天地人 第26話 「関白を叱る」

はい、今回の字。


で、今回のあらすじは




秀吉の誘いを断った兼続。

秀吉にその忠義を褒められて景勝&兼続は帰国しました。

で、帰国したら仙桃院から跡継ぎを作るよう催促されました






おしまい ̄▽ ̄












なんか千利休が三成によって殺されるだの

三成がいずれ天下を乱すだの


ミョーなフラグが立ってましたねぇ。

あんな伏線、やる必要があったんでしょうかねぇ。



秀吉が金で相手を釣る理由とか
秀吉と家康との掛け合いとか

面白いんです。

後、個人的に景勝の遺言。あれにもシビれました。


でも、主人公じゃないんです(爆)




それからオープニングで兼続は文才があると共に
「愛」を語る詩人だったみたいな感じ。

如何にも「愛」の人ですみたいなイメージに仕立てたいみたいでねぇ。


やっぱり今回も妻夫木の演じる兼続が
落ち着いていないというか浮ついているというか
家老という貫禄とかも含めて、腰が定まっていないですねぇ。


とりあえず、スタッフロールを見て幾つか書くとすると

家康の妻で秀吉の妹・朝日姫を演じてたのが平田敦子さん

彼女はドラマ「SP」で主人公・井上をいじめてた最強の事務員さん。


それから小早川隆景は横内正さんでしたね。




さて、書く事がないなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ



ウラ番組の体操選手と体操選手と自衛隊のショートコントが
面白くてネェ(; ̄∀ ̄)ゞ


まぁそんな感じですね。

後、こんな感じで
大河ドラマ化もしくはドラマ化を希望する武将の話を
ダラダラと取りまとめているのが楽しくてねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ



そういえば再来年の大河ドラマは『江姫』に決まったそうで。


最初、この字を見た時


『エヒメ』って誰よ(゚Д゚)?

って思ったんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ


浅井三姉妹の三女・小督(おごう)の方もしくはお江与(えよ)の方なんですね。

自分はこの「小督」の感じのイメージが強かったもんで(; ̄∀ ̄)ゞ


今度も「篤姫」の脚本を担当した田渕久美子さんが
今度はオリジナルのストーリーになるらしいですが

出来るだけ調査をした上で
違和感を感じさせない脚本をお願いします(-人-)

"天地人 第26話 「関白を叱る」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント