イノセント・ラヴ 第3話

見終わった後に率直に思った事

仙台で仕事みたいなんがあるって言ってたけど
あれってどうなったの(゚Д゚≡゚Д゚)?

ホリキッター(=堀北さんの事。私も普及活動推進に努めます)が
殉也さん家に行ったのってあれって翌日じゃないの?

殉也さんって翌日、仙台行くって言ってたけど
あれって数日後(゚Д゚≡゚Д゚)?!




とりあえず、そんな疑問は全くスルーで物語は進行していきます(笑)





とりあえず今回分かった事をつらつらと。



・佳音は7年前の事件における記憶がない。

・おそらくあの事件での何かが衝撃的過ぎてその反動で記憶を失っているらしい

・佳音の兄である耀司はおそらくその何かを知っている。

・耀司は妹の記憶が蘇るのを怖れて池田を脅迫する。

・殉也さんは聖花を日光浴(+光合成)

・昴は聖花からの呪縛から解き放つ事が殉也にとって幸せだと思ってる。

・佳音は殉也が思うようにする事が彼の幸せだと思っている。

・佳音の父親役は平田満


これ多分、重要(笑)


この手の作品で平田満さんが出てくるという事は



私の中で思い出すのは
「白夜行」と「弁護士のくず」での平田さんが演じた役柄なんですけどね(笑)



それから、これは個人的に思う事なんだけど


聖花が危険な状態にある時


殉也が
「きぃよぉかぁ~(T▽T)」って叫ぶとこ。


これがなぁんか気分を萎えさせ=笑えます(苦笑)



さぁ次はどんなホラーな展開になるんでしょうかね(; ̄∀ ̄)

"イノセント・ラヴ 第3話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント