テーマ:功名が辻

功名が辻 第19話

今回の題目「天魔信長」 この天魔っていうのは「第六天魔王」の略なんですね。 まぁ「第六天魔王」というのは調べてみたら分かる事なので これについては説明を省きますが、文字通り信長は魔王として恐れられたんやね。 今までの信長の行動から一貫しているのは 一度裏切った者、疑わしい者は許さない。 この点と信長は近代社会的なモノを持…
トラックバック:6
コメント:8

続きを読むread more

功名が辻 第18話

さてさて、今回は一豊にとってはつらいお話かもしれませんね。 法令遵守の厳しい信長の命に背いて退却した秀吉。 お目通りして弁解しようにも当の信長には会ってもらえず長浜に蟄居せよとの事。 そこで、半兵衛が秀吉に授けた策が 長浜で安土から猿楽を呼び、家臣、そしてその家内を全員呼び宴を開くというもの。 この状況を猿楽の者から信長の…
トラックバック:7
コメント:16

続きを読むread more

功名が辻 第17話

日曜の女子達のお悩み相談室♪ 近江・長浜にお住まいのJ.Sさんからのご質問。 Q.妻に対して何を言っても反応がありません。この ままでは自分が気鬱の病になりそうです。    どうすればいいのでしょうか? A.言いたい事をいいましょう。気にする事なく申し ましょう。(by 千代) 同じく近江・長浜にお住まいの…
トラックバック:6
コメント:11

続きを読むread more

功名が辻 第16話

さて、今回は長篠の合戦。 戦自体はとてもあっさりしてたのでちょいと掘り下げていく事に。 この時の武田軍は信玄亡き後、 実権は信玄の四男、武田勝頼が握っておりやした。。 で、この勝頼もまた強かったらしく徳川家を攻めていたと。 当然、徳川家としては織田家に援軍を求めたのだが、 一向に織田軍は来ない。 それは解説されてい…
トラックバック:7
コメント:8

続きを読むread more

功名が辻 第15話

オープニングの映像が変わった気がするな。 木の根が張るところは以前は茶色だったのが、今回、金色になったと思うんだが いかがなもんでしょうね。 新右衛門は一豊に隠居を願い出た。 千代は新右衛門を相談役という事でまとめるのだが、 同席した吉兵衛は苦虫をつぶした顔で新右衛門に 「共に殿に生涯仕えると約束したではないか!…
トラックバック:5
コメント:11

続きを読むread more

功名が辻 第14話

さて、今回より山内家では皆、髷の結い方が変わりましたなぁ。 秀吉を社長とすれば 一豊は出世して部長、堀尾と中村は係長といったとこでしょうかね。 同期の人間が一人飛び出て出世してしまうというのはやっぱり悔しいもんです。 妻が山内家で個室の湯船を借りたお話をした際、 夫・一氏の場合 我が家で個室の湯船がないのは自分がいま…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

功名が辻 第13話

さて、冒頭でいきなり朝倉が滅亡して後は浅井家のみ。 久政自害後、残るは本丸浅井長政。 ただ、闇雲に浅井を攻めれば長政の妻、市は自害してしまう。 という事で、秀吉が浅井方へ赴き、市を説得しに行きましたと。 でもって、市の条件は長政と側室の間に生まれた子、万福丸の命を助ける事。 その条件を守ると秀吉は約束して、市と娘三人と…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

功名が辻 第12話

今回は武田が上洛にむけてとうとう動き出しましたな。 当時というか、武田というのは戦国で1,2を争う程の最強軍団といっても 過言ではないというくらいの軍団だからね。 仮に織田・徳川連合を総動員でもって戦わなければ勝機はないかもしれないと 織田は思っていただろうね。 でも、そうする事ができない。 浅井・朝倉。他にも本願寺とか…
トラックバック:4
コメント:15

