ホタルノヒカリ2 第9話

初っ端はぶちょおが出ていってしょんぼりしてる
蛍でしたが、なんだかんだでやっぱ楽しませてくれますねぇ。


最初の電話のシーン


はい、ホタルです


誠一です


ホタルです


誠一です


ホタルです


誠一です・・・・・ってイイから


この辺は他所他所しさが感じられましたが
あの婚約指輪が107万円と知ってからの蛍の反応が傑作でしたねぇ


今、私の部屋におられます!
わかりました。大事にします!



二人で乗り越えようと言っておきながら
身勝手な事を言って申し訳ない
名前、呼んでいいか?



もちのろんです


ごめんな、ホタル


ぶちょお、私も名前
せ、せい・・・・



無理に呼ばなくていい。ぶちょおでいいよ


ぶちょお・・・・・


でもって



こーなって



その結果、107万円の指輪をなくしてしまい




これですからねぇ。


その後、ぶちょおが二ツ木らに


107万円
一晩でなくされたことあるか?



と愚痴るぶちょおが笑えます ̄▽ ̄


たしかにこれは通常の人間では太刀打ちできそうにないですねぇ。



探すとか言いながら
ビール飲んで探すのがめんどくさくなってもうたのもぶちょおのバレバレ

で、あれこれ探すも10円玉が出てきてガックシ貯金ですからねぇ



それと蛍の後輩・桜木に仕事を任せ
ちょっと息抜きに川釣りで魚をはふはふしようとする事になって

瀬乃らと一緒に出かけることになった蛍ですが


瀬乃との関係を考えて
シメシメとかしたり
ドキドキなんかしたりして

あれこれ悩む姿がいいですね。


でもって、最終的にはコレ



キスしたら好きになるって蛍って単純だなぁとか
思いましたがよくよく考えたら

前シーズンでもマコトにキスされて
マコトを好きになってましたからねぇ。


蛍ってそーゆー人みたいですねぇ≧∇≦



それからズボラな自分がぶちょおと一緒だったら
ぶちょおを孤独死させてしまうと

もう既にぶちょおの老後の心配をしてる蛍がなんとも健気でしたが
今までぶちょおのためにとあれこれしてきた事に対して

手紙の「私には出来なかったから」と共に
回想を入れてきたのはなかなかにウマイ演出でした ̄▽ ̄b




それを受けてのぶちょおの行動


忘れるな、お前は俺の女だ


行かないで!
もうどこにも行かないで
指輪は一生働いて返しますから



いいよ、もう指輪は
一人になって考えた

これからのこととか

でも結論は同じだ

君には適わない

俺は一生君の縁側になる

ただいま、蛍



おかえりなさいませ≧∇≦!


で、ぶちょおはあの家に戻るも

再び、指輪を探すことに


人は誰でも強さと弱さが混在してる
「いいよ、もう指輪は」と言ったのは強い自分
今は弱い自分

107万円惜しいもん
探して欲しいもん



ぶちょおはこういうのがなんともいいですねぇ ̄▽ ̄


で、その指輪はキチンと片付けていたようで
少し成長したようですが、片付けていた事自体
忘れていた蛍に対して

アホ宮⇒アホタルにクラスチェンジしたようです。




さて、他のとこに関しては
二ツ木は色々とけじめをつけて山田姐さんと
一緒になる準備を進めていたみたいで


二ツ木さんは彼女に振り回されても
時々、振り向いてくれたらそれで幸せみたいのようですね。


それと、ぶちょおはかつての部下・豪徳寺と会ってたようですね。

こちらでは丸山さんが生きててホッとします ̄▽ ̄




さて、次回はぶちょおとキスしてから
アホタルはキスしか頭にない状態になってるみたいですね。


それと、公式HPの次回予告には
ぶちょおのお父さんが登場するようですが
そのお父さんの役名と職業を見たら、思わず笑ってしまいました≧∇≦

"ホタルノヒカリ2 第9話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント