テーマ:アイシテル

アイシテル -海容- 最終話

さつきと聖子。二人の母が出会う。 あなたは・・・・・ 申し訳ありませんでした。 全て私が、私の・・・・・ さつきは地面に額がすりつきそうな程に土下座をしていた。 顔を上げて下さい。 お願いします。 さつきは顔をあげようとはしなかった。 貴方がどんなに苦しんでも 私は楽にならな…
トラックバック:4
コメント:11

続きを読むread more

アイシテル -海容- 第9話

小沢清貴君のお母さんからの手紙 智也君。 清貴の母です。 あなたにどうしても伝えたいことがあって手紙を書きました。 困ってる清貴を助けてくれたそうですね。 ありがとう。 見て見ぬふりもできたでしょうに。 清貴にとってどれだけ救いになったか分かりません。 自分の家のトイレを貸してあげて、一緒…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

アイシテル -海容- 第8話

第一回審判の日。 裁判官が事件で起きた事を読み上げた。 そして、智也君に尋ねた。 「清貴君を殺害した事に間違いはないですか。」 「はい。」 それから 調査員・富田は智也君が記した日誌を読み上げた。 警察による調書と照らし合わせた上で 間違いないものと判断されたと言う。 あの日、あ…
トラックバック:6
コメント:8

続きを読むread more

アイシテル -海容- 第7話

ひっそりと暮らしてたさつきと和彦 だったんですが、いつのまにか 二人が殺人犯の親と調べられて アパートの住人から「人殺し」だのと紙を貼られて 翌日にはスプレーやら油性ペンでドアに書いてますねぇ。 まぁこれは後の伏線というやつでしたけどね。 今回もまた重ねるような感じで描いてきましたね。 キヨタン…
トラックバック:4
コメント:9

続きを読むread more

アイシテル -海容- 第6話

今回はもう予想通りというか 前回の続きから被害者側の家族である美帆子に 「死んで償え」と言われぇの 妹さんの結婚が破談になり その理由がやはりさつきの息子の事件が原因。 いつも優等生の姉と比べられてきた妹は その姉に比べられて幸せがトンでいった事で いらだちを隠す事が出来ず姉を責めてしまう。 かつて自分がそう…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

アイシテル -海容- 第5話

被害者側の家族と加害者側の家族 それぞれの「前に進む」方法が描かれていました。 さつきは謝罪の手紙を被害者側の家族に送ったけれど それは受け取ってもらえなかった。 その時、夫がふと漏らした言葉。 おそらく、被害者家族はこう言うんじゃないか? 『加害者家族からは未だに謝罪の言葉はない。』 …
トラックバック:7
コメント:8

続きを読むread more

アイシテル -海容- 第4話

家に帰るとお父さんもお母さんもいつのまにか弟の事を話している。 そして、こう言う。 「お前は強いな。」 学校で先生は進路の事で私に言う。 「お前はしっかりしてる。」 むかついた。 私を見てくれていない。 私の事なんか誰も分かってない。 だから、あの時 弟が大切…
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more

アイシテル -海容- 第3話

息子は自分の事を 「ウザイ」 そう言ってまともに取り合ってくれなかった。 その時、親は息子を「普通じゃない」と思う。 でも、子供を育て成人させた親は言う。 「子供の事を何でも知ってる親っていない」 「親って子供に教わる事が多い」 そこから、さつきは 息子が持っていたものから 息子が何…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

アイシテル -海容- 第2話

今回もドラマとはいえ その物語にただただ圧倒されます。 自分の子供が人を殺したなんて信じられない。 信じたくない。 その一方で自分の子供が怖い。 何を考えているのか分からない。 そんな自分の思いを打ち払うために 子供が殺した被害者の遺族の葬儀の席に行って 何かを変えようと思ったんでしょうけど …
トラックバック:4
コメント:10

続きを読むread more

アイシテル -海容- 第1話

きましたねぇ ̄▽ ̄ 予想通りというか100%一切の遊びがないドラマです。 昨日、重いなぁと思ったドラマの重さが1としたら こちらは3くらいありそうですし、実際に子を持つ母親が見ていたら 更に重くのしかかるのかもしれませんね。 被害者側の場合 いつもいたはずの家族の誰かが突然消えてしまった時 ただただ…
トラックバック:6
コメント:6

続きを読むread more