テーマ:セクシーボイスアンドロボ

セクシーボイスアンドロボ 最終話

お父さんの誕生日。 お父さんの可愛がっていたペットのルミちゃんが戻ってきた。 ニコにはこれをお父さんのプレゼントにしようと決めた。 ルミちゃんだと言っても皆にはルミちゃんが見えないらしい。 何にもいないじゃない。 ニコ「ええ?!(; ̄Д ̄)」 幽霊は見える人と見えない人がいるらしい。 …
トラックバック:11
コメント:8

続きを読むread more

セクシーボイスアンドロボ 第10話

いつもの林家の朝食。 ゴリゴリする程カッタイお肉(笑) 20億あれば夢が叶うのに お父さんの夢=世界平和 突然訪れたマキと秀吉。 ニコを私の養子に頂けないでしょうか。 もちろんタダとは申しません。 2億円でいかがでしょうか? そんなもんでうちの親が「いいです」って言う訳ないでしょう! …
トラックバック:10
コメント:8

続きを読むread more

セクシーボイスアンドロボ 第9話

何も変わらない 姉は母が自分の服を勝手に来た事で怒ってる 父は娘が父と母が見合いで結婚した事を周囲に言った事で怒ってる 母はこの間、父とすれちがった時に無視した事を怒ってる このどうでもいい家族の揉め事もいつもと変わらない。 あんなに色んな事があったのになんでだろう。 全ては・・・プッチーニのせいだ。 …
トラックバック:13
コメント:12

続きを読むread more

セクシーボイスアンドロボ 第8話

ひいじいちゃんが危篤。 お父さんとお母さんと一緒に駆けつけたけど ひいじいちゃんはとっても元気だった。 私はひいじいちゃんの心配よりも テレビの録画が気になっていた。 それってどうなんだろ。 また、いつものようにマキさんに呼び出された。 プッチーニ。 表は普通の看護師。 …
トラックバック:10
コメント:12

続きを読むread more

セクシーボイスアンドロボ とりあえずあれこれ

さぁ、本日はこんな時間からこのドラマについて書いています。 今回の放送は書きません。 というか、書く必要性がございません。 理由は公式HPを見ていただくとわかりますが そのトップ画面にはこのような文字が書いてあります。 本日放送予定の「セクシーボイスアンドロボ 第7話」は、 物語の設定に実在する事件を想起させる場…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more

セクシーボイスアンドロボ 第6話

ニコの父と母が大喧嘩。 どうも父は母に内緒で定期預金を解約して そのお金を友達に貸したらしい。 いつも対岸の火事だと思っていた姉妹も 今回の喧嘩はどうもただ事ではないと感じていた。 ・・・いいのかな。 まずいだろ。 ・・・だよね。 姉が離婚という言葉を口にする。 その頃、ロボの部屋に…
トラックバック:14
コメント:10

続きを読むread more

セクシーボイスアンドロボ 第5話

なんかねぇ 今回は流石にパワーダウンしたかなぁ。 それとも学園ネタが他局でもあるからそう感じたのかなぁ(苦笑) 日テレにしては珍しく ロボとニコが中心になっているようで。 それはいいのですがねぇ。 その分、笑いの要素がロボのキャラに比重が高いってのがあるみたいですね。 もう少し、他のゲストやニコの父と母とかに頑張って欲…
トラックバック:14
コメント:6

続きを読むread more

セクシーボイスアンドロボ 第4話

数字をわざとややこしくして何がいいのだろうか。 連立方程式が一体何の役に立つのか。 無理して勉強をする。 逃げ出したいけど、我慢をする。 でも、我慢に我慢を重ねていったらそこに何があるのだろうか。 ある日、突然喫茶店の文字が爆破される。 おしどり喫茶⇒おしり喫茶 ロボの愛車に「ど」発…
トラックバック:11
コメント:8

続きを読むread more

セクシーボイスアンドロボ 第3話

月夜に裸足で歩く女性。 泣きながらスコップを持って。 今回のニコの疑問は 親はみんなと同じ事ができるようにやれと言い 一方で人とは違う才能をもてとか言う。 矛盾してない? ニコの近辺では「お歯黒女」なるものが噂になっているらしい。 いわゆる都市伝説ってやつなんだろうけど。 …
トラックバック:16
コメント:12

続きを読むread more

セクシーボイスアンドロボ 第2話

人は何故恋愛話が好きなんだろうね。 一応、誰かを好きって事にしてるらしい大人なニコ(笑) いい年して恋愛に命懸け過ぎだっつーの。 で、散髪をしようとしてると 隣で怪しげな行動をしてるロボ(;・∀・) ニコ「今、オネーサンの胸吸おうとしてたろ。」 ロボ「・・・合コンの練習してたの。」 で、…
トラックバック:13
コメント:8

続きを読むread more

セクシーボイスアンドロボ 第1話

私はニコ。 学校と家とコンビニを行き来する退屈な日々を送っていた。 そんなある日、 角を曲がった先で会った男の人―――三日坊主。 彼は三日しか記憶が持たない。 あの箱には彼の記憶が詰まっていた。 彼は鳥のエサを買っていた。 とっても優しい人だった。 ロボの家で一緒にカレーを食べた。 …
トラックバック:33
コメント:20

続きを読むread more