映画「ハゲタカ」

色々と考えさせられる見応えのある作品でした。


物語はドラマ「ハゲタカ」から4年後
ドラマに登場していた人物のその後の姿も描かれているのが
ドラマを見た者としては「そうなっているのかぁ」って感じで
楽しめるところもありますが


今回の大きなメインは


伝説のハゲタカVS赤いハゲタカ


伝説のハゲタカと呼ばれた鷲津と
赤いハゲタカを自称する劉一華との対決はかなりのものです。


この二人の関係とかはこの作品を見てもらえれば
分かりますが、これがなかなかです ̄▽ ̄b


ただ、面白いと共にちょっと悲しくなります。

この作品のCMにも言われている
「こんな国に誰がした」


これが悲しくも心に響いてきます。

この作品は昨年末のサブプライムローンなどの
100年に一度とも言われる世界恐慌を受けて
脚本を大幅に変更したそうですからね。


それに全体的に男達の夢と野望が行き交う
熱~~~い作品に仕上がっております。


別段経済とかにそんなに詳しくない人でも楽しめます。


是非是非見ていただきたい作品です。






さて、ここからはネタバレ。

パソコンで見てる方は反転して見て下さい。

ちなみに携帯からではフツーに読めます ̄▽ ̄




経済を知らない人でも分かりやすいつくりになってましたからね。
そこがよかったんでしょうね。


そして
伝説のハゲタカVS赤いハゲタカ

かなり見応えがありました。





赤いハゲタカのバックには中国という国家がついていますからね。
とっても潤沢な資金です。

流石に民間では太刀打ちは厳しいですよね。

そんな中で鷲津はどう対抗するのか。


ここに「伝説のハゲタカ」ならではのスゴサを見せてくれます ̄▽ ̄b

流石、鷲津ですねぇって感じです。


元々、芝野に日本企業を救って欲しいと言われて
動いた次第なんですが

本当の意味で日本企業を「救う」という事はどういう事なのか
それを鷲津ならではの荒療治で見せてくれます。


そのやり方を見て、ヤラれた相手の姿に
「強欲は身を滅ぼす」という事を痛感させられます(; ̄∀ ̄)ゞ



昨年末に起きたサブプライム問題とか


実際に起きた出来事を作品の中に取り入れたのはなかなかですが
ちょっと突然この問題が沸いて出てきたような感じがして
そこはちょっと残念なとこがありましたが

その辺は役者さんの技量と作品の世界観でカバーしています。



それと随所で
ドラマで見た事のあるような光景

鷲津と劉の対立がかつての鷲津と芝野の対立の構図に似ていたり

劉の最後のあのシーンが何か
ドラマで西野の父親に起きた出来事や
転落していった鷲津の姿と重なるような感じだったり

解任される自動車会社の社長の姿とかに
ドラマで解任された社長の面影と重なったりして

ドラマで見た演出を重ねる事で

何年経っても人は過ちを繰り返す

その歴史を再現しているかのようで、それがなかなかに考えさせられます。




でも、鷲津と西野治との再会がかつて二人が初めて会った時の構図と似てましたが

あの時と違って今の二人は「戦友」になったようなようで
それがちょっと良かったなと思います ̄▽ ̄







そして、今回のこの作品の大きなテーマは「人」ですね。


これも報道でよく言われていた派遣社員。


日本での法律では
派遣社員を一定期間雇うと正社員にしなければならないのですが
それをすると人件費が高くなるという事で

派遣社員を雇う会社では
その期間が近付くと一度解雇して一定の期間を置いてから再び派遣社員を雇う。

そうして人件費を抑えていく。

つまり派遣社員は会社にとって「誰」=「人」という存在ではなく
「部品」=「モノ」としてでしか扱われない事


この物語の言いたい事はここに尽きる訳で。



ならば、「人」になるためにはどうすればいいのか。


この作品で提示されたのは「強くなること」

それが「金を持つこと」だと。



特にそれが色濃く描かれているのが「劉一華」ですね。

彼もまた「モノ」ではなく
「人」=「誰」かになろうとしていた。

その「誰」というのは憧れというのもあるんでしょうけどね。

その「誰」になるために彼は「金」を使い
別の「誰」を手に入れる事によって


そうして彼は自分の「夢」を手に入れようとしたのですからね。


そうでもしなければ辿り着けない世界。

この「誰」になろうとした事に悲しいものを感じさせます。



中国では亡くなった人に対して
あの世でお金に困らないように
紙銭と呼ばれる紙を燃やして供養する習慣があるそうで


そういうのを見ると中国は一党独裁の共産主義ながら
その国の中身は資本主義となんら変わりがないみたいですし

何より中国という巨大企業にあって
その国に住む人たちの大半が
「派遣社員」=「モノ」ではないかというくらいの印象を受けます。

劉一華がとある派遣社員を騙して利用し
その派遣社員に400万円を渡すのですが

そんな金は受け取れないと派遣社員は劉に投げつけます。

すると劉は「拾え」と彼に言うのですが
拾わない彼に対して劉が積極的に拾って彼に手渡して
「拾うんだ」と切実な表情で訴えます。

そうした彼の辿ってきた人生を考えると
彼が生きた国・中国の国家の在り方そのものを皮肉ったような印象さえ受けます。


もちろん日本も皮肉られているのは当然の事ですけど ̄▽ ̄


ホント「こんな国に誰がした」って文句も言いたくなるのかもしれません。

ただ、だからといって
そうやって責めても何も変わりません。


芝野が言ってましたね。


「夢」とか「情熱」とか
そういうのを語れるトップの存在。




この作品では仕事に対する「夢」とか「情熱」を持つ事

それこそがこの国にとっても「希望」になる


最後のシーンにあの道を

かつて少年の頃の「あの人」が見た日本車が通ったあの道を
映したのはそういう事を伝えたかったような気がします。

"映画「ハゲタカ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント