花燃ゆ 第34話 「薩長同盟!」

薩長同盟のためだけに ポッとまた出てきた桂小五郎と西郷さんに 坂本龍馬をメインで描いてみました、みたいな感じで 美和は完全に漬物のような添え物扱いでしたねぇ どうにかして史実に絡ませようと四苦八苦してる 脚本家さんの姿が浮かんできますが 史実とどうにか絡ませようとしてるから 四苦八苦してしまうんだろ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第32話 「大逆転!」

椋橋派らを排除するために 兵を挙げた高杉晋作 椋梨らの横暴を許すまじという名目とかはわかるのだが 彦助の死を描く事で 戦争はよくないみたいな雰囲気をつくり 「子が親より先に死ぬと親は子を忘れられない」として 暗に戦争批判にもっていく でもって大奥で 「戦争をやめましょう」とかいう論法に持っていく …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第31話 「命がけの伝言」

これまでの展開をみて 改めて思ったのは この主人公が誰かにお願いして その力を利用してもらってる しかもその行動の起点のすべてが自分本位 自分の主張ばかり押し通すのに そこからの他力本願さがあまりにも全面に出てるもんで 全然主人公に共感できんのよね 逆に何かと上の者に楯突くばっかだから 主人…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

花燃ゆ 第30話 「お世継ぎ騒動!」

うーん 銀姫と羊羹と高杉晋作親子と椋梨と攘夷派の葛藤と そして羊羹の裏は何なのかとのスローモーションと よくわからん構成で 大河ドラマであれこれ批評を受けるたびに アイドル投入したり 朝ドラでいびりキャラが視聴率をあげるって報道があって 同様にいびりキャラいれてみたり そんなに視聴率とりたいなら 適…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第29話 「女たちの園」

異国との戦争は回避した長州藩であったが 長州征討に動き出した幕府軍の侵攻は着々と進んでいた―――――― 奥御殿の展開と長州藩をとりまく展開を別の話で同時進行させると 全然ごたごたしてきますねぇ 数字とるためにアイドルつかったとか報道してますが 脚本として2つの物語を同時進行させるというのは ひとつの物…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第28話 「泣かない女」

異国の船の圧倒的な武力の前に下関は異国の手に落ちた この局面を打開するためには和睦をするしかない その和睦の使者として高杉晋作が抜擢された その高杉に異国との交渉で着る服装に関して 萩から下関まで持っていく役目を文が担う事になった――――― 城内に入って文が狂っていく様を描くって感じにしたいのだ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第27話 「妻のたたかい」

全体的にもやっとした感じで 御所に向けて進軍した事で朝敵にされ セリフ上で「尊敬してます」とか「憧れです」とか そんなところを思い起こさせるシーンってあった?って こちらが思い出す間もなく あっさり禁門の変が終了 そしてつらつらと何故兄や夫が死んでいったのか 城にあがる事でその理由を知りたいという文…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第26話 「夫の約束」

武力でもって京に圧力をかける そうして久坂らは2000の兵を率いて 京に上った 長崎にいる松島剛蔵・小田村伊之助兄弟は懸念を示した これは御所に対して不遜な行為と映るのではないか 兄弟の懸念は当たった 京に兵を挙げた事で 長州の印象が益々悪くなる 更に異国の商船を砲撃した事で …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第25話 「風になる友」

高杉晋作は脱藩した罪により野山嶽に入牢され 身動きのとれない状態となり 伊之助は長崎に行かされ 実兄・松島剛蔵と共に西洋式の鉄砲の買い付けを行っていた だが異国の商人は長州藩に 通常よりも高く値段をふっかけていた 長州藩が異国の商船に砲撃した事が 不興を買っているのだろう 幕府からみた長州藩に対する風…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第24話 「母になるために」

