七瀬ふたたび 第8話

七瀬の本当の能力
それは彼女が傍にいると周囲の能力が飛躍的に向上するだけではなかった。

AT――――「Active Telepathy」

通常、テレパスは相手の考えを知る事が出来る
いわば受動的なもの


しかし、アクティブテレパスは
自分の考えを相手の心に伝え、それを変えさせる事が出来る

つまり人の心を操る事が出来るのである。


それは恐るべき究極の能力だった―――――。




まぁ有体に言ってしまえば
相手を自分の思い通りに洗脳する能力って事ですね。

「洗脳」で思い出すのは某宗教とか

ちょいと前では「サブリミナル」とかもその類だと言われてますね。

まぁこういうのはどこぞの某独裁国家には
咽から手が出る程欲しいものかもしれませんがね(苦笑)





さて、ドラマに関しては

まぁ以前からそうなんだけど
ここで切ない音楽入れて
ここで楽しい音楽入れてと

まるで誰かに命令されているかのように
機械的な演出がされているような気がします。


それによって出演者の心情とかもぶつ切りにされてるようで。


もしかして、このドラマのスタッフはアクティブテレパスによって
操られているのかなと思ってしまうくらい物語が無機質ですね。


人が作るとどんなものであれ
大抵その人のぬくもりというか質感というか
そーゆーものが感じられるはずなんですが

この作品にはそういった伝わってくるものが感じないですね。



正直、この時点で総評に入りたい気分です(; ̄∀ ̄)ゞ

"七瀬ふたたび 第8話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント