 後に浅野長勝の娘を娶り婿養子となって浅野長吉を名乗ります。 …
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「最上義光」

今回は最上義光でございます。 最上氏は足利家の分家・斯波家の一族が 山形に入り、山形を本拠とし、最上屋形を称した事から始まったと言われています。        斯        波        家        │        │        ├───┐        │   │        …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「本庄繁長」

今年の大河の「関ヶ原」の出来栄えが あまりにも不甲斐なかったので 今回は上杉家の家臣・本庄繁長でいきます。 まず、本庄家というのは 桓武平氏秩父氏の流れを汲む一族で この一族は北越後は揚北方面を本拠としておりました。 それがために揚北衆と呼ばれておりました。 揚北衆の主な一族は 本庄氏の他、桓武平…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「吉川広家」

今回は毛利家から「裏切り者」「本家を売った男」として 幕末に至るまで罵られた吉川広家でございます。 吉川広家はあの吉川元春の三男として1561年に生まれました。         吉         川         元         春         │         ├──┬──┬──┐ …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「小早川隆景」

今回は小早川隆景 毛利元就の三男にして兄・吉川元春と共に「毛利の両川」として 毛利家を支え、その才能を秀吉に愛され大名になったお方です。 さて、その小早川隆景は1533年に毛利元就の三男として誕生します。   妙     毛   玖     利   夫━━┯━━元   人  │  就      │…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「黒田官兵衛」

さて、今回は黒田孝高にござります。 名前として有名なのは黒田官兵衛、黒田如水ですが 如水は出家してからの号なので以降は出家するまで官兵衛で通します。 まず黒田家は元々は近江の武士で 赤松氏に従い備前に移った後、官兵衛の祖父・重隆の代に その息子・職隆と共に播磨に移り播磨の国人衆・小寺政職の下で働きます。 職隆…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「本多正信」

さて、今回は本多正信でございます。 本多正信の家柄は徳川家譜代の家臣・本多家であります。 で、本多家は代々勇猛果敢で槍働きに優れた方が多く 「鬼作左」の本多重次やあの本多忠勝も正信の親戚に当たります。 本多正信には弟・正重がおり 彼も武勇に優れた武将だったらしいんですが その中で正信は本多家の中にあっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「松永久秀」

今回は松永久秀にございます。 松永久秀といえば あの織田信長をして「悪人」と言わしめたのですからね。 彼がした悪事で有名なのが まず、久秀が仕えた三好家で謀略を用いて 次々とその家臣(主の子や弟)を暗殺した事。 次に時の足利将軍・義輝の暗殺。 三つ目が東大寺の焼き討ちですからね。 流石の信長で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「尼子経久」

今回は尼子経久でございます。 尼子氏は京極氏の支流で 尼子経久は1458年に三代目当主・尼子清定の嫡男として生まれます。 尼子家は京極家が守護を務める出雲の守護代として 京極家を補佐する家柄だったようです。          京          極          高          秀     …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「浅井亮政・久政・長政」

今回は浅井亮政、久政、長政 浅井三代でございます。 例によってまずは浅井家に関してあれこれ。 浅井家は元々は近江国の国人衆で京極氏の譜代家臣だったそうです。 で、京極氏に関しては簡単に説明すると 鎌倉時代にまで遡ります(; ̄∀ ̄)ゞ まず、源頼朝のために働いた佐々木氏があり その功績から…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「朝倉宗滴」

今回は朝倉宗滴でございます。 誰よと思われるかもしれませんが 彼は朝倉家の当主三代に仕えた名将でございます。 宗滴の事を語る前に例によってまずは朝倉家と 宗滴の父・孝景のことを。 朝倉家というのは 越前・遠江・尾張を守護する斯波氏の守護代 つまりは斯波氏の家臣だった訳ですね。 それから…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「井伊直虎・井伊直政」

井伊直政といえば後に徳川四天王と称された方です。 徳川四天王は 井伊直政以外に酒井忠次・本多忠勝・榊原康政がいるのですが 酒井忠次・本多忠勝・榊原康政の三人は徳川家(松平家)の譜代の家臣であるのに 対して 井伊直政は家康に中途採用という形で仕えて、そして抜群の戦功・功績を挙げて 彦根藩の藩祖となった方です。 で…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「北条氏政・氏照・氏邦・氏規」

今回は北条氏政・氏照・氏邦・氏規でございます。 氏政はともかく氏照・氏邦・氏規って誰よ(゚Д゚)?と思われるかもしれませんが 系譜を書くとこんな感じ                    北                    条                    氏                …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「藤堂高虎」

藤堂高虎と言えば 何度も主君を変えた戦国武将として有名です。 どれだけ主を変えたかというと 生まれが近江でしたので1570年頃に浅井長政に仕えます。 この時、藤堂高虎 14歳 で、1573年に浅井家が滅亡すると 浅井家の家臣だった阿閉貞征、磯野員昌と仕えたものの それから津田信澄(信長の弟・信行の子)に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「北条幻庵」

北条家といえば 伊勢宗瑞(北条早雲) 北条氏綱 北条氏康 北条氏政 北条氏直と五代の当主がおりましたが、 その五代の当主全てに仕えたのが北条幻庵でございます。 幻庵と五代当主の生きた時代を表にしてみるとこんな感じ 幻庵は97歳といわれてますからねぇ。 この時代でのこの年齢はかなりの長寿です。 さて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「山県昌景」

山県昌景といえば武田家の家臣であり 「赤備え」を編成した事で有名な武将です。 まず、この方を推した理由のひとつとして 山県昌景を登場させる事で、内藤昌豊を登場させたかった ̄∇ ̄ゞ 内藤昌豊といえば武田の四名臣の一人で 武略に長け、武田の副将と評された方なんですけど 大河ドラマ「武田信玄」では出てこなかったのでTT…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「水野勝成」

イマイチ知らない方もおられるかもしれませんが、 この方は徳川家の家臣でございまして 徳川四天王と呼ばれた本多忠勝、井伊直政が 関ヶ原の戦いでは軍監(軍事の監督)の役職にありましたが 大坂の陣ではこの水野勝成が軍監の役職にあったそうです。 また武勇のみならず初代福山藩藩主では名君として慕われ 後に「聡敏大明神」を与えられ神…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「龍造寺隆信・鍋島直茂」

今回は龍造寺隆信と鍋島直茂でございます。 さて、例によってまずは龍造寺の系譜を簡単に説明です。 龍造寺家は藤原氏の流れを汲み 肥前国は今でいう佐賀県辺りの国人衆として その頃、肥前国の守護であった少弐氏の家臣だったそうです。 そして13代当主・康家は 家督を嫡男の胤家に譲って隠居 康家は…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「石田三成」

ちょっと調べてみると今まで 石田三成が主人公のドラマ、映画ってのがなかったみたいなんで 大河初って事でやって欲しいなぁと思いまして  ̄▽ ̄ゞ 清廉潔白でもって、それをひたすらに律儀に守るため 情よりも法と秩序を遵守するために 時に融通の利かない人物って感じに見えたりして。 それに家康はなんとなく三成を恐れ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「南部晴政・南部信直・南部利直」

今回は南部家の当主である晴政・信直・利直 三代モノでまとめてみました。 まず、南部家を説明するために簡単にその系譜を説明します。 南部家はご先祖様に六人の子供がいて長男が庶子だったので一戸に住み 宗家となる次男は三戸に住み、後は八戸、七戸、四戸、九戸に住んでいったそうで その地名がそのまま姓となっていったみたいです…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「宇喜多直家」

さて、今回ご紹介する方は 今の大河とすれば全くのま逆の人間です ̄▽ ̄ゞ まず、直家を説明する前に宇喜多家について簡単に説明すると 宇喜多氏は 鎌倉時代より播磨一体を支配した守護大名である名門・赤松氏を 補佐する役目にあった守護代・浦上氏の家臣でした。 戦国時代になると浦上氏は主家である赤松氏から独立を図ろ…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

ドラマ化して欲しい戦国武将 「細川幽斎」

結構、有名な方だとは思いますが この方は調べれば調べる程に面白いですねぇ。 なんにしてもこの方は逸話とかが多いですね。 特に戦国武将としてのスゴさというよりも この方の面白さが前面に出ているような感じで。 特に茶道、和歌に関しては当代随一の教養があって 句を読み上げるのに時間をかける事なく他の者が前の句を …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more