ホタルノヒカリ2 第5話

しょっぱなから結構やってきてますねぇ。


ぶちょおがアホ宮と映画館に行くために
アホ宮に行きたい映画を第三希望まで聞き出そうとすると


めんどうがくさいなぁ


ですからねぇ。


で、結婚に向けて
ぶちょおがアホ宮に渡したのは貯金箱


ぶちょお、空っぽです!

何?!からっぽ?!
当たり前だ。君が貯金するんだ



ぶちょおはすっかり
ノリツッコミが出来るようになってますねぇ。



で、今回
アホ宮が専業主婦になりたいとか言ったことがきっかけで
ぶちょおのお習字




炊事洗濯
全国の専業主婦がやっている家事労働



なんだか、ぶちょおが御殿様で
アホ宮はその家臣みたいな構図ですからねぇ。

ともあれ
なんかこういうのって、どこかの専業主婦には耳が痛い話でしょうね。


ちなみに我が家はエバラ焼肉のたれとかが
お袋の味だったりするんですけど(; ̄∀ ̄)ゞ


それに今時の専業主婦で
夫のために煮干しを乾煎りして一晩つけて
味噌汁を作ってるんでしょうかねぇ


というか、全国の専業主婦に聞いてみたい



味噌汁はどうやって作ってますか?


結構、永谷園の「あさげ」とか「ゆうげ」とか
使ってるんじゃないでしょうかねぇ。


あ、でも
うちの母親は結構手抜き料理が得意ですが
味噌汁だけはそれなりに作ってた記憶があります。

煮干しは乾煎りしてはなかったと思いますけど ̄▽ ̄ゞ



というか、いざ味噌汁を作ろうとして
どうやったら山口百恵の引退記事を見つけるようになったのか
すごい気になるんですけど; ̄▽ ̄




それから、今回
伝説となったホタルのドジョウ掬い




実に見事でしたねぇ。


うまいこと腰が動くもんです。


山田姐さんと二ツ木さんの鼻に煙草×2もなかなかでしたが
それ以上にインパクト抜群だったのがぶちょおの宴会芸



DJ OZUMAの格好だけでも面白いもんですが
どんなことをしてくれるのかとても気になりますね。



それから今回のゲスト・六角精児さん
それと向井さんが絡むと

やっぱり「裁判長~」を思い起こさせますよね。

それに覚書とか色々とやってる件もなかなかに面白かったですしね。




でもって小夏さんがお店を出すきっかけになったのが
ぶちょおの作った味噌汁の味だったんですねぇ。


それでアホ宮は意地でも作りたいと思ったんでしょうね。


ですが、出来たのは

激マズ
超マズ
ゲロマズ
世界七大珍味に相当するという味噌汁ですからねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ



それに彼女を見ていたら分かるように
彼女が一番優先してるのは仕事


仕事のことになると自分の事もぶちょおの事も二の次



でも、そうやって色々とやってみないと
自分がしたいことが何なのか分からないもんですからね。




専業主婦を甘く見ていた私にバツが下ったんです

私には専業主婦になれそうにありません

私は仕事、続けたいです
この先、私に何が出来て何がしたいのか
まだよくわからないですけど
次のステップに向かって自分の力を試したいです

私は仕事を続けていきたいです

これが自分で出した結論です

すみません
「ビバ!専業主婦」



おそらく全国の専業主婦もそう思ったことだろう


とはいえ、全国の専業主婦が
皆が皆、ぶちょおさんみたいな事をやってるのかと考えると

割合的に
アホ宮みたいな感じの人がそれなりに多いのではないかと
思ったりしてしまうのは私だけでしょうかねぇ。



ともあれ、生きていく限り
人生の分岐点が必ずやってくる

それに気付かないで通り過ぎる人もいれば
その分岐点にぶつかって道を迷う人もいる


その時は立ち止まって自分を見つめ直すことが必要



で、その小夏さんの店の件については
山田姐さんの分岐点になったみたいですね。


今回の一件で自分がこなせなかった仕事を
ホタルら部下達が解決したのを見て

もう自分がいなくても大丈夫と思うと共に
仕事を辞めて二ツ木さんと結婚して専業主婦に
なろうと決意したみたいです。


ただ、二ツ木さんは
こうして自分が彼女の人生を変えてしまったんじゃないかと
思い悩んでいるようですが

ぶちょおもまた思い悩んでいるようです。

ぶちょおは結婚によって
ホタルを縛ってしまったら

それによって彼女の良さとかを殺してしまうと
思ってしまったんでしょうね。

特に今回の味噌汁の一件を見て
自分の言葉によって彼女に無理をさせているのが
嫌だったんでしょうね。

今回の内容を見ても
家のことをやってるよりも仕事をやってる方が
彼女は生き生きしてましたしねぇ。

それにそういう彼女がぶちょおは好きになったんでしょうね。

だから、結婚を取りやめにしようという結論に至ったんでしょうね。


でも、そこまでぶちょおの真意が分からない
ホタルは
自分を好きだというのに
結婚をとりやめるというぶちょおの言葉に
戸惑っているみたいですね。


でも、こういう恋愛ゴトがめんどうがくさいって
言ってたアホ宮だから途中でもう考えないよう
なってるかもしれんですね。


それにホタルはぶちょおには小夏さんの方が
御似合いだと思ってるみたいだし

自分には自分と似てる瀬乃が
御似合いだと思ってるみだいだし


これはこれでまたひと波乱ありそうですねぇ ̄▽ ̄

"ホタルノヒカリ2 第5話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント