月の恋人 最終話

さてさて、最終回が終わりました。

で、今回の内容を見た限りでは
ドラマの色合いがガラリと変わった感があります。

それでいて、やっぱり仕事とか恋愛とか
またどっちつかずな感じがありますが

やっぱ、そこに落ち着きますかって感じの
ラストになりましたね。

でもって、みんな結局
いい人でしたってまとまり方になりましたし。

それと雰囲気的に
自分は木村さんと篠原さんのやりとりに
ドラマ「抱きしめたい」で
岩城晃一さんと浅野温子さんとの
かけあいのシーンを思い起こさせました。



とりあえず総括もすると
結局のとこ、登場人物の描写が薄くて

それから物語をどう追いかけていいのか分かりづらいのと


この作品でのシュウメイのポジションがようわからんですねぇ。



というか、いらなかったのでは(爆)



それと、イタイポイントのひとつとして
蓮介がレゴリスという業界2位の社長というトコロから
始まったってとこでしょうかね。

出来れば着実にステップアップして
業界2位の地位にまで上り詰めていった事と共に
それによって蓮介が変わってしまったって描写が
あった方がわかりやすかった気がします。


後はこのドラマは何を見せたいのか
最終回まで、ホントようわからん感じでしたね。

ま、ここが一番イタイとこだったような気がします。


ま、これで御疲れ様ってことでよろしいかと。





では最後にこの方のイラストをば。





ではでは( ̄ー ̄)/~~

"月の恋人 最終話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント