テーマ:官僚たちの夏

官僚たちの夏 第9話・最終話

東京オリンピック後 日本はオリンピック中にあった景気が終った反動で 不景気に陥っていた。 そんな中、日本は 沖縄と小笠原諸島の返還交渉をアメリカと行っていた。 小笠原諸島の返還の見返りとしてアメリカが要求したのは アメリカが現在行っているベトナム戦争の支持 そして3億2千万ドルの供給 次に沖縄返還の見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

官僚たちの夏 第8話

昭和39年に東京でオリンピックが開催される事になった。 それは日本が国際社会の主要国として認められる事を意味していた。 その中で池内総理は日本の経済が回復した象徴として 国産の旅客機で聖火を運ぶ事を模索していた。 しかし、日本が製作した旅客機は アメリカの会社の審査で不合格の烙印を押された。 尾翼等の設計に問…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

官僚たちの夏 第7話

今回ははっきり言って 通産省の内部抗争というよりも 与党である民自党の内部抗争の話でしたね。 民自党には 第一派閥・池内派 第二派閥・須藤派 第三派閥・小川派とあり 須藤は通産大臣を辞職して 後任の大臣を小川派の古畑さんにする事で 須藤派と小川派の協力体制をつくり 多数の力を背景に国内産業保護法案を成立さ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

官僚たちの夏 第6話

国内産業保護法案を提案した風越ら国内産業保護派 逆境の中で国産車を育てた風越の実績 また、丸尾さんが事務次官になった事での後押しもあり 風越人気は絶大であり また、次官争いに敗れた桜塚局長が 通産省を去る事になり、国際産業保護派の力は弱まったかに見えた。 そんな中、工業付近にある江戸川が 工業排水によっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

官僚たちの夏 第5話

総理大臣となった池内は政敵である須藤を通産大臣に命じた。 風越達は産業保護の法律を実現するために画策していた。 須藤は風越達の意見に賛同してくれていた。 そんな最中、風越達に大きな問題がたちはだかった。 国産のコンピュータ製品を作るにはあまりにも資金が足りないという事 通産省の面々は銀行に足を運ぶものの …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

官僚たちの夏 第4話

日本はアメリカの圧力に屈する形で 繊維業に対する自主規制を行った。 そうする事で繊維業に対する貿易の自由化は 回避出来るからとの思惑が日本側にはあった。 しかし、日本の予想以上に 海外からの圧力は強かった。 国際会議において海外の国々は 日本に対して貿易の自由化を求めた。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

官僚たちの夏 第3話

十数年前、日本には綿製品以外 海外に売れるものがなかった。 この頃、繊維局にいた風越と玉木は 諸外国に日本の綿製品の売り込みを行った。 アメリカには粗悪品と蔑まれていた日本製の綿製品であったが その品質は上昇し、安さもあって アメリカ市場では日本の綿製品が溢れている状況を生み出していた。 そうして日…
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

官僚たちの夏 第2話

昭和21年 家電産業はテレビに動いていた。 しかし、たくさんの中小企業がテレビ事業に参入したため 濫立飽和状態になり、まだテレビ技術のつたない各企業がつくったテレビは 海外から輸入されるテレビが4,5万円台に対して11万円台と価格が高く 思ったような収益をあげられなかった。 更に各企業に足かせになっていたのが テレビに関…
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more

官僚たちの夏 第1話

きましたねぇ≧∇≦b シビレますねぇ≧∇≦b かなり見応えのある作品です≧∇≦b でもってオープニングの音楽を聴いた瞬間、私の頭の中を 鹿が走ってました ̄▽ ̄ ちなみにこの作品の音楽を担当する佐橋俊彦さんが 手がけた最近のドラマの音楽 「鹿男あをによし」 とにかく、熱いですね。 …
トラックバック:13
コメント:10

続きを読むread more