高校生レストラン 第6話

フロアーの係と厨房の係を入れ替えた村木

それは教師として
生徒たちに平等に学ばせたいという思いがあってのこと


この辺を吉崎先生は認めていましたからね


川獺をご存知でしょうか?
川獺は生まれた時は泳げません。
母親が泳ぎを教えるんだそうです。
でも、子供は浮力で浮くんです。

溺れるのではない。

母親は泳ぎを教えてるのではなく
泳ぐきっかけを教えている。
教師も同じではないでしょうか?




しかし、それは生徒達にとって
せっかく覚えたことを手放さなければならないとして
戸惑いと共に不満を感じているご様子

その不満が親にまで伝わったようで
高校生レストランにご尽力してくれた
星野のお父さんである町内の会長さんまでがご機嫌斜め


やだねぇ、大人って(; ̄∀ ̄)



一方、米本が作った味噌汁を村木は
味が濃いとして自分が考える味噌汁の味にしようと
注意したようですが

それから米本はクラブを休むようになってしまった

当初はフロアーと厨房と配置換えしたことが原因だと思っていたけれど

そうではなくて数年前に亡くなった母親が
自分に教えてくれた味噌汁の味を先生に否定された事が
なによりもショックだったから

米本の家庭の事情を知った村木は
自分が教師として自分の考えを押し付けて事を反省するということですね


こうして教師としてまたひとつ成長していく
村木が実にいいですねぇ


それから、星野のお父さんに
自分の娘が働いているところを見てほしいという
岸野の思いが伝わって、レストランを見に来たおとうさんは
生き生きとして働く娘の姿を見て、またレストランに尽力して
くれることになった訳で


この辺は岸野の尽力が光ります



それにしても村木の父親を演じる
原田さんの出演がここのところないのが気になります


さて、次回は料理コンテストですか

ここで生徒達の間でまたひと葛藤ありそうですね

"高校生レストラン 第6話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント