テーマ:おんな城主直虎

おんな城主直虎 岡崎信康事件の経緯とその後あれこれ

今作を見て思うのは 因果応報 井伊家が味わった苦痛を 井伊家に苦痛を味あわせた近藤家 そして徳川家がそれを味わう 井伊家を救うため 小野政次は悪人となって全ての非難を自分に集めた それが徳川家に場合だと 瀬名姫になる、という事でしょうかね その伏線でいくと 小野政次について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 小野但馬守政次の描き方

井伊家が生き残るには誰かが憎まれ役を買ってでなければならない それが小野家としての役目なのだ そう言っていた政次の真意として 実は自分が忌み嫌っていた父も今の自分と同じように 井伊家の中でわざと嫌われ役を買って出ていたのではないか そうする事で自分がわざと井伊家が敵になれば 井伊家は常に結束する事ができる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 第30話 「潰されざる者」

着々と井伊家取り潰しを画策する今川家 それに直虎と政次が気づいた時 既にその計画は実行に移されていた その中で井伊家はどのような手段をとるべきか――――― 瀬戸方久は今川家に服従しなければ 命が奪われていた それはかつての政次と同じ だから彼を責める事はできない と、政次は考えたの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

私事とこれまでの「おんな城主 直虎」を振り返って

ちょっと手首にリュウマチみたいな症状が出て そこに腱鞘炎も併発して でもって引きこもってたら体調崩してもうて 色々と壊れまくりでしたので 体調改善のために生活習慣を変える事をあれこれやっていたら 大分日数が空いてました 今後もまたぼちぼちとやっていこうと思います さて、今回の大河・・・というか 今…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 第22話 「虎と龍」

龍雲丸とその手下が井伊谷にやってきた 彼らの伐採の手際は見事なものだったが 素行卑しからぬ雰囲気から井伊谷の民達は 恐れを抱いていた――――― 今日は地元の山の伐採作業に行って 少しお酒をかっくらってちと酔いつぶれてます(;´Д`) 後程合間をみて加筆しますが どうも、僧としての説法…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 第21話 「ぬしの名は」

気賀の地に向かった直虎一行 そこで直虎は小僧に財布をスラれて追いかけたが その小僧は賊の集まりでその賊に捕らわれてしまった 家臣達の尽力もあり、どうにか危機を脱して 無事戻れた直虎であったが その時の賊の頭と呼ばれる男の言葉が気になった 「領主も農民から年貢をむしり取る 泥棒ではないか なら領主か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 第20話 「第三の女」

井伊直親の娘だと名乗る者が現れた 農家の娘で 直親が甲斐国に避難していた頃に 自分は生まれたと言う 当初は武田の間者と疑いもあったが 娘が直親がよく吹いていた笛の音を口ずさんだ事で 娘が直親の子だと直虎は確信した それと同時に 直虎は大いに怒った あんなに自分に熱く愛を語ったのに 子供…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 第19話 「罪と罰」

井伊と近隣である近藤康用より井伊との境界付近で 近藤の材木が盗まれているとして、その犯人が井伊にいるのではないかとやってきた 直虎は調査を行ったところ 井伊の領内でも材木が盗まれていた そこで早速犯人探しを行い、盗人の一味なる者を捕まえた その男の処断について、直虎は悩んだ その男は顔見知りであったからだ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 第18話 「あるいは裏切りという名の鶴」

種子島の件を今川家に申し立てられたら 井伊家の存続が危ぶまれる その事を理由に虎松の後見を降りるよう 但馬に迫られた直虎 だが、瀬戸方久はこれを利用して 種子島を今川家に献上 これを商売とすると申し立て事なきを得た しかし この一件で直虎には疑問が浮かんだ 政次はわざわざ我らに報告せず そ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 第17話 「消された種子島」

綿花栽培も順調に進む中 中野直之が種子島なるものを持ってきた それはこれからの戦の仕方が変わる武器 価格は十貫と高い そこで直虎は刀鍛冶にこの種子島の作成を依頼した 一方 虎松は寺にて手習いをする事になったのだが 年少ということもあり 肉体勝負では叶わず そして五目並べでも叶わずにいた …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 第16話 「綿毛の案」

井伊谷の財政を潤すため 瀬戸方久は綿に目をつけた この綿花を育成して井伊谷の新たな商売にしようと それに直虎も乗り気だった 村も乗り気であったが人手が足りない そこで人手集めに直虎は奔走することとなった――――― 本日は風邪で体調を崩したため このまま寝込みます 明日以降 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

おんな城主直虎 第15話 「おんな城主 対 おんな大名」

今川家に呼び出される事となった直虎 中野直之に道中の警護を頼んだが断られたため 寺の僧たちに警護を依頼して 小野但馬を伴い駿河に向かった直虎 だが道中で直虎を襲う者が出てきた 直虎が井伊谷の民に慕われる姿を見て 突如護衛にやってきた中野直之の活躍によって 事なきを得た直虎であったが このままでは自分以…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 第14話 「徳政令の行方」

瀬戸村と祝田村が今川家に徳政令を出すように願い出た これは如何なる事か 思案する直虎 おそらくこれは小野但馬と今川家が謀った陰謀 これで今川家が徳政令を認めれば 瀬戸村と祝田村は今川家の領地と認めた事になる そこで直虎は 瀬戸村と祝田村を寺に寄進する事にした それは今川家が制定した仮名式目…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 第13話 「城主はつらいよ」

虎松が元服するまで 井伊家の当主を代行すると宣言した次郎法師改め直虎 だが家中は女が当主になるとして 中野直之が反発した 配下の者たちはおくびにも出さないが 直虎に不信感を抱いていた だが新任早々 井伊家には大きな問題があった 財政である このところ戦続きで 戦費がかさみ井伊家も村々も借金…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

おんな城主直虎 第12話 「おんな城主 直虎」

井伊直親は 駿河に向かう途中 掛川城付近にて朝比奈泰朝の襲撃によって殺害された そして直親の嫡子・虎松を殺害するように命じた 釈明のために駿河よりつかわした使者に対して 今川家は松平家を攻めるように命じた それを受けて井伊家は 新野左馬助 井伊直平 中野直由 この三名が出陣する事になった そ…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

おんな城主直虎 第11話 「さらば愛しき人よ」

松平元康は今川家を裏切り 岡崎城で独立 瞬く間に三河国を平定していった 今川義元を失って以降 急速に失墜している 実質今川家で実権を振るう寿桂尼は焦っていた これ以上味方の裏切りを許せば 更に今川家は失墜してしまう そのために 裏切りそうな所を機先を制して 弱体化してしまおうと考えた …
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

おんな城主直虎 第10話 「走れ竜宮小僧」

小野但馬が奥山を刺殺した その事実に 奥山の娘である直親の妻・しのは憤り 孫一郎もまた小野を成敗しようとしていた そこに小野の名代として現れたのが 但馬の弟の下に嫁いだしのの妹である 此度の一件は父が招いた事であり 但馬に非はないと語る妹 その言葉には但馬の指導があったのではないかと 疑う兄…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

おんな城主直虎 第9話 「桶狭間に死す」

織田相手に圧勝すると思っていた だが今川家は織田に破れ 今川義元は討たれた これに松平家・井伊家は混乱を極めた この運命の別れ道は 松平家は今川家本隊の側にいなくて 井伊家は今川家本隊の側にいた事になった これによって 直盛はじめ小野玄蕃など 井伊家の一門の多くは討たれる事となった 更に直…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

おんな城主直虎 第8話 「赤ちゃんはまだか」

井伊家家臣奥山家の娘・しのが井伊直親の下に嫁いで4年が過ぎた だが、未だに子宝に恵まれず 一方で小野玄蕃に嫁いだしのの妹は子宝に恵まれており しのはとても焦っていた そして孤独だった 仕事に奔走する夫・直親はしのにかまってもらえず 一人空回りしていた そして流石に4年を経ても子が授からぬ夫妻をみかねた …
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

おんな城主直虎 第7話 「検地がやってきた」

直親の件については今川家より咎めはなかった その代わり改めて井伊の領地に家臣を派遣して検地を行う事になったと言う 早速井伊家目付役を務める小野但馬は検地の準備を行った その中で川の隠し里は直親の祖父・直平の主張もあり この地だけは検地の対象からはずそうという事になった もしこの一件が露見すれば目…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

おんな城主直虎 第6話 「初恋の別れ道」

亀之丞は元服井伊肥後守直親と名を改めた そしておとわを妻にしたいと考えたが 今川に服従している井伊家としては かつて父の罪により連座で罪状のあった直親の帰参と家督相続と おとわを出家させる事で井伊家の所領安堵という約束をご破算にするという 今川家にとって無理筋になるであろう3つの申し立てを行うのは 後で大きな見返…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

おんな城主直虎 第5話 「亀之丞帰る」

おとわが次郎法師となってから9年の歳月が過ぎた 今川家でも大きな動きが起きていた 今川家は三河国に侵攻 更に武田・北条と同盟を結んだ事で 今川家は更に西進した そして小野政直が井伊家で権力を奮っていた 彼が直盛に献策したのは 息子・政次に井伊家家臣で井伊家の血を引く奥山家の娘を娶らせ その娘が男子を生…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

おんな城主直虎 第4話 「女子なれど次郎法師」

おとわの出家により本領安堵となった事で おとわは否応なく出家させられる事となった 父・直盛は いずれは還俗させて婿をとらせると考えていたが しばらくはこれは従うしかないと考えていた おとわは次郎法師と名付けられた 代々井伊家の家督を継ぐ者は「次郎」の幼名を与えられていた その日からおとわ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

おんな城主直虎 第3話 「おとわ危機一髪」

おとわは亀之丞との婚約を守るため 今川家の命令による鶴丸との婚約を反故にするために出家すると言う おとわの思いは純粋なものだったが 大人の思惑は複雑であった 程なくして今川家より おとわを今川家の人質に出すように通達が来た それに激しく拒否反応を示したのが 隠居・直平であった それには前例があった…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

おんな城主直虎 第2話 「崖っぷちの姫」

井伊直満が今川家に謀叛を画策した罪で成敗された後 今川家の使者が井伊家の目付役・新野左馬助ではなく 井伊家筆頭家老・小野政直の元に届いた その使者の言上を小野が言うには 此度の一件は目付役の役目を果たしていないとして 今後の目付役を小野政直が行い また井伊家の当主・直盛の一人娘・おとわに 小野政直の嫡子…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

おんな城主直虎 第1話 「井伊谷の少女」

井伊谷は代々井伊家が治めてきた だがその地を今川家が狙ってきた 時の当主・井伊直平は屈強に抵抗するも これに破れ今川家に仕えた 直平は孫・直盛に今川家家臣・新野家から嫁を娶り そして娘を人質として今川家の一門である関口家に嫁がせていた その後 直平の息子・直宗が当主となったが 今川家の命により城攻…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more