続きを読むread more

功名が辻 第11話

きましたねぇ。 小りんは何故一豊を助けたのでしょうね。 床上手・・・もとい一豊を好きになっているからでしょうかね。(苦笑) 今回の合戦により、浅井・朝倉は比叡山に逃げ込み。 当時、人が亡くなれば仏になるから、皆祈った訳で。 比叡山はたしかに僧兵もいるにはいるが、殺生を好まない高僧もいた訳で。 武士のみならず、当時の人は敬いこ…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

功名が辻 第10話

う~ん、なんか千代だけ一人現代っ子の感覚っていう感じに仕上がっているから 見ている方も現代の女性の視点に立って考えれるという意図があるんかなぁ。 とはいえわかりやすいかも。 千代 「どこの誰と?」 「どこで知り合ったの?」 「小りんはどんな女でございます?」 でもって一生懸命に考える一豊に 「そんなに一生懸命思い…
トラックバック:7
コメント:6

続きを読むread more

功名が辻 第9話

殿(しんがり)は結構あっさりと描いたねぇ。 この時代といえば、秀吉の配下は蜂須賀小六正勝や竹中半兵衛、 そして弟の秀長(この頃は小一郎だったかな?度忘れ。)だったのだが、 他にも当然配下はいて、それが 山内一豊、堀尾吉晴、中村一氏なんよね。 役者さんでいうと 上川隆也、生瀬勝久、田村淳 という事です。 彼らの足跡は検索…
トラックバック:8
コメント:4

続きを読むread more

功名が辻 第8話

冒頭からいきなり信長を裏切りですかぁ。義昭さん。 経緯は知っているんだが、ちょっとその辺を描いてほしかったなぁ。 京の女性に見とれる男4・・・5人。 いやぁ一豊は奥様一筋だなぁ、というのは次回へのマエ振りだな。 さて、京で茶会を開くと言い出した信長さん。 それは足利将軍の名の元で行うとしたもの。その呼びかけに応じない大…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

功名が辻 第7話

なんか展開はえぇなぁ。 折角山内家に来たのにふねがもう亡くなるなんてねぇ。 そりゃあ徳次郎も誰かのせいにしたくなるわなぁ。 みんなして徳次郎探しに懸命だったのはいいけど、 探しに行ったきり朝まで戻ってこなかった吉兵衛の心配は誰もせんかったんだなぁ。(笑 まぁ徳次郎も立ち直って何よりだなぁ。 幼少のお玉が出てきたな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

功名が辻 第6話

なまいたはどこよ? (゚∀゚≡゚∀゚)? 今回も三枚おろしやってるよぉ。 新しく加わった家族たちのためにご飯を我慢した千代。 そんでもってお金を工面するために自分が編んだ袋を売りに町に出てみて、 近くの商人の真似をしてみたけれど、全く売れず。(笑 で、その状況を知った一豊は山へ行って猪狩。 和気藹々とやってお…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

功名が辻 第3~5話

そういやあ、3話、4話と更新するの忘れてたわぁ。 さて、まず第3話は一豊と千代との出会い。 でもって第4話は一豊と千代の祝言。 二人の影には二人の男あり。 一人は香川さん演じる忍者。 そしてもう一人は竹中半兵衛。 どちらも千代には幸せになって欲しいと願い奔走する。 それが自分ではないのにはそれぞれの思いがある。 特に半兵…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

功名が辻 第2話

今日で永井杏ちゃんとお別れってのは寂しいな。 冒頭で山内は「ヤマウチ」だったんやてねぇ。 知らなんだなぁ。 ゲーム「信長の野望」とかよくやってたんだけど、そこでは「ヤマノウチ」なんだよなぁ。 ヘェ~ヘェ~ヘェ~ 今回は知恵者対決ってな空気を出しているな。 尾張織田家はご存知木下藤吉郎。 美濃斎藤家は竹中半兵…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

功名が辻 第1話

なかなか良かったんじゃないのかな。 オープニングの音楽も良かった。 ゲーム「信長の野望」みたいな感じで。 えっらい低音な声の信長にえっらい違和感。 それにしても千代役の永井杏さんははまっていたなぁ。 そして現在の戦争の姿を今回の物語に合わせ、いつの世も 「戦争の無い世の中」を目指しているというメッセージ性がバ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more