テーマ:花燃ゆ

花燃ゆ 第20話 「松陰、復活」

長州藩は 公武合体から破約攘夷に大きく舵を切った この意見を採用する事で藩内も大きく変わった 長井雅楽は執政の場から去り 周布政之助が政権を動かす事となり それにより久坂玄瑞ら松下村塾生が重用される事となった 更にこの藩是は生前吉田松陰が主張していた言葉であり これにより小田村伊之助は寅次郎の赦免を…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第19話 「女たち、手を組む」

吉田松陰が亡くなってから2年の月日が流れた 女達は毎日の生活で忙しい だが松陰の門下生であった男達は これからの日本の将来に一喜一憂していた 藩の重臣・長井雅楽が主導する主張が 藩是では長州藩は幕府方と見られてしまう それでは日本は変わらない 久坂は京で攘夷決行のために 長井雅楽暗殺計画を…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第18話 「龍馬!登場」

吉田松陰が亡くなってから数カ月後 井伊大老が桜田門外で浪士達によって討たれた この出来事は長州藩の下級武士達 特に松下村塾生を大いに奮い立たせた 攘夷では長州こそが一番なのだと そして彼らの意思は松陰のように染まっていく 藩や幕府に頼っても何も変わらない ならば自分たちで動かなければ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第17話 「松陰、最期の言葉」

6月 寅次郎は 先に取り調べを受けている梅田雲浜の一件に 関与が疑われているのではないかという事で その取り調べで江戸に連れてこられた そのため梅田雲浜が寅次郎との関わりを口にしない限り 寅次郎の供述がなければ 寅次郎の罪を問う事はできなかった そこで寅次郎は 老中・間部詮勝と強行面談に及ぼうとしたと …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第16話 「最後の食卓」

幕府によって 寅次郎は江戸に召喚される事となった 送られれば寅次郎は処刑されるであろう だがそれは寅次郎が望んだ事であった その死にこそ 寅次郎はこれまで自分が生きてきたのは このためであるという思いを抱えていた 一方で最後まで自分は自分を貫けるであろうか その事を思い悩んでい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第15話 「塾を守れ!」

吉田寅次郎は再び野山嶽に投獄された 寅次郎は文にお願いして 門下生たちに次々を文を書いた それは老中暗殺や攘夷決行の計画を記したものであった ある者は躊躇した ある者は先生の言う事だからと盲目的に実行を試みた そして失敗して藩による咎めを受けた そのような話を受ける事によって寅次郎は思う…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第14話 「さらば青春」

吉田寅次郎は 学びたくても学べない者達に学問を説いた その喜びに門下生達は感動した この御方は自分の学びたい欲求を満たしてくれる そして周布政之助が松下村塾の生徒を 登用してくれた事で ここで学んだ事は間違いではなかったと確信し 吉田寅次郎を盲信していく そして幕府がアメリカと条約を結んだ事で …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第13話 「コレラと爆弾」

日本が揺れる その発端は幕府がアメリカとの通商条約を結んだ事であった 大老・井伊直弼は異国との合戦を避けるために この条約を締結するように決断したのであったのだが これを「異国の要求に屈した」として このままでは日本は異国に侵略されると 幕府の対応に不満をもつ者達がいた 小浜藩士・梅田雲浜 吉田寅次郎…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第12話 「戻れないふたり」

文と久坂玄瑞との婚礼が杉家にて行われた 幸せなひととき 一方藩の体制も 家柄を重視する椋梨から 個人の能力を重視する周布に変わった事で 久坂の命運も大きく変わる事になる 松下村塾の塾生を江戸へ遊学させる事で 吉田寅次郎の立場を際立たせ これにより寅次郎の罪も許されるのだという 小田村の配慮があっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第11話 「突然の恋」

幕府がアメリカとの通商条約について 各藩に意見を求めてきた 長州藩を束ねる椋梨藤太は これを幕府が各藩に幕府の提案を認めさせる 踏み絵なのだと解釈していた だが小田村伊之助は 今幕府は未曾有の事態に各藩に 意見を求めているのだと考えていた しかし自分の意見を押し通す事は 椋梨様から不興を買い 今の自分…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第10話 「躍動!松下村塾」

吉田稔麿は江戸に行きたいと思っていた 自分は久坂玄瑞や高杉晋作と比べて 学問でも武術でも劣っている だから江戸にいけば その劣等感を解消できるはずだと それが志と言えるものかと寅次郎に論破され 稔麿は自分が一体何をしたいのか確信を得るために 港に行って江戸に行ってきた人達の話を聞いてみる事にした …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第9話 「高杉晋作、参上」

高杉家は200石で過去には藩主の御用人を 勤めてきた由緒ある家柄である その家の嫡男として生まれた高杉晋作は 生まれた時から彼の歩むべき道が決まっていた 家のために 藩のために これから何をしなければならないのか 父がその道を歩けばいいと指し示す それだけに晋作はこの世の中の全てが わかっていた…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第8話 「熱血先生、誕生」

学校を開く事を提案した文 生徒は自分たちが集めると息巻く文であったが 生徒を集めることができなかった そんな中で 吉田寅次郎の下に久坂玄瑞からの手紙が届いた 吉田寅次郎は 久坂玄瑞の手紙の内容を 知識ばかりで実際にどうすればよいのか 具体案のない内容だと叱責した それから返事を出すも …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第7話 「放たれる寅」

水戸藩で 吉田寅次郎に対する長州藩の処罰は厳しすぎるとの意見が出たという おそらくは江戸にいる桂小五郎が働きかけたものであろう そして小田村伊之助は 椋梨藤太に働きかけ 藩主の命により 吉田寅次郎を野山獄から 自宅蟄居が許されることとなった だが寅次郎は野山獄から出ようとはしなかった …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第6話 「女囚の秘密」

野山獄にいる高須久子から 久子の亡き父の遺品を受け取りたいとして 吉田寅次郎の妹・文にその使者になってほしいと お願いされた それから連日のように文は高須の家に足を運んだのだが 彼女は門前払いを食らっていた そしていつものように 文達、家族は兄・寅次郎から 野山獄に送ってほしいものの手紙を見ていた …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第5話 「志の果て」

野山獄と岩倉嶽 その昔、長州藩藩士の野山某の屋敷に岩倉某が 押し入り殺傷する事件があり 長州藩は喧嘩両成敗として両家は取り潰しとなり 残った屋敷は嶽として使用されるようになった 詳しくはこちら↓ http://www.nhk.or.jp/hanamoyu/special/hakunetsu/index12.htm…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第4話 「生きてつかあさい」

異国の船に乗るという国禁を犯した寅次郎 このままでは死罪になるであろう寅次郎の命を 救おうと奔走する小田村達 そして寅次郎の罪が確定するのを ただただ待つ杉家の家族達 そして誰かが責めを負わなければならないとして 切腹する覚悟を決めていた父・百合之助であったが 藩としての処分は 寅次郎を野山嶽に収監し…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第3話 「ついてない男」

吉田寅次郎は武士の身分を剥奪され 父・杉百合之介の預かりとなり 藩主・毛利慶親の許可を得て 10年に渡る遊学を許された それからまもなくして 浦賀沖にペリー提督率いる異国の船がやってきた 寅次郎は異国の船に興味津々であった そして寅次郎は国禁を破り 異国の黒船に乗り込んだ――――― 今 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第2話 「波乱の恋文」

姉の寿に縁談が来た 200石の内藤家からである 杉家は26石なので家の格が釣り合わぬとして 当初は断ろうとしたが 内藤家の方が乗り気であった あの吉田寅次郎の妹であれば問題ないと だが突然その内藤家が縁談を断ってきた あの寅次郎が脱藩したのである 脱藩とは藩主に背く行為 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第1話 「人むすぶ妹」

西洋諸国の脅威が日本に迫っていたこの時代 その異国に関する書籍は 幕府によって禁書とされていたこの時代 吉田寅次郎は 元々は杉百合之助の次男として生まれ 叔父である山鹿流兵学師範である 吉田家の養子となり 同じく叔父である玉木文之進が開いた松下村塾で 指導を受けていたがアヘン戦争で清国が西洋諸…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more