それでも、生きてゆく 第6話

双葉は兄・文哉に会った

その瞬間、彼女の時間は15年前に戻る

「双葉はお兄ちゃんが好き」

あの頃の双葉に口調も戻る

兄は自分のことをよく覚えていてくれた

小さい頃、双葉はリンゴ飴が大好きで
お祭りの時は一番に買ってきて
顔を真っ赤にしながら食べていたことを


だが、15年の年月を経て

双葉はもうリンゴ飴は好きではなかった



兄はそのことを覚えていた

でも、それはただ忘れてなかった訳ではなく

兄は15年前の頃のまま

あの頃から変わらず

亜季ちゃんは生まれてこない方がよかったのだと
彼女は天国に召されたのだと

ずっと反省することなく生きてきたことを
双葉は思い知らされた―――――。






今回は三崎文哉の異様さが目立つ展開になってましたね


なにか、三崎文哉は今いる場所が自分のいるところではない
みたいなそんな風に見えますしね


でもって、タイトルの「招かねざる客」


突然やってきた双葉の両親に
響子は戸惑い、普段通りの生活と
あの頃の思い出が入り混じって
なかなかに自分の思いを対処できずにいるみたいで


それから耕平は
自分のしてきたことが否定されたように思えてくると共に
一方で妻であっても自分達の家族の事に意見してほしくないと
思うところもあるようです

耕平もなんだかんだで
あの頃のことを思い出さないようにしてきていたのかもしれません

普通の生活を送ることで自分の思いを殺してきたのかもしれません


それだけに洋貴の考えを強く否定してきたのかもしれません



それから三崎文哉は15年前のあの時から
全く変わらずにこれまでを生きてきたようで

なんかそれが異様な不気味さというか
人間味のなさを感じさせるところがあります


双葉の言葉に耳を貸さない
それは自分がしたことに関して

あの言い方だと
「自分を正当化してる」気がします


そんな三崎文哉にとって
臼井と深見洋貴は「招かねざる客」といったところでしょうね



それだけに若葉は洋貴と向かい合って
今の関係を築いてきたので

兄にもそれをしてほしいと思っている

けれど、兄はそこから背を向けた

それが妹にはたまらなく悲しかったようです



さて、次回から三崎文哉の内面に迫っていく描写になっていくようで





この辺も気になりますが

満島さん、朝ドラでも、こっちでも
瑛太さん、永山さんといい雰囲気なんですけど ̄▽ ̄


それから朝ドラで本日、望月先生が出てましたが
よくよく思い出せば

望月先生もまた、このドラマに前回出てましたね


双葉のお父さんを罵倒する役で(; ̄∀ ̄)ゞ


なんだか、色々とかぶりますねぇ ̄▽ ̄

"それでも、生きてゆく 第6話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント