テーマ:銭ゲバ

銭ゲバ 最終話

死ぬの? 罪の重さがつらくなった? つかまって死刑になるより自分で死ぬ方がいい? どの道、破滅するから? ボクが間違ってなかったってからですよ。 私が見届けてあげるわ。約束通り。 馬鹿な人間が一人、死ぬって話でしょ。 緑さん、絶対に途中で止めようとしないで下さいよ。 止めないわよ。 …
トラックバック:13
コメント:10

続きを読むread more

銭ゲバ 第8話

天井からぶら下がる妻を見て風太郎は呟く。 馬鹿だな。死んじゃうんだ。 馬鹿だよ。茜。馬鹿だよ。 茜の様子を見に訪れた緑は 無残な姿に愕然とし、甲高い声で茜の名を叫ぶと 必死になってその場所から下ろそうとした。 死んでますよ。とっくに。 あんた、何してんのよ?! 茜に何したのよ?!答えて?! …
トラックバック:7
コメント:10

続きを読むread more

銭ゲバ 第7話

『金で幸せになれないのか』 風太郎は頭の中で自問自答を繰り返していた。 その夜、留置所で風太郎は夢を見ていた。 風太郎が最初の殺人を犯して逃走していた自分に 食事を与えてくれた老人と過ごした日々。 その人は廃品回収で収入を得て暮らしていた。 身寄りもない自分に優しくしてくれた。 何があった? …
トラックバック:9
コメント:10

続きを読むread more

銭ゲバ 第6話

三國造船所で現在働いている非正規社員780人 これを全員正社員として雇ったり 母子家庭の施設にお金を提供したりなど 新社長となった風太郎は次々と貧しい人たちに対して 優遇的な政策をほどこし新聞で取り沙汰されていた。 何でこんな事をするかって? お金を儲けるために決まってるズラ こいつらは時々アメを食わせたらもっ…
トラックバック:11
コメント:10

続きを読むread more

銭ゲバ 第5話

天国の暮らしをしている男は「そこ」にはいなかった。 こんな事をするのはあの男しかいない。 風太郎の顔が怒りに歪む。 その時の彼の顔を刑事と緑は見ていた。 あれから時は流れ 風太郎は茜と結婚し、彼女の父でもある三國造船社長の秘書となった。 それからの風太郎は一生懸命仕事の勉強をしていた。 …
トラックバック:11
コメント:16

続きを読むread more

銭ゲバ 第4話

「風太郎さんがほしい。」 茜ちゃん、それは無理だよ。 僕は君が好きだ。愛しているよ。 君とずっと一緒にいたい。 でも結婚は無理だ。 茜ちゃんは三國家の人間だから。 僕みたいな得体の知れない人間は嫌に決まってる。 母は死んでしまったし父はろくでもない男だし 学歴もないこんな私が茜さんと結婚なんて。 …
トラックバック:6
コメント:10

続きを読むread more

銭ゲバ 第3話

解雇された派遣社員らしき方々が 声高に格差問題を叫んでいた。 格差なんてずっと昔からあったんですよ。 なくなりませんよ。 貧乏人は必要なんですよ。 貧乏人がいなきゃ金持ちが困るでしょ。 貧乏人は必要なんですよ。 お金持ちのためにね。 風太郎の思惑通り 彼は三國家に取り入り茜を自分に惚れさ…
トラックバック:10
コメント:8

続きを読むread more

銭ゲバ 第2話

三國造船所に狙いを定めた風太郎。 そこで彼は三國造船所の社長の娘に目をつけた訳ですね。 緑と茜 緑は自分の目の傷にも抵抗がない。 でも、その眩しすぎる明るさと 純真な心には風太郎がつけいる隙がない。 しかし、茜は生まれつき顔に痣があり それがコンプレックスになっていた。 だから自分よりも幸せな人が嫌い。 そ…
トラックバック:10
コメント:10

続きを読むread more

銭ゲバ 第1話

まず、物語の感想にいく前に 今回の内容を見てふと思った事を箇条書きに。 ・日テレさん、勝負に来たなぁ。 ・斎藤隆成さん、本当にお疲れ様です(´Д⊂グスン ・斎藤隆成さんが成長すると松山ケンイチさんや二宮和也さん系統になるみたい。 ・斎藤隆成さんとりょうさんはセット化してるなぁ ・松山ケンイチさんと二…
トラックバック:15
コメント:12

続きを読むread more