テーマ:花燃ゆ

花燃ゆ 第50話 「いざ、鹿鳴館へ」

なんかねぇ 美和はこんなに貢献してるんですよってのを ひたすら説明してる物語って感じでしたかね なもんで物語がどうだったか ほとんど記憶にありません(苦笑) そういう美和の功績をたたえるような感じの 押し付けがましさばかりが印象に残ってもうて とても物語がうすかったです ま、それも今回で終わりですな …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第49話 「二人の再婚」

年賀状15枚ようやく描き上げて一息ついて このブログを書いてる今日この頃 美和と楫取素彦が結婚するまでを1話つかって描きましたが 久坂の登場がなんか唐突でしたかね 途中で不義密通だったり 久米次郎の話とかが出てきて 久坂の描写がちと唐突だったようにも思えましたが ま、これもこの作品の仕様なのでしょうね …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第48話 「富岡製糸場の危機」

寿が生きてた時には 美和との不貞を責めてたのに 寿が死んだらお似合いだって 世間ってのはなんのこっちゃか勝手な話だなと 思えてきてドラマにピンとこなかった今日このころ で、あるならば不貞をドラマにいれたのは 余計だったのではないかと思ってしまいますかね 女性達の陳情書も美和が学問を教えたからですみた…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第47話 「姉妹の約束」

姉が妹に託す思い 姉は妹の思いに 言葉にはしないけど気づいてた? ってとこがポイントなんだろうけど 生糸の売買がメインで 姉妹の事は最初と最後につけてみました みたいな感じでしょうかね 囚人はオレンジ色ってあれはどこから決めたんでしょう? 縞模様じゃなかったでしたっけ? ちょっと…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第46話 「未来への絆」

うーん 「八重の桜」はそうだったのだが 主人公をとりまく逆境から どう対応してきたのか 史実だったので 描きやすかったというのもあったのだろうが そうした主人公の行動の中で 会津の人々のそれぞれの生き方を描くみたいな構図があった 「花燃ゆ」でも そういう構図で行こうとしてる というのは…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第45話 「二人の夜」

木戸さんが最期に 洋服を妻と来て一緒に歩きたかったって事で 最終回は楫取と美和が洋服を着るんだなと 思わせるような演出がありましたね 後は楫取の言葉の端々に かつて吉田寅次郎が言ってた言葉を感じさせるところがあり そうして長州の者たちがこの国をどうしようとしたのかっていうのを 見せようとしてるんだとは思いますが…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第44話 「運命の糸つなげて」

女性が自立するためには 学問が必要です とのたまう主人公でしたが これまでのこの主人公は自己主張ばっかで 肝心なとこは誰かに助けてもらってばっかりで 言ってる事と やってた事が全然違うんだよねと思ってしまった今日この頃 寅次郎が残したあの本に触発されて 美和はああいう発言をしたとか 楫取…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第43話 「萩の乱に誓う」

今作は物語としてはかなり秀逸な方だったと思う 兄の子が戦死し その責任を痛感して叔父が自害 そんな悲しみにくれる兄嫁と母の前で気丈にふるまう美和 美和の悲しみは誰がすくってくれるのかってとこで楫取登場 この一連のシーンは流石恋愛モノを数こなしてた脚本家さんってとこですね 欠点としてはこれまでの桂さんの…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第42話 「世界に賭ける糸」

江守さんが演じる人物とか架空の人物だそうだ 何故そうしたかというと 史実ではそうした実情はあったにしても そういう部分での苦労はあったんだろうけど 人名とかについて残ってないから こういう事にしたのかなと思ってみたりしたのだが 終盤に来ても 相変わらず主人公の存在感の薄さがちとさびしいですね 今更…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第41話 「いざ、群馬へ」

前原一誠の最期はようわからんままに 萩の乱もようわからん感じに終わった今回 よくわからん謎の三田佳子さんの立ち回り 富岡製糸場が昨年世界遺産になったという事で 群馬県令となった楫取の対応というものを描くために この主人公を選んだ、というか そういう方向に話をもっていった みたいな感じがします…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第40話 「二人の母」

二人の母という事で 久坂の血を引く男児に対して 生みの母(愛人)が育てるべきか 正妻が育てるべきかって事なんだが あいかわらず楫取の持ち上げ方がおかしい あの場面で木戸が楫取の名を持ち出すのなら 共に新政府で国政を主導してほしい、という 事になるのならともかく 群馬県知事だからねぇ ここでの木戸…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第39話 「新しい日本人」

うーん 今回もあれだねぇ お別れの際に 皆で「せわぁない」の合唱をしてみたり 主人公に懺悔してみたり セリフでの説明をバンバンいれてみたり 土砂崩れの際にはその様子を逃げずに見守るとか 現代風な雰囲気を取り入れながら 目の前の危機には逃げずに見つめるとか 昨今の集中豪雨による被害とかを考…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第38話 「届かぬ言葉」

実際もそうなんだが 結局長州藩内での反乱を藩だけで止めることができず 政府としては長州と薩摩が主体なので 政府自ら鎮圧に乗り出しましたっていう構図なんだが 反乱の鎮圧ができなかった己の無力感にさいなまれる 小田村を見つめる美和 という視点なのだが ちょいちょい軍師・美和みたいな構図ももってきたり 守役なの…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第37話 「夫の忘れがたみ」

ここんとこのドラマの傾向として 自分の側でいいことの話になるとナレーションベースで 自分の側での苦難のみ描いてみる みたいな感じですよね なんで、そのいい事の余韻に浸る時間というのが 視聴者にはほとんど感じられない ここに更に共感できない主人公やら 主人公と関連のない史実が続いていくという …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第36話 「高杉晋作の遺言」

今回も書く内容に乏しいというか どうも現代女性の視点から外れることができない作品ですねぇ でもって、龍馬伝とは大分違うのね ちょっと今日は所用で忙しかったので後日加筆修正します 今週のイラスト
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第35話 「孤高の戦い」

あっさりと長州第二次征討が終了 20倍の兵力差をどのようにして克服したのか そういうところがあまり見えず どちらかというと高杉晋作の慧眼でやりました、みたいな感じ でもって、軍師っぽい美和の行動がちょいと光りました、ってとこでしょうか ただ、どうも倒幕にいたる展開があやふやで ぱっと見、とっても唐突に倒幕…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第34話 「薩長同盟!」

薩長同盟のためだけに ポッとまた出てきた桂小五郎と西郷さんに 坂本龍馬をメインで描いてみました、みたいな感じで 美和は完全に漬物のような添え物扱いでしたねぇ どうにかして史実に絡ませようと四苦八苦してる 脚本家さんの姿が浮かんできますが 史実とどうにか絡ませようとしてるから 四苦八苦してしまうんだろ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第33話 「花となるために」

数時間前に地元・愛媛に帰郷しておりまして その後の整理に奔走されております 後で加筆修正しますが、ま、とりあえず いつものように中身の無い内容でした(苦笑) 今週のイラスト ※こちらも後ほど加筆修正予定
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花燃ゆ 第32話 「大逆転!」

椋橋派らを排除するために 兵を挙げた高杉晋作 椋梨らの横暴を許すまじという名目とかはわかるのだが 彦助の死を描く事で 戦争はよくないみたいな雰囲気をつくり 「子が親より先に死ぬと親は子を忘れられない」として 暗に戦争批判にもっていく でもって大奥で 「戦争をやめましょう」とかいう論法に持っていく …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第31話 「命がけの伝言」

これまでの展開をみて 改めて思ったのは この主人公が誰かにお願いして その力を利用してもらってる しかもその行動の起点のすべてが自分本位 自分の主張ばかり押し通すのに そこからの他力本願さがあまりにも全面に出てるもんで 全然主人公に共感できんのよね 逆に何かと上の者に楯突くばっかだから 主人…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第30話 「お世継ぎ騒動!」

うーん 銀姫と羊羹と高杉晋作親子と椋梨と攘夷派の葛藤と そして羊羹の裏は何なのかとのスローモーションと よくわからん構成で 大河ドラマであれこれ批評を受けるたびに アイドル投入したり 朝ドラでいびりキャラが視聴率をあげるって報道があって 同様にいびりキャラいれてみたり そんなに視聴率とりたいなら 適…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第29話 「女たちの園」

異国との戦争は回避した長州藩であったが 長州征討に動き出した幕府軍の侵攻は着々と進んでいた―――――― 奥御殿の展開と長州藩をとりまく展開を別の話で同時進行させると 全然ごたごたしてきますねぇ 数字とるためにアイドルつかったとか報道してますが 脚本として2つの物語を同時進行させるというのは ひとつの物…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第28話 「泣かない女」

異国の船の圧倒的な武力の前に下関は異国の手に落ちた この局面を打開するためには和睦をするしかない その和睦の使者として高杉晋作が抜擢された その高杉に異国との交渉で着る服装に関して 萩から下関まで持っていく役目を文が担う事になった――――― 城内に入って文が狂っていく様を描くって感じにしたいのだ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第27話 「妻のたたかい」

全体的にもやっとした感じで 御所に向けて進軍した事で朝敵にされ セリフ上で「尊敬してます」とか「憧れです」とか そんなところを思い起こさせるシーンってあった?って こちらが思い出す間もなく あっさり禁門の変が終了 そしてつらつらと何故兄や夫が死んでいったのか 城にあがる事でその理由を知りたいという文…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第26話 「夫の約束」

武力でもって京に圧力をかける そうして久坂らは2000の兵を率いて 京に上った 長崎にいる松島剛蔵・小田村伊之助兄弟は懸念を示した これは御所に対して不遜な行為と映るのではないか 兄弟の懸念は当たった 京に兵を挙げた事で 長州の印象が益々悪くなる 更に異国の商船を砲撃した事で …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第25話 「風になる友」

高杉晋作は脱藩した罪により野山嶽に入牢され 身動きのとれない状態となり 伊之助は長崎に行かされ 実兄・松島剛蔵と共に西洋式の鉄砲の買い付けを行っていた だが異国の商人は長州藩に 通常よりも高く値段をふっかけていた 長州藩が異国の商船に砲撃した事が 不興を買っているのだろう 幕府からみた長州藩に対する風…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第24話 「母になるために」

京を追われた長州藩は京の奪回を目指して 奔走していた そのためには己の命を賭ける そのために自分が亡くなった際の憂いを取り除くため ある者は身内に家を託し ある者は身内から養子をもらう事を頼んでいた そうして長州藩全体が攘夷決行で動く中 その攘夷派を突き動かして その失態を犯したところで …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第23話 「夫の告白」

奇兵隊で港の防衛強化を行っていた 高杉晋作が急いで宿舎に戻ってきた 京で一大事が起きた 久坂を助けにゃいかん 攘夷派の長州藩が朝廷を主導しようとするのを快く思わない 薩摩藩が会津藩と手を組み、京から長州藩を追い出した 八月二十八日の変である――――― 夏風邪?こじらせたようなので今回は短め …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第22話 「妻と奇兵隊」

攘夷の決行 その手始めとして 外国船を大筒で撃つ これにより久坂玄瑞の名声は上がっていった その話を聞いて 自宅に蟄居している高杉晋作は思う このまま異国が何もしない訳がない 高杉晋作の見立て通りに 外国船が報復として 長州藩の軍艦と下関の砲台は全て壊滅した そこで周布…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第21話 「決行の日」

破約攘夷が長州藩の藩是となった これに伴い 吉田寅次郎の罪が許され 吉田家の再興も許された そこで寅次郎の兄・梅太郎の嫡男・小太郎を 吉田家の養子とする事で吉田家の跡取りとした 桂小五郎と周布政之助は 破約攘夷という藩是を掲げる中で 密かに倒幕を考えていた――――― 物価高については…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more