軍師官兵衛 第47話 「如水謀る」




如水が己が考える策を石田三成に語りかけるシーン

見た事がありましたねぇ

大河ドラマ「風林火山」で
山本勘助が今川義元に

この策をとると危うくなりますぞと説いて

自分の事が嫌いな今川義元の事だから
反発して自分が危険だと進言した策を用いて
勝利を収める事で「勘助に勝った」としたい

そうした今川義元の心理を読み取って
勘助は今川義元を自滅に追い込んだ


その策略をそのまま
今回の如水と石田三成に当て込んだようですね


徳川の勝ちは見えているが
まず石田が徳川と戦って

徳川の兵を削ってもわらわなければならない

そこで九州を統一した黒田が徳川と戦って勝つ


という目論見なのでしょう


どちらにしても石田は捨て石ですな


一方で毛利は豊臣に義理立て

というか今の地位を守りたいという思惑もあるでしょうし
安国寺恵瓊としては豊臣政権は如水と二人で作ったという
思いから自分の作品を守りたいという思いもあるのでしょうが
如水としては秀吉の死で完結してるのでしょうね


それにしても長政の離縁を
次男の死にからめてしまうとは・・・


今週のイラスト


"軍師官兵衛 第47話 「如水謀る」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント