テーマ:SP

SP 警視庁警備部警護課第四係 特別編

見た。 まず率直な感想 やっぱ総集編(苦笑) また、この編集が荒い事荒い事。 とりあえず、今回の内容は 「以前見た人」を対象にしてる気がするな。 まぁちょっとした復習ってとこなんでしょうね。 とりあえず今回分かったとすれば …
トラックバック:9
コメント:6

続きを読むread more

SP 警視庁警備部警護課第四係 最終話

「覚えているか?」 銃口を向けられた男は涙を流した。 男が銃口を引いた。 弾は出なかった。 弾切れだった。 男はおもむろに側に気絶しているSPから拳銃を奪った。 その時だった。 井上は麻田首相の元へ駆けつけると 彼を連れて必死にこの場から逃げるために走っていった…
トラックバック:17
コメント:10

続きを読むread more

SP 警視庁警備部警護課第四係 第10話

さてさて、とりあえず役者が揃いました。 西島理事官の目的 それは 「総理が殺害された」事実ではなく 「総理が狙撃された」事実で良かったようです。 西島は考えたのでしょう。 これからの警護体勢は尾形が主張するようなものでなくてはならない。 しかし、いくら意見を言っても 上層部は取り合わない。 「今まで…
トラックバック:8
コメント:6

続きを読むread more

SP 警視庁警備部警護課第四係 第8話・第9話

山西一弥が出所してから一ヶ月。 別段不審な動きはない。 しかし、あまりにもなさ過ぎる。 山西一弥をずっと調査していた田中にはそれが引っ掛かっていた。 麻田雄三総理が永正大学で行われる記念式典に訪れると言う。 その前日、西島警護課理事官が手配した男がその場所を訪れていた。 そしてもう…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

SP 警視庁警備部警護課第四係 第7話

ポールとジョージが逮捕されたことで 掃除屋のリーダー・ジョンはリンゴを連れて大橋正次を「消す」仕事に動き出した。 彼が立てた作戦。 まず、大橋が次に逃げ込むホテルの場所を探し出す。 これは車に発信機を付ける事で容易に済んだ。 次に彼らが行った事。 それは宅配便を使って ある小包を届ける事だっ…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

SP 警視庁警備部警護課第四係 第6話

身辺警護にSPも交代制ならば殺し屋さんも交代制(笑) しかし、 「韓国でもハイライト売ってるんです?」 に反応する殺し屋さん。 だからって即攻撃するもんでしょうかねぇ。 最近は日本語くらい片言しゃべれる外国人だっているでしょうし 今んところは何も実行してはないんですから そんなあからさまな行動はとらなくても…
トラックバック:8
コメント:7

続きを読むread more

SP 警視庁警備部警護課第四係 第5話

今回の警護対象はシルバー証券社員・大橋正次 先日起きたフューチャーズ事件=証券取締法違反事件の重要参考人。 通常なら即逮捕して拘置所に入れるべきだがそれは出来ない。 何故ならこの事件は政界も絡んでいる。 おそらく現政権にいる政界の人達が。 もし、彼を逮捕してしまうと大々的に報道される。 そうなれば検察も積極的…
トラックバック:10
コメント:5

続きを読むread more

SP 警視庁警備部警護課第四係 第4話

あっれ~~~書いたはずの感想が消えちゃったヽ(;´Д`)ノ まぁいいや。 今回もまたツッコミドコロ満載でしたねぇ。 1.2階でのテロリストとの攻防 これってどうでしょうね。 除細動器と食塩水でもってテロリストを電気ショックで撃退する。 まぁわからんでもない手段ですが、ドラマでも描…
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more

SP 警視庁警備部警護課第四係 第3話

SP・井上とテロリストとの攻防―――。 ・・・と言いたいところだけれども 今回のテロリストの行為について気になる点があったので幾つか。 ●人員 各階にいる人間を全て1階に集中させたけれど それを一人でさせるのはちょっと如何なものかと。 情報系統部分に1人が押さえて 人を1階に移動させる要員に…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

SP 警視庁警備部警護課第四係 第2話

警護課第4係ではテロに襲われた際の訓練を行う事になった。 しかし、そのテロが行われる前に犯人を逮捕した人物がいた。 ―――井上だった。 彼はいつものように一瞬にして敵の気配を察知していた。 しかし、それと共に最近は頭痛や眩暈のようなものに襲われるらしい。 尾形は井上に病院で検査をするように命令した。 …
トラックバック:10
コメント:4

続きを読むread more

SP 警視庁警備部警護課第四係 第1話

これはいいですねぇ。 ようやくドラマらしいドラマが出てきたようですねぇ。 こういう刑事モノの雰囲気もそうですが 使用している映像フィルムのかなりのモノで やっている雰囲気が感じられます。 そしてこのドラマの一番の見せドコロは何と言っても 岡田准一さんのアクションですねぇ。 上半身に肉付きから見ても かなり…
トラックバック:17
コメント:10

続きを読むread more