不毛地帯 第1話

一度入ったら二度と生きて出ることはないと言われた
シベリアの流刑地


そこに壹岐正はいた。


彼を支えていたものはたったひとつの信念
果たさなければならない信念


ただ、それだけだった―――――。






率直な感想として

淡白でしたかね( ゚Д゚)y-~~

それは物語が退屈だという事ではなく
2時間以上の作品ながら見応えもあり
じっくりと見れたのですが


役者さんが演じる壹岐正という人物と
物語自体にひきつけられるものがちょっと薄いかもしれません。


過去の回想が分断されて流れていたせいもあるのかもしれませんが

できればシベリアから帰って来た時の家族の反応とかがあると
また違ったのかもしれませんが、原作がそうであれば
仕方ないのかもしれんですね。


まぁそれはそれとして

過ちを犯した者として生き続けて
二度と同じ過ちを繰り返さないために

壹岐正のこれからの人生がある訳で
その根幹となるのがこの第一話となるんでしょう。


あくまで初回を見る限りではですけど。




初回は淡々と主人公の第二の人生に至る経緯を描き

第二話以降は壹岐正の第二の人生を描いていくのでしょうけど



とりあえず第二話から仕切り直しってとこでしょうかね。

"不毛地帯 第1話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント