Q.E.D. 証明終了 最終話

5月には裁判員制度が始まるという事で
学校でも模擬裁判を行うという事で
裁判員に選ばれた燈馬君と裁判員に立候補した可奈。

燈馬がもうすぐアメリカに帰ると言う。

彼にアメリカに帰ってほしくない可奈は
もし、この模擬裁判で燈馬君と同じ意見だったら

「アメリカに帰らないで」って言う。


可奈にとっての大きな賭け。


まず、裁判長が模擬裁判でのルールを語る


ルール1
被告人は有罪判決が決まるまで無罪である


ルール2
被告人の有罪を証明する全責任は検察にある
検察が有罪を証明しない限り、無罪である


ルール3
有罪とするには合理的疑いを挟まぬ証明がされればよい



これらのルールに基づいて模擬裁判は行われた―――――。




いやぁ面白かったですねぇ≧∇≦


可奈と燈馬は二人とも無罪を主張しましたが

そこに至る過程が違ってました。


可奈の場合、あくまで弁護人の主張から
無罪を主張したんですが

燈馬の場合、自分の推理では
被告は有罪だと推理していた。

しかし、模擬裁判では検察がそこまで
立証・証明していない以上、無罪であるといわざるを得ない。

裁判員は検察が提示した証拠でのみ判断する
これが裁判の鉄則。


なるほど..._〆( ̄_ ̄ )ナルホド


それだから、可奈はあの時
アメリカに帰・・・てもがんばってね。

って言ったんでしょうね。




それにしても可奈のお父さんは
おいしいとこをもっていきますねぇ。


これだけの証拠の数々が揃えば
たしかに合理的証明がされてますね(* ̄m ̄)ウププ


この場合、可奈は有罪として燈馬君と手を繋ぐ刑という事で。







花見って一個一個の花の形はよく分からない。
でも、形のない全体があって、それを楽しむ事


燈馬にとって可奈は花見そのもの


カッコいい事言うじゃありませんかぁ。

あの瞬間、可奈の目がになってたような気がします ̄▽ ̄




第一話を見た限りでは、高橋さんの演技に(; ̄∀ ̄)ゞでしたが
回を重ねるとイイ感じになってきましたからね。

中村さんもそして高橋さんも今後の活躍が楽しみです。

でも、続編がある時にはまたこのコンビで見てみたいです(≧∇≦)b

"Q.E.D. 証明終了 最終話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント