臨場 最終話

女性の撲殺された遺体が発見された。

しかし、被害者は撲殺でも刺殺でもなかった。

射殺だった。

9ミリ、口径は38。


その時、倉石と立原の脳裏に浮かんだもの。





17年前。
警察官が拳銃を奪われ、その銃で殺害され
その後、二人の女性が殺害された。


その女性の一人が倉石の妻だった。




今回の事件の被害者は寺島弥生。
夫は弁護士だった。


まもなく今回の事件に使われた拳銃は
17年前の事件に使われた拳銃と判明した。



まもなく立原の下を倉石が訪れた。

当時の被害者の検視調書を見せて欲しいと。

当時の倉石は検視官じゃなかった。



事件の関係者が捜査に加わってはならないという事で
倉石は妻の検視をする事が出来なかった。



それから立原が17年前の事件調書を調べていると気になる事があった。


17年前
殺害された妻の夫である寺島は当時、司法浪人生で
警察からこの事件で事情聴取を受けていた。

その時、寺島のアリバイを証言していたのが
今回の事件の被害者である弥生だった。

もしかしたら17年前に弥生は寺島に頼まれアリバイを偽証していたとしたら。



立原の言葉に倉石は何かこみ上げてくるものを必死に堪えていた。

何も言わず、その場を後にする倉石に立原は思わず叫んだ。



証拠はない。焦るな、倉石。



それから被害者の友人だった女性から
被害者から17年前にアリバイを偽証した事

そして自分が17年前の犯人だと話していた事を供述していた。





その証言を基に立原は寺島の自宅の家宅捜索を行った。



寺島は拳銃を持っていた。

その銃で寺島は立原達の目の前で自殺した。





それから倉石は寺島の検視を行った。


17年前、自分の妻を殺害した犯人の検視。


何かを必死にこらえながらホトケの前で拝んだ倉石だったが
それ以降はいつもと変わりのない見慣れた検視の光景だった―――――。







その人が過去にどんな事をしていたとしても
それが自分の妻を殺した犯人だったとしても

遺体から拾えるものは根こそぎ拾ってやる



17年前、
自分の妻の「声」を拾ってやる事が出来なかった悔しさが今の彼の信念を作り上げた。


それがあのような捜査姿勢に表れていたんですね。



そして、終わったかに思えた事件で

立原が気になったのは寺島の自宅にかかってきた電話

倉石が気になったのは被害者は射殺されたのだが、何故犯人は殴打したのか。



そして、倉石の視線は
17年前の事件で妻を殺された大瀬に向けられる訳ですね。






17年前、共に妻を同じ犯人に殺害された二人。



大瀬は倉石に尋ねた。

あなたは女房を殺した犯人が時効を迎えた日、どんな気持ちだった?


真夜中まで遺体の検視していた。
仕事が終わったら午前零時を過ぎてた。

それだけだ。




私は酒を飲んでたよ。午前零時には記憶をなくしていたかったんでね。
でも、あの日に限って意識が覚めていくんだ。飲めば飲むほど。

私達、遺された者には15年も17年もない。時効なんて関係ない。
失われた時間が積み重なっていくだけだ。



―――――いつから復讐を考えるようになった?


妻が殺されて以来、ずっとだよ。


―――――俺のとは違うな。


あなた、本当に復讐をする事を考えた事がないのか?

ないのか?それはあなたが警察官だからだよ。
私達、市民には捜査権もないんだよ。警察にゆだねるしかないんだよ。

遺族に時効なんかないよ。



大瀬の言葉は倉石にも痛い程分かった。
でも、倉石はそれを否定も肯定もしなかった。




弥生さんが死んで、寺島が自殺して
あんた、満足か?今、心から幸せか?


俺は妻の事を一日たりとも忘れた事はねぇよ。
妻は生きてる。
俺が忘れなけりゃ―――――俺の中で妻はいつまでも生き続ける

それが俺の痛み方だ。

大瀬さん。あんたなら、分かるだろ。



大瀬は倒れこみ、人目もはばからず大泣きしていた―――――。





毎回、倉石は植物に話しかけていたのは

生前の倉石の妻はよく植物に話しかけていた。
『あなたがいない時はこの子達がいるから。だからちっとも寂しくない』って。


倉石は妻の行動を真似る事で
自分の心の中にある妻を忘れないように
自分の心の中にある妻を生かしていた、という事なんですね。

そういう意味があったとは驚きました。


でも、忘れないという事はそういう事なんでしょうね。


そして、倉石の中で
奥さんに対して「永遠の愛」を誓うという事になるんでしょうね。



このドラマの公式HPの画面の倉石がこんな感じだったのは↓


どことなく切なそうな表情だったのは今回の内容にあったんだなぁって感じがします。




でもって、今期のドラマでは
被害者側の家族が加害者に対して「復讐」するべきかどうか

みたいなとこが感じられる描写がありましたが

たとえ犯人が逮捕されなくても
逮捕されて刑期を終えて罪を償ったとしても

自分の心が癒える事はない。

しかし、復讐のために
その加害者に同じ苦しみを味あわせたとしても
それで被害者側の心が満たされる事はないという事を物語っています。



最後の最後でグッとこさせられましたが
それにしても今期はこういう感じのテイストが続きます ̄▽ ̄







事件が終わった後

いつものバーで飲んでる倉石の下にやって来た立原。


ワッパはともかくホシに辿り着く事が出来た。
俺との約束、やっと果たしてくれたな。



嫌味な言い方があったもんだ。


そうして立原は水割りを倉石の妻に乾杯の仕草をする。

以前は一杯だけ飲んで帰った立原だったが


今夜は朝まで飲ませてもらう。


ふと、倉石が目線を合わせないままにグラスを突き出すと
立原は自分のグラスを倉石のグラスに当てて、そのまま二人は一気に飲み干す




今までの中で一番カッコよかったシーンです≧∇≦b





そして、またいつものような日常がやってきて
倉石はまたいつものように仕事をこなしていくんですね。


愛ちゃんは本社に異動になって

捜査一課長として三浦浩一さんが登場したりと



なんか続編やりますよって雰囲気が感じられます。

まぁ原作がどこまであるのかはともかく
いつまでも倉石はこのままで続いていくって感じが良かったです。


まぁカッコいい内野さんが見られるんなら何でもいいんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ


ちなみに今回、蝉が鳴いていたシーンに
ふと「蝉しぐれ」を見たくなりました。

もちろんNHKドラマ「蝉しぐれ」です≧∇≦b


蝉しぐれ [DVD]
NHKエンタープライズ
2004-02-20

ユーザレビュー:
翻弄されて、運命を憎 ...
原作に劣らない傑作ち ...
二人に聞こえていたの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"臨場 最終話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント