ホタルノヒカリ2 第4話

冒頭から瀬乃と桜木が
雨宮のうちにやってきて

そこで雨宮が付き合ってるのが
おタカさん=高野部長で

その高野部長と紆余曲折あって
結婚を前提にした同居生活をしてるって
ぶちょおが語るんだけど

理路整然というか
会社で会議してるみたいで


部長のこと、本当に好きなの?


どうもぶちょおと雨宮からラブラブな
雰囲気が伝わってこないらしい


好きに嘘とか本当とかあるの?


と思いつつも今回のテーマはこれ



ホタルはこういう流行りモノとかに
うといものがあるらしいんですが


ホタルはぶちょおのしょっぱい手紙が嬉しかったらしい


とにかくめんどくさがりで
ラブラブ出来ないホタルはそれだけでよかったみたいですからねぇ。


何せ、ぶちょおが思い切って

いっその事、寝よう
今夜は一緒に寝よう
私の部屋で



って思い切った告白に対して


いい年して一人で寝れないんですか?




ですからねぇ≧∇≦




ともあれ、ラブラブな関係をやってみようと
ぶちょおが頑張って絵文字を使うみたいなんだけど
当のホタルがこんな感じですからねぇ。






で、ぶちょおが千夏ちゃんの申し出もあって
箱根に行くことになったんですが

千夏ちゃんの策略により
ぶちょおとお母さんと一緒に旅行しようという
計画だったみたいですねぇ。


それを知った上で
ぶちょおからのメールに


報告:千夏ちゃんと二人で仲良くやってる


ってメールが嘘つかれてると感じたものの

誰かと誰かが奪い合ったりとか
そうした色恋沙汰で嫌な気持ちになって
しんどくなる自分が嫌だから
この手の話を考えるのが嫌なんでしょうね。



でも、ぶちょおは違った
違ったんですよねぇ。

自然といつのまにか自然と
気がついたらいたんです。

私の隣に。
私達、いつもこの縁側でビールを飲むの
1日の終わりにこの縁側で
怒られたり叱られたり笑ったり
そうやってぶちょおと二人、他愛のない話をするの
そして、また明日も頑張ろうと思うの

ぶちょおといて分かった
一人で飲むビールもおいしいけど
二人で飲むビールももっとおいしいって







この台詞で十分ラブラブですね ̄▽ ̄



それからぶちょおが旅先で怪我をしたと聞いて
雨宮はヒッチハイクでぶちょおのいる箱根に行って
ぶちょおのいる山小屋まで見たんですが
そこでショッキングな場面に遭遇


あのまま川の字で寝ようとするホタルには
思わず笑ってしまいましたが



ま、あの小夏の手を見て
流石のホタルもショックを受けてました。

たしかにあれはショックだなぁ。





でもって、ショックをひきずったまま
山田姐さん&二ツ木さんとこに行くと

そこで

メールじゃこういかないわよぉ


っていうのをまざまざと見せ付けられる訳ですね。



でもってホタルは何故ぶちょおが
ああいう状況だったのか自分なりに冷静に
分析したことを話す訳ですがそこが正にドンピシャなんですよね。


何よりぶちょおもまた
一人で飲むビールより
ホタルと二人で飲むビールが美味しいと思ってて

ここに二人の相思相愛がまざまざと感じさせられます。



それで思い切ってホタルは


好き ̄▽ ̄



っていう訳ですが、その前段階で
押し倒そうとしてましたのがツボでした ̄▽ ̄



何故この格好だったのかはよう分かりません┐(´ー`)┌




さて、一方
台風の中で一緒に戸の立て付けを手伝った
瀬乃はホタルの一途な思いに心打たれ
ぶちょおに自分も雨宮のことが好きになったと宣戦布告です。


練習で「すき」とホタルが送ったメールを大切にしてるとこからも
その思いが伝わってきます。


でもって、雰囲気的に
瀬乃もぶちょおと同じ、自然な感じがしますからねぇ。


これは強力なライバル出現です。


それから味噌汁の具がないことを指摘するぶちょおに対して


お味噌の汁ですから


と答えるアホ宮が今回一番のツボでした ̄▽ ̄


さて、来週はあのどじょうすくいが見られるみたいで
実に楽しみでございます。

"ホタルノヒカリ2 第4話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント