テーマ:華麗なる一族

華麗なる一族 最終話

管財人が決まった。 帝国製鉄の和島所長。 管財人となった彼は取締役の解任を行った。 そうして解任を免れたのは一ノ瀬工場長一人だった。 あなたはもう当社の社員ではありません。 管財人であるこの私です。 これも父の差し金ですか。 ご確認頂けたようですから失礼致します。 彼は笑った。…
トラックバック:21
コメント:17

続きを読むread more

華麗なる一族 第9話

鉄平と大介の戦いが始まった。 被告・万俵大介の主張では 阪神銀行が融資を撤回したのは 阪神特殊製鋼が突貫工事を開始した後の2月15日だという。 しかし、もうひとつの借り入れ表では 1月31日と記載されている。 もし1月31日ならば 阪神特殊製鋼の突貫工事がまだ行われる前に融資を撤回した事になる。 …
トラックバック:17
コメント:17

続きを読むread more

華麗なる一族 第8話

僕の記憶の中に父さんの笑顔はありません。 たった一度でいい。 笑いかけて欲しかった。 本当の事を教えて下さい。 僕の本当の父親は誰ですか? 僕の本当の父親は・・・万俵敬介ですよね。 だからお祖父さんが大事にしていた阪神特殊製鋼をなくそうとしていた。 僕は事実が知りたいんです。 泣き…
トラックバック:17
コメント:14

続きを読むread more

華麗なる一族 第7話

兄は弟が羨ましかった。 いつも父にかまってもらえて。 弟は兄が羨ましかった。 父の圧力から解放されていて。 このままでは6月までに高炉が完成するかもしれない。 自分の夢が叶う事を喜ぶ兄と 父の呪縛から解放される事を喜ぶ弟。 父は息子の成功を恨んだ。 息子の成功はすなわち彼の築いた銀行の終わりを示す…
トラックバック:19
コメント:14

続きを読むread more

華麗なる一族 第6話

大同銀行・三雲頭取との会談から父と息子の悲劇が一気に加速する。 鉄平君にはそれだけの価値があるんです。 人を動かす優れた資質がある。 自分が得る事ができなかった父の才能を 息子が持っている。 その息子は私ではなく祖父の血を引いている―――。 息子への嫉妬にかられた父はひとつの決断を…
トラックバック:21
コメント:17

続きを読むread more

華麗なる一族 第5話

養父の報道は鉄平の会社だけでなく都市銀行にも影響していた。 銀行業界での合併を取り止めるために。 養父はその犠牲になったのではないかと。 鉄平は銀平から訪ねてみた。 阪神銀行は関与してるのかどうか。 大川先生という大事な閨閥をあの父が切るはずがない。 しかし、あの父ならばやりかねない事かもしれない。 …
トラックバック:18
コメント:16

続きを読むread more

華麗なる一族 第4話

銑鉄の供給が滞っている。 一ノ瀬さんのつてで関係の会社に銑鉄を譲ってもらう事ができた。 しかし、通産省の妨害によってその申し出が白紙になった。 帝国製鉄の嫌がらせは明白。 通産省は帝国製鉄と繋がっているからだ。 どうしようもなかったその時 義父は通産大臣にかけあってくれた。 つい、先日病気で倒れていた義…
トラックバック:24
コメント:22

続きを読むread more

華麗なる一族 第3話

金融再編による生き残りを懸けて。 小が大を食う。 万俵大介は資本金弟7位の三栄銀行を吸収する事を画策する。 永田大蔵大臣からの助言により そのためには 銀行の資本金を一桁の第9位にしなければならない。 そのために各支店の所長に頑張ってもらう必要がある。 特に大阪万博を控えた新大阪、益田、北大…
トラックバック:13
コメント:14

続きを読むread more

華麗なる一族 第2話

「将軍」は何故CGにしなかったのでしょうか。 というか、水は難しいからああいう形になったのかもしれませんが 正直、首を捻るとこはありますね。 これならアニメ化したらどうでしょうとか思ったりした。 俳優さんはそのまま声優さんで イノシシの主は出てくるし 「将軍」と呼ばれる主は出てくるし 高炉にはカルシファーがいるし(おい…
トラックバック:17
コメント:18

続きを読むread more

華麗なる一族 第1話

さて、始まりましたこのドラマ。 丹波の山に猟銃を持って歩く万俵鉄平。 雪山に聳え立つ大木と猪。 そして猪は鉄平の前から去っていく。 物語は2年前の神戸から始まる―――。 なかなか見応えがある作品ですね。 でもっておそらく主人公・鉄平が社会や人の欲望に翻弄されていく 展開が伺えますね。 …
トラックバック:39
コメント:26

続きを読むread more