テーマ:ありふれた奇跡

ありふれた奇跡 最終話

最終回というのに序盤は何か コントのような展開を見せてくれましたが 終盤からはキッチリ立て直してきました。 それにしてもなんか いつのまにやら加奈と翔太が家族に認められてる 展開になってたような気がしますけど(; ̄∀ ̄)ゞ さて、今回のメインは 「信じる」という事と「生きる喜び」 このふたつがメインになっ…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

ありふれた奇跡 第10話

なんかあっという間の急展開って感じなんですけど(; ̄∀ ̄)ゞ おじいちゃんはお父ちゃんの事を怒ってたけど 帰ってくるに決まってんだ。 やってらんねぇよって帰ってくるに決まってんだ。 って結構寂しがり屋さんなんでしょうね。 一方で家を出て行ったお母さんは 舅であるおじいちゃんの事を好…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ありふれた奇跡 第9話

今回は「家族」の存在がひとつのポイントですかね。 加奈の家族の場合 加奈に対してあれこれ強く言えないおばあちゃん お父さんも加奈に対して強く言えない。 それぞれ、色々と言いたい事はあるものの どちらも強く言えないし 気付いた方がいうべきだとか 親が言うべきだとか 責任のなすりつけあいのよう…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ありふれた奇跡 第8話

今回は予想通りというか 子供が出来ない非は相手にあると思っていた加奈の家族が 実は加奈=自分達の側に問題があると知って 今まで散々翔太を責めてしまった事に罪の意識を感じてしまう。 中でもその事を深く思う静江は一人 翔太の祖父・四郎の下へ謝りに行くのですね。 結果として己が吐いた言葉はいずれ 回り回って己…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ありふれた奇跡 第7話

子供なんていらない。 私が決まってないの。 子供が欲しい。 子供がもてない事と子供をもたない事 この差は大きいみたいですね。 相手が子供をもてないから 私は子供をもたない そんな風に簡単に決め付けて欲しくない。 あなたの決断と私の決断を一緒にしないで欲しい そーゆ…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

ありふれた奇跡 第6話

とりあえず 加奈が子供を生めないというのは 好きな人の子供を身篭ったけど 相手の男性が浮気をしてて それで別れた。 そして、子供は その時の若さ=感情の激しさにそのまま 身を任せるようにして外国で中絶した。 しかし、外国での処置が悪かったせいで 彼女はもう二度と子供が生めない身体になってしまった。 …
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

ありふれた奇跡 第5話

物語としてはな~~~んか混沌としてきたかなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ 可奈と翔太のお父さんはあのお店の中では シルバーナ様とシノブ様って呼ばれてるみたいで。 そもそも相手の素性は知らないって事だったみたいですね。 で、本当は今回を最後にするって事だったのに 翔太パパはその時の出来事にたまらなくなって 病み付きになったみたい…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

ありふれた奇跡 第4話

翔太が女性を連れてくるってだけで浮かれる父と祖父(笑) 舞い上がって 妙に着飾って慣れない言葉遣いをする父と祖父 そんな二人の姿に苦笑するしかない翔太さん。 ああいう時、思うんですよねぇ。 「それ、普段のあんたやないやろ?!」 って(笑) そんな騒ぎの一方で 外で息子が描いた絵をニコニコし…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ありふれた奇跡 第3話

今回の一番の見せ場はあれですね。 男女の関係になりたくないと言ったカナが 後日、翔太さんの事を好きかもって言ってみて 翔太さんをドギマギさせたかと思いきや 今度はあなたも私の家に来たんだから 私も翔太さんの家に行ってみたいって。 それを聞いてパニくる翔太さんと 無表情で聞いてる松重さんの構図…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

ありふれた奇跡 第2話

さて・・・・・ 何を書こう(; ̄∀ ̄)ゞ とりあえず今回は全体的に いつもながらの淡々とした感じだったんで ある程度、考えないと(; ̄∀ ̄)ゞ おばあちゃんに指摘されて図星なのを 外れてるってフリをしてるつもりなんだけど 食器を洗う動作がいつもより早くなってるところとか 親…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

ありふれた奇跡 第1話

小さい子はどの子も可愛い 私にもあのくらいの娘がいた頃があった。 といっても私の娘は13歳のままで止まっている。 私は駅のホームに立っていた。 そして私はある決意を固めたその時 二人の男女が私の前に現れた。 私の動きを察知していたかのように。 私は口惜しかった。 何で死なせてく…
トラックバック:10
コメント:14

続きを読むread more