軍師官兵衛 第37話 「城井谷の悲劇」

宇都宮鎮房討伐に惨敗した黒田長政 これによって一揆をする者達が次々に増えていく そんな息子を叱責する官兵衛 官兵衛らは 宇都宮相手に持久戦をとり その間に周辺の一揆を鎮圧する作戦をとった そうして官兵衛は宇都宮を降伏させたのだが それを秀吉は許さなかった―――――― 天下人になって …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第36話 「試練の新天地」

今回 佐々成政が登場しましたが これは国の統治をしくじれば 佐々成政のように黒田家もお家取り潰しの憂き目にあう という事を描くためだけに 登場したみたいになってましたかね それから高山右近 官兵衛よりも10年長生きしますが どうもナレーションで早々フィニッシュです ̄∇ ̄ ナレーション=死の宣…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第35話 「秀吉のたくらみ」

官兵衛を恐れる秀吉の意に沿うように 官兵衛を排除しようとする石田三成の謀略 宇都宮鎮房に対する国替えと 黒田官兵衛を播磨から豊前に国替えさせるのも 黒田を遠くに飛ばして 政に関わらせないようにし 更に 宇都宮鎮房と諍いを起こさせ それによって上手く国替えができなければ 失態として所領を召し上げるなん…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

泥の街

今日 よその部署のお仕事の応援ということで 安佐南区緑井に行ってきました あくまでも私が聞いた事や見た事を ただただ思ったまま書いてるので不愉快になった方 申し訳ありませんがご容赦をば 私が行った場所では 住人の方がいつものように 土砂を土のうに詰めてまとめていました 木材や廃鉄などの大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第34話 「九州出陣」

今回は 官兵衛というか豊臣家と吉川元春との確執 これはまぁわかる話ではあるけれど 蜂須賀小六の会話では 黒田官兵衛と親しい付き合いをしていたような 感じがするんだけれども 物語ではそういうのは一切描かれてなかったと 思えてくる今日この頃 もっと官兵衛と他の武将との駆け引きを 全面に描いてほしいのに …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第33話 「傷だらけの魂」

今回のポイントは荒木道薫でしたかね 道薫として登場した折から 道薫の目は死んでいました 自分自身を蔑んでいる けれども 子・又兵衛と接した事で 人としての心を取り戻した 最後のシーンでは 目の輝きが明らかに変わっていましたからね さて物語の流れとして 先を読む官兵衛の姿からして…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第32話 「さらば、父よ!」

近江生まれの茶々 同じ近江出身の石田三成には 対等に会話することができる だから 茶々を側室にと考えている秀吉は そんな石田三成を重用する また天下人になったことで 自分に苦言を呈する官兵衛の存在が気に入らない 同時に恐れている というところがありそうですね このあたり…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第31話 「天下人への道」

清州会議 滝川一益攻め 織田信孝攻め 静ヶ岳の戦い 勝家自害 超特急でしたねぇ 一番驚いたのは 茶の席に招かれた中川清秀さん 荒木とのからみもなく 戦死の描画もナレーションもなく そのまま終了した事ですかね なんか急に色々と端折ってきましたかね とりあえず 天下という魔力に信…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第30話 「中国大返し」

備中から急ぎ播磨国まで 戻ってきた羽柴秀吉ら一行 官兵衛には勝算があった まず 明智光秀が織田信長を討った その時点で 明智光秀は主殺しという不忠を行っており 自分達には 主の仇を討つという大義名分がある そこで少しでも早く 自分達の立場を宣言する事が大事であると考えた …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第29話 「天下の秘策」

いち早く事の真相を 毛利方・安国寺恵瓊に打ち明けた黒田官兵衛 天下を自分達が動かす その出来事に自分達が携わる その時の出来事で 自身が受けた衝動をまた味わいたくて 関が原の戦いで 恵瓊は再びフィクサーになろうとした って事でしょうかね 小早川隆景と黒田官兵衛とのやりとり …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第28話 「本能寺の変」

さて、信長が出演すると 何故か毎度毎度演出される「本能寺の変」 主人公とは関係のないとこで毎回描かれる訳ですが・・・ いつもながら思うのですが 信長と本能寺の変を描く必要性はどこにあるんでしょうかね それからかつての当主・小寺さんとの再会ですが 鳥取城攻めとかの時を経ての再会なんで 結構時間は経…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第27話 「高松城水攻め」

今作品での本能寺の変は 信長が「この日の本に王は二人もいらぬ」と発言した事から 信長は天皇を排除しようとした 尊王思想の明智光秀は このような主君の暴挙を止めるため あえて主君を討った というところでしょうか 大分やりつくした感があるから こういうのはナレーションベースにして 事実だ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第26話 「長政初陣」

官兵衛は蜂須賀小六と共に 備中高松城に立て篭もる清水宗治に調略を行った だが彼はこちらにつけば優遇すると言っても 毛利を裏切ることはないと官兵衛らを拒んだ それはかつて荒木村重からの誘いを 断固として拒んだ自分と同じだと官兵衛は思った 官兵衛は備中高松城の周辺の地形を調べた この辺りは平地で大雨…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第25話 「栄華の極み」

宇喜多直家は息子の後を任せるため 秀吉に自分の側女を側女にさせた これ まぁ秀吉と家康の伏線になるかもしれんが 淀殿を家康の側女に・・・なんてのは まぁたしかに無理な話だろうな それから信長と弥助とのシーン 信長は弥助の肌の黒さを信じずに 目の前で洗わせたという逸話もあるようだが 明智さんと朝廷…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第24話 「帰ってきた軍師」

今回は半兵衛の後を引き継いだ官兵衛が 秀吉の軍師として振る舞うも 非情になりきれませんでした、という話か 一方で たいして戦功をあげる事ができなかった 織田家家臣・佐久間信盛は追放されるという 物語としては悪くないと思うんだけど なんかBGMがやたらやかましい 「盛り上げるぞ」みたいな あれやこ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第23話 「半兵衛の遺言」

今回は救出された官兵衛が 亡き半兵衛によって色々と守られていた というところと 官兵衛が裏切らなかった事で 全部信長に許された でもってここから信長のターン みたいな感じで展開していく というところですかね なんか村重が身勝手キャラになってもうた感じでしたかね それから官兵衛がPTSD状…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

軍師官兵衛 第22話 「有岡、最後の日」

村重が城を出て毛利に援軍を請ようとするも 連絡手段がなく援軍を諦め それを受けて 信長は村重に降伏を促すも 村重は降伏せず なので信長は部下に命じて 有岡城攻めを敢行 陥落と共に官兵衛は無事救出されました というのがざっくりしたあらすじ この中で気になったのは 牢番の息子と官兵衛の出会…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

今期(2014年第2クール)ドラマ出演者が重複してる作品をまとめてみた

今期、結構いろんな役者さんがいろんなドラマで見かけるので ちょっと軽い気持ちで調べてみようかなとしたんですが・・・ 5/29時点での結果 1.田中幸太朗さん 「花咲舞が黙ってない」 「軍師官兵衛」 2.神保悟志さん 「花咲舞が黙ってない」 「死神くん」 3.瀬戸早妃さん 「ホワイト・ラボ~警視…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

軍師官兵衛 第21話 「松寿丸の命」

さてさて 官兵衛が牢獄に囚われている間 官兵衛の周囲の方々は色々と苦悩と葛藤の日々を送っていた この辺の展開は 「風林火山」で勘助が越後で囚われていた状況と かぶる訳なんですが この作品の時にはとっても楽しかったのに 今の作品ではなんとも思わないのは 何につけても主人公の特異とも言えるほどの存…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第19話 「非情の罠」 + 第20話 「囚われの軍師」

先週はちと東京出張だったのでまとめてどん 官兵衛 荒木村重を説得するため 単身 有岡城に行く 荒木村重に捕らわれる そして小寺政職の裏切りを知る事になる というのが先週のあらすじ 小寺政職 織田を見限り毛利に寝返る それと共に姫路城内の小寺派は 政職と歩調を合わせるため 姫路城を出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第18話 「裏切る理由」

さて今週の軍師官兵衛は 荒木村重が何故信長に対して謀反を起こしたのか これまで信長は自分にとって不要であれば 味方を容赦なく切り捨てた また信長の命に背いたら容赦なく処罰された これまでの信長の行動を鑑みて 村重の部下がした事によって 自分が信長から咎めを受けるかもしれない そうした恐怖心…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

NHKBS時代劇 神谷玄次郎捕物控

実に素晴らしい作品でした 必要最低限の台詞でもって 後は役者の表情や目の動きでその感情を表す これぞ正に時代劇! 一番特筆すべきは主演の神谷玄次郎を演じる高橋光臣さん これほど時代劇がハマるとは思ってもいませんでした 大柄な体格が そのまま着物とマッチするんでしょうけど 動作とか立ち振…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍師官兵衛 第17話 「見捨てられた城」

今週の官兵衛 織田 尼子を見限る→城主切腹 播磨の人たち 荒木村重疑心暗鬼になる 毛利 櫛橋を見限る→城主切腹 そして村重謀反 という流れですかね 個人的に宇喜多に織田の寝返りという空気を出せば 毛利は撤退せざるを得ない そうなると櫛橋のいる志方城は孤立して 城主は切腹するしかない…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第16話 「上月城の守り」

今週の軍師官兵衛は 毛利の攻撃に尼子びびる 村重 心を病む 信長 官職を全て辞する 半兵衛 吐血 宇喜多 仮病をつかって女といちゃつく 光姫 兄と兄妹の絆を切る 秀吉 信長に上月城の援軍を嘆願する 信長 秀吉の上月城の援軍を拒む 大体こんなとこかな なんかねぇ 個…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第15話 「播磨分断」

織田の協議の内容が毛利に漏れ それを毛利は利用して 播磨の国主を反織田派にして 毛利の味方に引き入れた バッサリ言うとこういうところですね ただどうしてこういう情報が漏れたのか 忍とか登場させればいいのに そういうのが全く出てこない というのもそうだし 相変わらずのスローモーション展開もねぇ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

MOZU 第1話

はっきり言って 今期はこれ以上のドラマはないというくらい 素晴らしい出来栄えの作品ですね これだけの役者を揃えて それに負けてない映像・演出 そして脚本 でもってこの作品にかける予算 広告収入でスポンサーの顔色を伺う民放だけでは ここまでの作品は出来なかったと思いますね と同時に他の作品…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第14話 「引き裂かれる姉妹」

今週の官兵衛は 尼子の亡霊大活躍 宇喜多直家 上月城主の家来にささやく 「織田家に寝返るなら城主の首を差し出せ」 死にたくないから上月城主の首をとって降伏した家臣達に 「そんな奴は信用できない」からと、信長はその家臣達を皆殺し 戦うも地獄 寝返るも地獄 まぁそんな感じの播磨国でし…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第13話 「小寺はまだか」

軍師半兵衛大活躍 まぁこういう話だよね 官兵衛が秀吉からもらった書状を 半兵衛が燃やしてしまう これは有名なエピソードではあるんですがね 個人的にこういう戦国時代で生きる人々の最大の目的は 「生きる」という事 「命を繋ぐ」という事 このふたつが主眼となっているはずなんだけど なんか …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

2014年 第1クールのドラマ ざっくり総評

今期はほとんど原作ありきの作品や かつての作品の焼き直しのようなものが目立ちますね 特にフジはひどかった 原作ありきの作品ばかり 「僕のいた時間」は 「1リットルの涙」の焼き直しみたいなもんですし 「医龍」もでしたが 原作や漫画のキャラを利用して 自分らの好きな作品をつくろうという なん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

軍師官兵衛 第12話 「人質松寿丸」

今週の官兵衛 善助に子ができた 松永久秀 信長を裏切る この一件がもとで信長は播磨の豪族から人質をとる 別所と赤松は織田家に人質を出す 小寺職隆は人質を出すのを渋る 結果的に官兵衛が我が子を人質に出す まぁこんなところですね なんか官兵衛の性格がどんどんせっかちさんに なってるよ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第11話 「命がけの宴」

さてさて今回の官兵衛は 宇喜多に 織田家への寝返りをすすめる官兵衛に対して 織田家への寝返りをしていた家臣を毒殺する事で 返答する宇喜多さんはなかなかでしたが それ以外はねぇ 秀吉の行動に怒り心頭でしたが どうも序盤と比べると物語に応じて 官兵衛の性格が変わってるんですよねぇ ここが実に一番…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第10話 「毛利襲来」

なんでしょうねぇ 秀吉の浮気症をねねが主君である信長に言いつけて 文章にしてもらう この逸話はたしかに有名なんですが ・・・やる必要あったのでしょうかね; ̄∇ ̄ なんかやたら官兵衛の活躍ばかりを押し上げる みたいな展開とか なんかホームドラマにしたいのか 歴史ドラマにしたいのか…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第9話 「官兵衛試される」

さぁて今週の軍師官兵衛は ・官兵衛 試される ・政職  ダダをこねる ・光「蓼(たで)」と言われる ・官兵衛 半兵衛においしいところをもってかれる ・政職  信長にびびる ・政職  信長の陰口を言う ・顕如動く ・毛利姫路侵攻 以上でございます もうちょっと深みのある作品を見せてほしいものだな( …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第8話 「秀吉という男」

さてさて信長に拝謁して「へし切り」を賜った官兵衛 そこで秀吉と対面し意気投合する という物語 秀吉は信長の頃から仕えた家臣であり また出世頭という事もあり 譜代の家臣から煙たがられていた この辺りの境遇に似たものを感じた官兵衛は秀吉に親近感を感じる というところですね それから秀吉…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第7話 「決断のとき」

官兵衛はたいして動いてないのに なんかやたら織田家の政に詳しいとか どういう事なんでしょうかね なんかそんな活躍してるようなことが 視聴者にはまったくもって伝わらないのに 各地の登場人物には 官兵衛の凄さがわかる なんでしょうねぇ 信長の物語と播磨の物語に関連がなくで 分断されて描かれているし …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第6話 「信長の賭け」

足利義昭が画策した信長包囲網 しかし時局の流れを見つめる信長は タイミングを見計らって足利義昭の挙兵を促し 義昭が挙兵したとみるやこれを攻め 京都御所から追放 これにより足利幕府は滅亡 これが1573年のこと ・・・これって黒田官兵衛の物語だよね? さて、その頃の中国地方の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第5話 「死闘の果て」

黒田孝高の妻・光が子を産んだ 男の子である こうして黒田家の跡継ぎが誕生した事に 黒田家は皆喜んでいた そんな中 足利義昭が出した書状の送り主の一人・赤松政秀が 上洛するために3000の兵を挙げた それは名目のひとつで 一番の目的はその途上で障害となる小寺家を制圧するため その目下の最前線となる…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第4話 「新しき門出」

将軍・足利義輝が暗殺され 義輝の弟・義秋は全国各地の有力な諸将に 庇護を求めて書状を送った その中には 小寺政職も含まれていたのだが 何故か黒田職隆にも書状が届いていた その事が政職に対する不信を抱いた いずれ職隆は下克上によって政職を討ち滅ぼすのではないかと 突然政職が 官兵衛に政職の従兄弟・櫛橋…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第3話 「命の使い道」

初恋の人であったおたつを 赤松家に殺された 愛する人を失った悲しみと 怒りで赤松家を討とうと嘆願する官兵衛であったが 父・職隆はそんな官兵衛を制する そして官兵衛に これからあるであろう赤松家の戦いに向けて 官兵衛に堺へ行ってもらい火縄銃の調達をお願いした そこで官兵衛が見たものは すべてが新鮮であった…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

軍師官兵衛 第2話 「忘れえぬ初恋」

幼なじみ・おたつに対する初恋の思い 初陣での武者震い そして初陣ながら 戦場での状況を見る目を持っている官兵衛 それは「軍師」として必要な慧眼 官兵衛はそれを兼ね備えていた みたいなところと 信長には秀吉という知恵者がいた だがそれを更に上回る知恵者・竹中半兵衛…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第1話 「生き残りの掟」

播磨国は赤松氏が守護しており 小寺氏はその赤松氏の庶流であり家臣のひとつであった その赤松氏に仕える 播磨守護代・浦上氏が時の赤松家の当主を殺害 そうして赤松氏と浦上氏は幾度もの合戦を行う中 小寺家の当主・政職は主家・赤松氏から独立し 播州平野を中心に勢力を広げた だが独立して間もない小寺政職は 多くの家…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

今年のTOP画面一覧 - 2013年

あーどうも最近は仕事でバタバタというか 大河のイラストにばっかやってもうて どうも他のドラマのレビューになかなか 進んでいかない今日この頃; ̄∇ ̄ゞ 去年のTOP画面見たら イラストあげるの忘れてて今あげたけど; ̄∇ ̄ゞ さて、もうすぐ年が明けますので 今年描いたイラストでTOP画面に使用したものをば …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜 第50話 「いつの日も花は咲く」

明治27年11月 八重は広島の陸軍予備病院に赴任し 看護婦たちの陣頭指揮を執っていた 日清戦争の開戦から3か月 第二軍司令官の大山は遼東半島の金州城を落とし 兵を旅順へと進めた 日に日に負傷兵が運ばれてくる コレラや赤痢で亡くなる人もいた 清国の者は赤十字の協定に入ってはいない だが八重は敵味方関係…
トラックバック:2
コメント:18

続きを読むread more

八重の桜 第49話 「再び戦を学ばず」

襄が亡くなってから数ヶ月が過ぎた 私は同志社を単なる学校ではなく 一つの家族として生徒達と共に生きる場所にしたいと願ってきました ふと英語を学ぶ女生徒がある文を読みなぞっていた 私は学校を作りたい それが私の夢だ 苦しむ人々への光は 権力やものではない 真の教育なのです 「これは新島襄が帰国した…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

八重の桜 第48話 「グッバイ、また会わん」

東京にいた襄はそろそろ京都に戻ろうと考えていた そんな時 大隈重信が政府の条約改正内容に憤る愛国者と称する者が 作った爆裂弾によって右足を切断するという大怪我を負う事件が起こった 襄は愕然とした 愛国心とはそんなものではない! 意見が違う者を力で封じ込めるなら何のための議論か! それから…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

八重の桜 第47話 「残された時間」

覚馬はみねの遺児・平馬を山本家の養子に迎えた 平馬の世話に八重の母・佐久は張り切っていた まるで若返ったかのようであった この年の元旦 襄は心臓の発作を起こしていた しかし襄は体調がよくなるとすぐ仕事を始めた 主権国家が道を誤らぬためには人材が必要です そのためには大学を作らなくては 民友…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

八重の桜 第46話 「駆け落ち」

明治20年 同志社学校の教師となった伊勢時雄と共に京都に戻り みねは長男・平馬を出産した 赤ん坊の泣く声に八重は泣かねぇでくなんしょとあやしたが それを見た佐久は 「泣くのは赤子の仕事だ」と言って笑っていた 新たな家族の誕生を喜ぶ山本家の中に久栄の姿はなかった その頃 久栄は徳富健次郎と一緒だった…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

八重の桜 第45話 「不義の噂」

琵琶湖疏水の工事がいよいよ来月から始まる 京都と琵琶湖が運河でつながれば水運の大連絡路が出来る そうすれば京都はますます繁盛する 「戦で焼け野原になって遷都で寂れた都が ようここまで盛り返したもんや」 覚馬の下を訪れていた大垣屋はしみじみと語った 町の活気が聞こえる 人間のやり直す力はやはり大したも…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

八重の桜 第44話 「襄の遺言」

徴兵令施行以来10年が過ぎた だが兵役を担ったのは該当者のわずか1割にすぎない このままでは国を守れない 長州事変では清国が大軍を率いて日本を牽制した 列強諸国から日本を守るには軍備の拡張を急がねばならない 徴兵の徹底は急務である 政府の要職にあった山県有朋の主導により 私立学校は徴兵免除の特典から除外…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more