京を追われた長州藩は京の奪回を目指して 奔走していた そのためには己の命を賭ける そのために自分が亡くなった際の憂いを取り除くため ある者は身内に家を託し ある者は身内から養子をもらう事を頼んでいた そうして長州藩全体が攘夷決行で動く中 その攘夷派を突き動かして その失態を犯したところで …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第23話 「夫の告白」

奇兵隊で港の防衛強化を行っていた 高杉晋作が急いで宿舎に戻ってきた 京で一大事が起きた 久坂を助けにゃいかん 攘夷派の長州藩が朝廷を主導しようとするのを快く思わない 薩摩藩が会津藩と手を組み、京から長州藩を追い出した 八月二十八日の変である――――― 夏風邪?こじらせたようなので今回は短め …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第22話 「妻と奇兵隊」

攘夷の決行 その手始めとして 外国船を大筒で撃つ これにより久坂玄瑞の名声は上がっていった その話を聞いて 自宅に蟄居している高杉晋作は思う このまま異国が何もしない訳がない 高杉晋作の見立て通りに 外国船が報復として 長州藩の軍艦と下関の砲台は全て壊滅した そこで周布…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第21話 「決行の日」

破約攘夷が長州藩の藩是となった これに伴い 吉田寅次郎の罪が許され 吉田家の再興も許された そこで寅次郎の兄・梅太郎の嫡男・小太郎を 吉田家の養子とする事で吉田家の跡取りとした 桂小五郎と周布政之助は 破約攘夷という藩是を掲げる中で 密かに倒幕を考えていた――――― 物価高については…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第20話 「松陰、復活」

長州藩は 公武合体から破約攘夷に大きく舵を切った この意見を採用する事で藩内も大きく変わった 長井雅楽は執政の場から去り 周布政之助が政権を動かす事となり それにより久坂玄瑞ら松下村塾生が重用される事となった 更にこの藩是は生前吉田松陰が主張していた言葉であり これにより小田村伊之助は寅次郎の赦免を…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第19話 「女たち、手を組む」

吉田松陰が亡くなってから2年の月日が流れた 女達は毎日の生活で忙しい だが松陰の門下生であった男達は これからの日本の将来に一喜一憂していた 藩の重臣・長井雅楽が主導する主張が 藩是では長州藩は幕府方と見られてしまう それでは日本は変わらない 久坂は京で攘夷決行のために 長井雅楽暗殺計画を…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第18話 「龍馬!登場」

吉田松陰が亡くなってから数カ月後 井伊大老が桜田門外で浪士達によって討たれた この出来事は長州藩の下級武士達 特に松下村塾生を大いに奮い立たせた 攘夷では長州こそが一番なのだと そして彼らの意思は松陰のように染まっていく 藩や幕府に頼っても何も変わらない ならば自分たちで動かなければ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第17話 「松陰、最期の言葉」

6月 寅次郎は 先に取り調べを受けている梅田雲浜の一件に 関与が疑われているのではないかという事で その取り調べで江戸に連れてこられた そのため梅田雲浜が寅次郎との関わりを口にしない限り 寅次郎の供述がなければ 寅次郎の罪を問う事はできなかった そこで寅次郎は 老中・間部詮勝と強行面談に及ぼうとしたと …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第16話 「最後の食卓」

幕府によって 寅次郎は江戸に召喚される事となった 送られれば寅次郎は処刑されるであろう だがそれは寅次郎が望んだ事であった その死にこそ 寅次郎はこれまで自分が生きてきたのは このためであるという思いを抱えていた 一方で最後まで自分は自分を貫けるであろうか その事を思い悩んでい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第15話 「塾を守れ!」

吉田寅次郎は再び野山嶽に投獄された 寅次郎は文にお願いして 門下生たちに次々を文を書いた それは老中暗殺や攘夷決行の計画を記したものであった ある者は躊躇した ある者は先生の言う事だからと盲目的に実行を試みた そして失敗して藩による咎めを受けた そのような話を受ける事によって寅次郎は思う…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第14話 「さらば青春」

吉田寅次郎は 学びたくても学べない者達に学問を説いた その喜びに門下生達は感動した この御方は自分の学びたい欲求を満たしてくれる そして周布政之助が松下村塾の生徒を 登用してくれた事で ここで学んだ事は間違いではなかったと確信し 吉田寅次郎を盲信していく そして幕府がアメリカと条約を結んだ事で …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神谷玄次郎捕物控2

いやぁ実によい作品です これぞ時代劇、というくらい素晴らしい 人情の機微もさることながら 藤沢周平さんの作品の特色である 剣術=殺陣 これがもう抜群ですね 太刀を振った後の身体が一切ぶれないです 神谷玄次郎を演じる高橋光臣さん かなり練習を積んできたのでしょうねぇ それがわかるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花燃ゆ 第13話 「コレラと爆弾」

日本が揺れる その発端は幕府がアメリカとの通商条約を結んだ事であった 大老・井伊直弼は異国との合戦を避けるために この条約を締結するように決断したのであったのだが これを「異国の要求に屈した」として このままでは日本は異国に侵略されると 幕府の対応に不満をもつ者達がいた 小浜藩士・梅田雲浜 吉田寅次郎…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第12話 「戻れないふたり」

文と久坂玄瑞との婚礼が杉家にて行われた 幸せなひととき 一方藩の体制も 家柄を重視する椋梨から 個人の能力を重視する周布に変わった事で 久坂の命運も大きく変わる事になる 松下村塾の塾生を江戸へ遊学させる事で 吉田寅次郎の立場を際立たせ これにより寅次郎の罪も許されるのだという 小田村の配慮があっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第11話 「突然の恋」

幕府がアメリカとの通商条約について 各藩に意見を求めてきた 長州藩を束ねる椋梨藤太は これを幕府が各藩に幕府の提案を認めさせる 踏み絵なのだと解釈していた だが小田村伊之助は 今幕府は未曾有の事態に各藩に 意見を求めているのだと考えていた しかし自分の意見を押し通す事は 椋梨様から不興を買い 今の自分…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第10話 「躍動!松下村塾」

吉田稔麿は江戸に行きたいと思っていた 自分は久坂玄瑞や高杉晋作と比べて 学問でも武術でも劣っている だから江戸にいけば その劣等感を解消できるはずだと それが志と言えるものかと寅次郎に論破され 稔麿は自分が一体何をしたいのか確信を得るために 港に行って江戸に行ってきた人達の話を聞いてみる事にした …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第9話 「高杉晋作、参上」

高杉家は200石で過去には藩主の御用人を 勤めてきた由緒ある家柄である その家の嫡男として生まれた高杉晋作は 生まれた時から彼の歩むべき道が決まっていた 家のために 藩のために これから何をしなければならないのか 父がその道を歩けばいいと指し示す それだけに晋作はこの世の中の全てが わかっていた…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第8話 「熱血先生、誕生」

学校を開く事を提案した文 生徒は自分たちが集めると息巻く文であったが 生徒を集めることができなかった そんな中で 吉田寅次郎の下に久坂玄瑞からの手紙が届いた 吉田寅次郎は 久坂玄瑞の手紙の内容を 知識ばかりで実際にどうすればよいのか 具体案のない内容だと叱責した それから返事を出すも …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第7話 「放たれる寅」

水戸藩で 吉田寅次郎に対する長州藩の処罰は厳しすぎるとの意見が出たという おそらくは江戸にいる桂小五郎が働きかけたものであろう そして小田村伊之助は 椋梨藤太に働きかけ 藩主の命により 吉田寅次郎を野山獄から 自宅蟄居が許されることとなった だが寅次郎は野山獄から出ようとはしなかった …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第6話 「女囚の秘密」

野山獄にいる高須久子から 久子の亡き父の遺品を受け取りたいとして 吉田寅次郎の妹・文にその使者になってほしいと お願いされた それから連日のように文は高須の家に足を運んだのだが 彼女は門前払いを食らっていた そしていつものように 文達、家族は兄・寅次郎から 野山獄に送ってほしいものの手紙を見ていた …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第5話 「志の果て」

野山獄と岩倉嶽 その昔、長州藩藩士の野山某の屋敷に岩倉某が 押し入り殺傷する事件があり 長州藩は喧嘩両成敗として両家は取り潰しとなり 残った屋敷は嶽として使用されるようになった 詳しくはこちら↓ http://www.nhk.or.jp/hanamoyu/special/hakunetsu/index12.htm…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第4話 「生きてつかあさい」

異国の船に乗るという国禁を犯した寅次郎 このままでは死罪になるであろう寅次郎の命を 救おうと奔走する小田村達 そして寅次郎の罪が確定するのを ただただ待つ杉家の家族達 そして誰かが責めを負わなければならないとして 切腹する覚悟を決めていた父・百合之助であったが 藩としての処分は 寅次郎を野山嶽に収監し…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第3話 「ついてない男」

吉田寅次郎は武士の身分を剥奪され 父・杉百合之介の預かりとなり 藩主・毛利慶親の許可を得て 10年に渡る遊学を許された それからまもなくして 浦賀沖にペリー提督率いる異国の船がやってきた 寅次郎は異国の船に興味津々であった そして寅次郎は国禁を破り 異国の黒船に乗り込んだ――――― 今 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第2話 「波乱の恋文」

姉の寿に縁談が来た 200石の内藤家からである 杉家は26石なので家の格が釣り合わぬとして 当初は断ろうとしたが 内藤家の方が乗り気であった あの吉田寅次郎の妹であれば問題ないと だが突然その内藤家が縁談を断ってきた あの寅次郎が脱藩したのである 脱藩とは藩主に背く行為 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

花燃ゆ 第1話 「人むすぶ妹」

西洋諸国の脅威が日本に迫っていたこの時代 その異国に関する書籍は 幕府によって禁書とされていたこの時代 吉田寅次郎は 元々は杉百合之助の次男として生まれ 叔父である山鹿流兵学師範である 吉田家の養子となり 同じく叔父である玉木文之進が開いた松下村塾で 指導を受けていたがアヘン戦争で清国が西洋諸…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第50話 「乱世ここに終わる」

年賀状描き終えて ほっとしたのか一気に体調崩して 現在風邪で寝込んでるので簡単に つくづく思うのは 黒田官兵衛の人間ドラマにすればよかったのに 黒田官兵衛と信長・秀吉・家康と「天下」を巡る展開に 終始してもうたのがねぇ 結局天下泰平になってよかったねで終わったよ; ̄∇ ̄ゞ 別段ホームドラマでもそれを貫…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

軍師官兵衛 第49話 「如水最後の勝負」

大友義統さんは 朝鮮出兵の折、失態を犯して改易 家臣団は散り散りになったのですが その中の一人・吉弘統幸は 如水に招かれ食客として 井上九郎右衛門の家に預けられました それから後 吉弘統幸は従兄弟で 大友家の家臣でもあった立花宗茂に仕えます そして関が原の戦い 大友義統は西軍につき 毛利輝元の支…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

軍師官兵衛 第48話 「天下動乱」

今回の見せ場は 如水と長政の奥方を京から脱出させて 無事九州に送り届ける事でしたね でもて如水の策は 先週自分が述べたのと大体同じ なもんで まぁこうなるよねって感じでしたね とりあえず ようやく次から合戦 ま、それを期待しましょう 後は来年に向けて 黒田と毛利の関係も勉強しとくかね …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

軍師官兵衛 第47話 「如水謀る」

如水が己が考える策を石田三成に語りかけるシーン 見た事がありましたねぇ 大河ドラマ「風林火山」で 山本勘助が今川義元に この策をとると危うくなりますぞと説いて 自分の事が嫌いな今川義元の事だから 反発して自分が危険だと進言した策を用いて 勝利を収める事で「勘助に勝った」としたい そうした今…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

軍師官兵衛 第46話 「家康動く」

秀吉の死後 家康は秀吉の遺命を破るように 他の大名との婚姻を積極的に行った 三成はそんな家康を糾弾しようとしたが これまで三成に不満をもつ諸将が家康につき 豊臣家は 家康派と三成派に分かれ 一触即発の状態にあった そして三成と家康の仲をとりもっていた 前田利家の死を契機として かねてより三…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

軍師官兵衛 第45話 「秀吉の最期」

自分の死期を悟った秀吉は 家臣たちに秀頼のことを頼んだ だが、官兵衛だけはそれを拒んだ 天下は天下の器たる者が動かす 秀頼にその才があるかはわからぬと 官兵衛もわかっていた 秀吉は前ばかり見て いざ自分の死期を悟った時に 自分が亡くなった後の事を慌ててやろうとした 家康はその隙を見逃…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

軍師官兵衛 第44話 「落ちゆく巨星」

淀殿の言葉に惑わされて 秀次を自害に追い込んだ秀吉 何故淀殿が秀次を目の敵にしたか 秀次は秀吉の姉の子で ねねと親しい間柄であった 秀次が政権を握れば ねねが台頭してくる それが気に食わなかったのであろう 小早川秀秋はねねの兄の子であった 秀次が処罰される1年前に小早川隆景の養子となったのだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第43話 「如水誕生」

官兵衛は己の咎を許してもらうため 出家して「如水円清」と名乗った そして改めて隠居を願い出た これ以上 政に関わって おのが命を危うくしない 官兵衛の考えであった――――― 相変わらず 瓜売りとか全部セリフの説明なんですよねぇ こういうシーンは 「独眼竜政宗」ではやったんですけどねぇ …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第42話 「太閤の野望」

石田三成の野心の見せ方も唐突でしたが 増田長盛 浅野長吉 宇喜多秀家 豊臣秀次 これらのメンツの登場の仕方も唐突ですね でもって 事の経緯も唐突なんですよねぇ びっくりするのが 官兵衛と小早川と家康以外は 全部小者キャラですよ あまりにも官兵衛すごいぞ みたいな持ち上げ方をするのも …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第41話 「男たちの覚悟」

日本という天下を統一した秀吉であったが 彼は更に明国の制圧に動き出していた 彼の欲望に 誰も歯止めをかけることができない そんな秀吉に苦言を呈することができるのが 千利休と官兵衛であったのだが それを気に入らない三成は 二人を排除しようと画策する 豊臣家の権力の掌握を己がするために――――…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第40話 「小田原の落日」

北条討伐の中で 家康と官兵衛の接近を快く思わない三成の暗躍 秀吉を利用して 政権を掌握しようとする三成の野望が ありありとみてとれる今回 自分が政権を担うので 官兵衛は必要ないと言い切るあたり 三成の黒さは見事なものですね 一方で信長や秀吉もそうでしたが 三成が「天下」の中枢に近づいたことで …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第39話 「後を継ぐ者」

官兵衛は隠居し 家督を嫡男・長政に譲ると宣言した 秀吉が官兵衛を警戒している 自分にはその野心がない事を証明するために 長政は自分には早過ぎると躊躇していた そんな息子の姿に 官兵衛はかつて自分が若かりし頃 父・職隆が 当時の主君であった小寺政職に疑念をかけられ それを払…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

軍師官兵衛 第38話 「追い込まれる軍師」

黒田の家を守るため 黒田親子が下した決断は 宇都宮一族を殲滅させた そうして黒田は一揆の鎮圧を行った その黒田の行動を秀吉は喜んだ その後 官兵衛は秀吉に会うために 大坂に行ったのだがそこで千利休の仲介により 徳川家康に拝謁する そこで官兵衛は 秀吉が自分の次に天下人となる者に …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more