テーマ:七瀬ふたたび

七瀬ふたたび 最終話

終わった後に思った事。 結局なんだったのよ(゚Д゚) しばらく何がしたかったんだろうと 思わずポカーンとしてました。 別にこういう終わり方はそれはそれでいいんですが なんか余計なものがいっぱいついてきてもうたなぁって感じで。 とりあえず異端の者は 場合によっては忌み嫌われ 場合…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

七瀬ふたたび 第9話

このドラマは 泣かせたいのでしょうか 笑わせたいのでしょうか よう分からんですよねぇ。 人の意思をコントロールする悪魔のような計画 世界平和のために この能力を使うという科学者の理念 大層な大義名分をひけらかしても でもそれは結局 突き詰めれば科学者のエゴでしかない そのエゴを…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

七瀬ふたたび 第8話

七瀬の本当の能力 それは彼女が傍にいると周囲の能力が飛躍的に向上するだけではなかった。 AT――――「Active Telepathy」 通常、テレパスは相手の考えを知る事が出来る いわば受動的なもの しかし、アクティブテレパスは 自分の考えを相手の心に伝え、それを変えさせる事が出来る つまり人の心を操…
トラックバック:7
コメント:3

続きを読むread more

七瀬ふたたび 第7話

「父と会う」 私の頭の中はその事でいっぱい。 そして私は父に会った。 父と会うのは何年ぶりだろう。 何度、この日を待ち焦がれた事だろう。 嬉しかった。 とっても嬉しかった。 話したいことがいっぱいあった。 お母さんの墓参りに一緒に行く約束をした。…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

七瀬ふたたび 第6話

「七瀬さん、二人でとびましょう。」 七瀬は漁の能力で時間をとぶ。 そうして七瀬は少女の命を救った。 ふと、七瀬は思う。 これで良かったんですよね。 私達、人の運命を勝手に変えたんですよね。 漁は七瀬に語る。 それが間違っていたのかは今の私達には分からない。 それから恒介…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

七瀬ふたたび 第5話

あの時、聞こえた父の声。 驚いた――――。 まさか、自分の子供が「そう」だったなんて――――。 このまま、忘れさせるんだ――――。 どうして? しばらく、姿を隠す――――。 私は悪い存在なの? 危険なんだ――――。 だから私を捨てたの? だから私の前から姿を消…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

七瀬ふたたび 第4話

おまえの周りが不幸になっていくぞ おまえの周りを不幸にしていくぞ おまえの居場所がどんどんなくなっていくぞ おまえの居場所をどんどん奪っていくぞ 西尾の悪意によって 瑠璃やヘンリーの心が傷つけられていく。 私はあなたに同情します。 私はあなたが許せない。 あなたは愛された事…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

七瀬ふたたび 第3話

他人の心の声が頭の中に飛び込んでくる バケモノかもしれない。 どうして私たち、こうなったの。 この能力は元々私たちにあったものなの? それとも お父さんが私たちに植え付けたものなの? 突然、店に現れた男 彼の目には見えないものが「見えていた」 彼はその能力を悪用して…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

七瀬ふたたび 第2話

あの電車事故が起きた出来事から数日後。 私をとりまく環境は変わった。 みんなの心の声が聞こえる。 「気持ち悪い」「崖崩れ」「知ってた」 「怖い」「怖い」「怖い」「怖い」「怖い」 「怖い」「怖い」「怖い」「怖い」「怖い」 「疫病神」 「みんな、あの子のせいだ。」 みんな、私を化け物で…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

七瀬ふたたび 第1話

母と二人暮らしをしながら 老人ホームのヘルパーとして日々 ずっとこの日常が続くと思っていた。 そう、あの時までは。 母が交通事故に遭った。 その瞬間、私の中で何かが弾けた。 その時から私は他人の心の声が聞こえるようになった。 何で? 私だけ?…
トラックバック:7
コメント:6

続きを読むread more