10年先も君に恋して 第3話

いやぁ、面白いですねぇ。

博(30)の前では
彼がピュアな心を持ってるから
うきうきしながら相手の話を聞いてるのに

博(40)の前では

これでもかというくらい
一方的にまくしたてる

反論の余地を与えないくらいに


でも、相手は10年という差はあれど
同じ男ですからね




なんで俺の前で猫をかぶった?
なんて可愛いと思ってたのに


私なんてこんな風になるとは思わなかった
博さんはこうなるとは思わない


なるよ
絶対になるよ


まぁ当の本人が言ってるんですからねぇ; ̄▽ ̄



でもって
博(30)にぎこちない雰囲気で
「里花」って呼ばれた事にうきうきしたのに

博は当たり前のように
「里花」って呼ばれて、更には


君のことがすっかり嫌いだよ
だから、別れよ



って言われて、とっても傷ついたりなんかして


同じ相手だから同じ声な訳ですからねぇ。



それから他の人の未来に関する事も
あまり話したがらないみたいで

それは自分の言葉によって
未来が壊れる事を嫌ってるからかもしれませんが


眉間にシワをよせると
未来でシワが取れなくなって苦労するとか

お酒を飲みすぎると
肝臓を壊すからとか

そういう事ならば教えて欲しいもんですね。


高島さん演じる役が
17年前の自分にあの人と結婚したらいけないって
教えてほしかったなんて言ってましたけど

でも、その17年前の自分に語ったところで
里花のようにそれを鵜呑みには出来んかったことでしょうね。


ま、何にしても未来なんて知らなくても
いつかは誰もが知る訳で



それから渡辺いっけいさん演じる役での御言葉



怒るってことは好きって事だから
恋愛と一緒ですよ



嫌な人だったら、人は無視しますから


って定番ながら流石ですよね。


でもって、教授は
博と彼女との仲を壊したくないから
博(30)に彼女を大事にしろと念押ししてる訳なんですが


事態は色々と複雑そうです。


そういう博(40)の言葉もあって

里花は博(30)に自分の欠点とかを語る訳で



私、実は割りと気が強いの
生意気なとこがあるし、頑固だし
しゃべりだすと止まらないし
片付けだって下手だし
ウエストだってあなたが思ってるより太いし
今はいいとこばっかり見てくれるけど
そのうち、フラれるんじゃないかって


僕も実は今日も靴下に穴があいてる
友達にはせっかちだって言われるし
研究バカとも言われるし
気が弱いから八方美人なとこもある

いつかお互いにそういう面は見えてくるよ

でも、僕はそれで里花のこと
嫌いになったりしない

ウエストだってあまり細いより
太い方が好きだし


ありがとう


ちなみに博(40)は腰痛持ち

それはどうにかして
博(30)に教えてあげてもいいかも; ̄▽ ̄



そうして博(30)への思いを
更に深めた里花でしたが

やっぱり気になるのは
自分がどうして博と別れることになったのか



そこにどうも日高が絡んでいるみたいですね。



だから日高のことはよく知ってるんですねぇ。


わざわざ彼女の仕事してるとこを見に来たというよりも
彼女が日高と一緒にいるとこを見に来たみたいな



おそらくとてもとても彼女の事がすきなのに
彼女は日高の方を見てる


それが「憎んでも憎みきれない」ってとこに
集約されてるんでしょうか。


ここから、どうなっていくのか
気になって仕方がありません; ̄▽ ̄ゞ

"10年先も君に恋して 第3話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント