BOSS Season2 第7話

突然やってきた謎の青年が
何のためにやってきたのか

それが今回の物語の焦点でしたね

岩井、片桐の過去をえぐるような質問も
全ては自分が対策室に選ばれず

自分の同期で実力には自分にも劣ると
思っていた花形が対策室に選ばれたこと


そして、花形は対策室で活躍しているのに
自分は先輩に苛められ、その鬱屈した思いから
軽犯罪に走り、退職してしまった

それが彼をこのような狂気に
駆り立ててしまったということのようですね


まぁ、正直

BOSSの言う取り



長いよヽ(;´Д`)ノ


でもって、最後は一気に収束ですわな(; ̄∀ ̄)ゞ


なんだかんだでゲストにもってかれすぎですわな


それはそれとして
まぁ、誰だって下積み時代とかがあって
先輩にやぁのこぅの言われて

そういう時期を経て今がある訳で

自分だけが不幸だと思うのは大間違いってことですかね


まぁ優秀かもしれませんが
それだけでいい警察官になれるかといったら
また違うという訳で


警察官としての心というのは一朝一夕にはいかないってことなんでしょうね


その対策室のメンバーを選んだ野立には
そうした意図があったようですが

そういうことは絶対に言わない

最後までおちゃらけでまとめる

この辺が野立の良さでもあったんでしょうね


それから出演シーンがあまりない
森岡さんを演じる大森さんと木元さんを演じる戸田さん


大森さんは
映画「莫逆家族」「アンフェア the answer」
「東京プレイボーイクラブ」「ALWAYS三丁目の夕日'64」


戸田さんは
映画「アンダルシア 女神の報復」「DOG×POLICE」と

どちらも大忙しのようですね

そしてこの戸田さんが出演する「DOG×POLICE」
広島でもロケがあったようです↓
http://tabetainjya.com/archives/cat_3/_dog_police/


なんか映画も刑事モノが多いようです(; ̄∀ ̄)ゞ

"BOSS Season2 第7話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント