テーマ:軍師官兵衛

軍師官兵衛 第50話 「乱世ここに終わる」

年賀状描き終えて ほっとしたのか一気に体調崩して 現在風邪で寝込んでるので簡単に つくづく思うのは 黒田官兵衛の人間ドラマにすればよかったのに 黒田官兵衛と信長・秀吉・家康と「天下」を巡る展開に 終始してもうたのがねぇ 結局天下泰平になってよかったねで終わったよ; ̄∇ ̄ゞ 別段ホームドラマでもそれを貫…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

軍師官兵衛 第49話 「如水最後の勝負」

大友義統さんは 朝鮮出兵の折、失態を犯して改易 家臣団は散り散りになったのですが その中の一人・吉弘統幸は 如水に招かれ食客として 井上九郎右衛門の家に預けられました それから後 吉弘統幸は従兄弟で 大友家の家臣でもあった立花宗茂に仕えます そして関が原の戦い 大友義統は西軍につき 毛利輝元の支…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

軍師官兵衛 第48話 「天下動乱」

今回の見せ場は 如水と長政の奥方を京から脱出させて 無事九州に送り届ける事でしたね でもて如水の策は 先週自分が述べたのと大体同じ なもんで まぁこうなるよねって感じでしたね とりあえず ようやく次から合戦 ま、それを期待しましょう 後は来年に向けて 黒田と毛利の関係も勉強しとくかね …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

軍師官兵衛 第47話 「如水謀る」

如水が己が考える策を石田三成に語りかけるシーン 見た事がありましたねぇ 大河ドラマ「風林火山」で 山本勘助が今川義元に この策をとると危うくなりますぞと説いて 自分の事が嫌いな今川義元の事だから 反発して自分が危険だと進言した策を用いて 勝利を収める事で「勘助に勝った」としたい そうした今…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

軍師官兵衛 第46話 「家康動く」

秀吉の死後 家康は秀吉の遺命を破るように 他の大名との婚姻を積極的に行った 三成はそんな家康を糾弾しようとしたが これまで三成に不満をもつ諸将が家康につき 豊臣家は 家康派と三成派に分かれ 一触即発の状態にあった そして三成と家康の仲をとりもっていた 前田利家の死を契機として かねてより三…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

軍師官兵衛 第45話 「秀吉の最期」

自分の死期を悟った秀吉は 家臣たちに秀頼のことを頼んだ だが、官兵衛だけはそれを拒んだ 天下は天下の器たる者が動かす 秀頼にその才があるかはわからぬと 官兵衛もわかっていた 秀吉は前ばかり見て いざ自分の死期を悟った時に 自分が亡くなった後の事を慌ててやろうとした 家康はその隙を見逃…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

軍師官兵衛 第44話 「落ちゆく巨星」

淀殿の言葉に惑わされて 秀次を自害に追い込んだ秀吉 何故淀殿が秀次を目の敵にしたか 秀次は秀吉の姉の子で ねねと親しい間柄であった 秀次が政権を握れば ねねが台頭してくる それが気に食わなかったのであろう 小早川秀秋はねねの兄の子であった 秀次が処罰される1年前に小早川隆景の養子となったのだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第43話 「如水誕生」

官兵衛は己の咎を許してもらうため 出家して「如水円清」と名乗った そして改めて隠居を願い出た これ以上 政に関わって おのが命を危うくしない 官兵衛の考えであった――――― 相変わらず 瓜売りとか全部セリフの説明なんですよねぇ こういうシーンは 「独眼竜政宗」ではやったんですけどねぇ …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第42話 「太閤の野望」

石田三成の野心の見せ方も唐突でしたが 増田長盛 浅野長吉 宇喜多秀家 豊臣秀次 これらのメンツの登場の仕方も唐突ですね でもって 事の経緯も唐突なんですよねぇ びっくりするのが 官兵衛と小早川と家康以外は 全部小者キャラですよ あまりにも官兵衛すごいぞ みたいな持ち上げ方をするのも …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第41話 「男たちの覚悟」

日本という天下を統一した秀吉であったが 彼は更に明国の制圧に動き出していた 彼の欲望に 誰も歯止めをかけることができない そんな秀吉に苦言を呈することができるのが 千利休と官兵衛であったのだが それを気に入らない三成は 二人を排除しようと画策する 豊臣家の権力の掌握を己がするために――――…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第40話 「小田原の落日」

北条討伐の中で 家康と官兵衛の接近を快く思わない三成の暗躍 秀吉を利用して 政権を掌握しようとする三成の野望が ありありとみてとれる今回 自分が政権を担うので 官兵衛は必要ないと言い切るあたり 三成の黒さは見事なものですね 一方で信長や秀吉もそうでしたが 三成が「天下」の中枢に近づいたことで …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第39話 「後を継ぐ者」

官兵衛は隠居し 家督を嫡男・長政に譲ると宣言した 秀吉が官兵衛を警戒している 自分にはその野心がない事を証明するために 長政は自分には早過ぎると躊躇していた そんな息子の姿に 官兵衛はかつて自分が若かりし頃 父・職隆が 当時の主君であった小寺政職に疑念をかけられ それを払…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第38話 「追い込まれる軍師」

黒田の家を守るため 黒田親子が下した決断は 宇都宮一族を殲滅させた そうして黒田は一揆の鎮圧を行った その黒田の行動を秀吉は喜んだ その後 官兵衛は秀吉に会うために 大坂に行ったのだがそこで千利休の仲介により 徳川家康に拝謁する そこで官兵衛は 秀吉が自分の次に天下人となる者に …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第37話 「城井谷の悲劇」

宇都宮鎮房討伐に惨敗した黒田長政 これによって一揆をする者達が次々に増えていく そんな息子を叱責する官兵衛 官兵衛らは 宇都宮相手に持久戦をとり その間に周辺の一揆を鎮圧する作戦をとった そうして官兵衛は宇都宮を降伏させたのだが それを秀吉は許さなかった―――――― 天下人になって …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第36話 「試練の新天地」

今回 佐々成政が登場しましたが これは国の統治をしくじれば 佐々成政のように黒田家もお家取り潰しの憂き目にあう という事を描くためだけに 登場したみたいになってましたかね それから高山右近 官兵衛よりも10年長生きしますが どうもナレーションで早々フィニッシュです ̄∇ ̄ ナレーション=死の宣…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第35話 「秀吉のたくらみ」

官兵衛を恐れる秀吉の意に沿うように 官兵衛を排除しようとする石田三成の謀略 宇都宮鎮房に対する国替えと 黒田官兵衛を播磨から豊前に国替えさせるのも 黒田を遠くに飛ばして 政に関わらせないようにし 更に 宇都宮鎮房と諍いを起こさせ それによって上手く国替えができなければ 失態として所領を召し上げるなん…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第34話 「九州出陣」

今回は 官兵衛というか豊臣家と吉川元春との確執 これはまぁわかる話ではあるけれど 蜂須賀小六の会話では 黒田官兵衛と親しい付き合いをしていたような 感じがするんだけれども 物語ではそういうのは一切描かれてなかったと 思えてくる今日この頃 もっと官兵衛と他の武将との駆け引きを 全面に描いてほしいのに …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第33話 「傷だらけの魂」

今回のポイントは荒木道薫でしたかね 道薫として登場した折から 道薫の目は死んでいました 自分自身を蔑んでいる けれども 子・又兵衛と接した事で 人としての心を取り戻した 最後のシーンでは 目の輝きが明らかに変わっていましたからね さて物語の流れとして 先を読む官兵衛の姿からして…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第32話 「さらば、父よ!」

近江生まれの茶々 同じ近江出身の石田三成には 対等に会話することができる だから 茶々を側室にと考えている秀吉は そんな石田三成を重用する また天下人になったことで 自分に苦言を呈する官兵衛の存在が気に入らない 同時に恐れている というところがありそうですね このあたり…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第31話 「天下人への道」

清州会議 滝川一益攻め 織田信孝攻め 静ヶ岳の戦い 勝家自害 超特急でしたねぇ 一番驚いたのは 茶の席に招かれた中川清秀さん 荒木とのからみもなく 戦死の描画もナレーションもなく そのまま終了した事ですかね なんか急に色々と端折ってきましたかね とりあえず 天下という魔力に信…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第30話 「中国大返し」

備中から急ぎ播磨国まで 戻ってきた羽柴秀吉ら一行 官兵衛には勝算があった まず 明智光秀が織田信長を討った その時点で 明智光秀は主殺しという不忠を行っており 自分達には 主の仇を討つという大義名分がある そこで少しでも早く 自分達の立場を宣言する事が大事であると考えた …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第29話 「天下の秘策」

いち早く事の真相を 毛利方・安国寺恵瓊に打ち明けた黒田官兵衛 天下を自分達が動かす その出来事に自分達が携わる その時の出来事で 自身が受けた衝動をまた味わいたくて 関が原の戦いで 恵瓊は再びフィクサーになろうとした って事でしょうかね 小早川隆景と黒田官兵衛とのやりとり …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第28話 「本能寺の変」

さて、信長が出演すると 何故か毎度毎度演出される「本能寺の変」 主人公とは関係のないとこで毎回描かれる訳ですが・・・ いつもながら思うのですが 信長と本能寺の変を描く必要性はどこにあるんでしょうかね それからかつての当主・小寺さんとの再会ですが 鳥取城攻めとかの時を経ての再会なんで 結構時間は経…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第27話 「高松城水攻め」

今作品での本能寺の変は 信長が「この日の本に王は二人もいらぬ」と発言した事から 信長は天皇を排除しようとした 尊王思想の明智光秀は このような主君の暴挙を止めるため あえて主君を討った というところでしょうか 大分やりつくした感があるから こういうのはナレーションベースにして 事実だ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第26話 「長政初陣」

官兵衛は蜂須賀小六と共に 備中高松城に立て篭もる清水宗治に調略を行った だが彼はこちらにつけば優遇すると言っても 毛利を裏切ることはないと官兵衛らを拒んだ それはかつて荒木村重からの誘いを 断固として拒んだ自分と同じだと官兵衛は思った 官兵衛は備中高松城の周辺の地形を調べた この辺りは平地で大雨…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第24話 「帰ってきた軍師」

今回は半兵衛の後を引き継いだ官兵衛が 秀吉の軍師として振る舞うも 非情になりきれませんでした、という話か 一方で たいして戦功をあげる事ができなかった 織田家家臣・佐久間信盛は追放されるという 物語としては悪くないと思うんだけど なんかBGMがやたらやかましい 「盛り上げるぞ」みたいな あれやこ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第23話 「半兵衛の遺言」

今回は救出された官兵衛が 亡き半兵衛によって色々と守られていた というところと 官兵衛が裏切らなかった事で 全部信長に許された でもってここから信長のターン みたいな感じで展開していく というところですかね なんか村重が身勝手キャラになってもうた感じでしたかね それから官兵衛がPTSD状…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

軍師官兵衛 第22話 「有岡、最後の日」

村重が城を出て毛利に援軍を請ようとするも 連絡手段がなく援軍を諦め それを受けて 信長は村重に降伏を促すも 村重は降伏せず なので信長は部下に命じて 有岡城攻めを敢行 陥落と共に官兵衛は無事救出されました というのがざっくりしたあらすじ この中で気になったのは 牢番の息子と官兵衛の出会…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第21話 「松寿丸の命」

さてさて 官兵衛が牢獄に囚われている間 官兵衛の周囲の方々は色々と苦悩と葛藤の日々を送っていた この辺の展開は 「風林火山」で勘助が越後で囚われていた状況と かぶる訳なんですが この作品の時にはとっても楽しかったのに 今の作品ではなんとも思わないのは 何につけても主人公の特異とも言えるほどの存…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第19話 「非情の罠」 + 第20話 「囚われの軍師」

先週はちと東京出張だったのでまとめてどん 官兵衛 荒木村重を説得するため 単身 有岡城に行く 荒木村重に捕らわれる そして小寺政職の裏切りを知る事になる というのが先週のあらすじ 小寺政職 織田を見限り毛利に寝返る それと共に姫路城内の小寺派は 政職と歩調を合わせるため 姫路城を出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more