テーマ:赤鼻のセンセイ

赤鼻のセンセイ 最終回

この院内学級がもうすぐ閉鎖される。 この病院では退院した院内学級の生徒に対して 卒業証書を送る事が通例となっていたらしい。 それで石原は みんなで卒業式をする事を思いついた。 言いだしっぺはあなたなんで あなたが仕切って下さい。 太川先生にそう言われて卒業式を取り仕切る事になった石原。 …
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

赤鼻のセンセイ 第9話

坊主頭になったワダッチを見て 花田少年史が思い浮かんだ人( ・ω・)∩ハーイ 院内学級がなくなるとわかった時 石原先生は初めて、この職業が自分の天職だと思う。 そんな中、ワダッチの病気は益々悪化していく。 そして、「また明日」と言った石原に憤った。 ワダッチにとって もし、寝たら二度…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

赤鼻のセンセイ 第8話

え~~~、なんでしょうねぇ。 このモヤッとした感覚(; ̄∀ ̄) 子供達にとって大切な院内学級がなくなってしまうのは 大変な事だっていうのは分かるんですが 院長先生のお兄さんは淡々としているものの 新生児を救うための治療室・NICUが必要だと考え そのためのスペースを確保するために 院内学…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

赤鼻のセンセイ 第7話

盲腸で入院する事になった石原先生。 そこで彼は初めて知った。 病院の夜がこんなにも寂しい事を。 昨日の夜まで話していた人が 突然あっさりと亡くなってしまう事を。 それがどんなにも悲しくてつらい事なのかを。 何より院内学級の生徒達は毎日、こんな思いを感じている事を。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

赤鼻のセンセイ 第6話

今回は七瀬先生がメインの回。 人付き合いが苦手で 飲み会も行かない七瀬先生。 太田先生は飲み会に来たけれど こういう席は苦手らしい ̄▽ ̄ 飲んだり食ったりしてるほど私は暇じゃないんです。 その気持ち、ちょっとだけ分かるな(; ̄∀ ̄)ゞ 七瀬先生はちょっと言葉とかキツイですからね。 …
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

赤鼻のセンセイ 第5話

今回は「嘘」をつく事が相手にとっていい事なのか。 「嘘」は時に自分の保身のためのものもあるんでしょうけど 相手を傷つけたくないための優しい「嘘」もあったりする訳で。 でも、本当の事を言わない事が彼のためになるんでしょうか。 そこが今回のひとつのポイントというか 和田が基本的に嘘が嫌いな原因になってい…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

赤鼻のセンセイ 第4話

さてさて、今回は シルク先生の雄たけびで始まり 参太朗先生の雄たけびで終わるという展開でしたが どうも、色々と演出が過剰でしたかね。 エアコンが壊れた事に関しては なんであんな長いものを振り回さなければならないのかと。 そもそもスリッパとキンチョールさえあれば十分ですし。 何より 黒い悪魔≠ゴキブ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

赤鼻のセンセイ 第3話

今回は小児糖尿病の千佳ちゃんが登場です。 自分も小児糖尿病は全く知りませんでした。 小児糖尿病は先天性やウイルス性が原因で 自分の身体の中でインスリンが作れない病気で 現時点では完治に対する治療法は確立されておらず 血糖のコントロールを行う日常生活を送らなければならないそうです。 これは本当に大変なんですね。…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

赤鼻のセンセイ 第2話

とりあえず、今回のを見た時にふと思ったのは 第一話と第二話とで主人公の参太朗のキャラが なんとなく違うかなって感じがします ̄▽ ̄ ほとんど「ハケン」の時とキャラが変わらんですけど 面白いからまぁいいか≧∇≦ このドラマの展開は第一話と第二話も 参太朗&シルクの掛け合い   ↓ 参太朗大失敗 …
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

赤鼻のセンセイ 第1話

なかなか面白かったです。 笑わそうとして思いっきり空回りしてるのに それに気付かない大泉さんのキャラが そのまんまって感じでサイコーです≧∇≦b 最初はどこか軽くみていたというか 子供というのを自分の子供の頃と同じラインで 見ていた参太朗でしたが 「中学の時、何してた?」 太川先生の問いかけに…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more