映画「ICHI」

綾瀬さんのファンの一人として
早速見に行ってきましたε≡≡ヘ( ゚∀゚)ノ


感想は次の2つの視点で捉えてみました。



・綾瀬さんファンの視点

・時代劇ファンの視点















































・綾瀬さんファンの視点

綾瀬さんがとにかく可愛い(〃▽〃)ゞ

ボロボロの服のシーンも様になってるし

途中で小唄を歌う時には
キレイな着物を着てたので
振り返る際のうなじのところがグッときます(〃▽〃)ゞ

それにその歌声もいいですし(〃▽〃)

もう綾瀬さんのアップが多いし
綾瀬さんの憂いの表情とかがスゴイあうんですよねぇ。

これはもうファンにはたまらんでしょうね(〃▽〃)

























・時代劇ファンの視点

なんじゃこりゃ(゚Д゚)

時代劇を舞台にした
時代劇コスプレパーティーってな感じですかね。

中村獅童さんも竹内力さんも窪塚洋介さんも
普段よくやってるようなイメージのキャラそのまんま

これだったら、別段
時代劇じゃなくてもよかろうかと。


前述にも触れましたが
綾瀬さんや大沢さん、窪塚さんや中村さんらの
アップのシーンが異様に多い気がします。

個々の魅力を見せるにはそれでいいのかもしれませんが
それだったら、時代劇じゃなくてもよかったんじゃないのって。


時代劇にある所作とか
その時代の風俗( ある時代やある社会における、生活上の習わしやしきたりの意味の方)とか
そういうとこが甘いからこういう演出になったようにも思えるし

また、その時代で翻弄されてきた人達の心境を見せたいというよりも
「この役者、いいでしょう」ってアピールするための演出にも見えてきたりして。

自分がちょっと時代劇に対して
理想というかハードルが高いのかもしれないけれど

なんか、ただ見せているだけ
衝撃的な映像を並べているだけみたいな。


そんなシーンが多いもんだから
折角の主人公の過去を見せるシーンもそれまでの衝撃的なシーンと比べると
インパクトがちょっと薄いかなって感じがしたりして。

だから綾瀬さんの殺陣もあまり印象に残ってないんですよねぇ。

ちょっとスローモーションのような演出がなんだかなぁって感じもして。
あれだと、いくら市に大沢さんが勝ったとしても
強そうな雰囲気を感じられないんですよねぇ。


ちなみに今、この映画を振り返って自分がすぐ浮かんだシーンは



・佐田真由美さんの乱れた姿

・男の人に襲われて苦しむ綾瀬はるかさんの顔

・中村獅童さんの死んだ顔





それってどうよ(゚Д゚)


まぁこれに関しては
大いに私の感性がおかしいとこがあるのかもしれませんが(; ̄∀ ̄)ゞ






作品上、盲目の女性という事で
瞽女(ごぜ)―盲目の旅芸人にある掟によって
闇に身を落とした主人公を綾瀬さんが熱演しているのは間違いないですし

一応、かつての「座頭市」シリーズを踏襲しているとこもありますが
だからといってこれを時代劇という風には思えないですね。

ビジュアルだけは時代劇ってとこですかね。







まぁそういう感じですかね (゚Д゚)y─┛~~


綾瀬さんファンにとっては
彼女の色々な表情が見れるという事でこれはこれでイイ作品だと思いますが

今まで「座頭市」とかを見たり
時代劇がもつ風情とかが好きですという方にはちょっと・・・・・って感じですかね。







ここ最近の綾瀬さんはいつもニコニコしてる役柄が多かったですが
どこかしら陰のある役柄には思いっきりヤラれてます(〃▽〃)ゞ


この作品の製作にはTBSが絡んでるんですが
今度、もし続編があるとしたら


日テレとか
フジテレビの方が良かったかもしれません(苦笑)











P.S.
この映画を見る前に予告で映画「252」の宣伝がありました。

12月5日にはテレビドラマ若きレスキュー隊員達の葛藤を
市原隼人さん主演で

12月6日には日本に巨大台風が襲ってくる中、人命救助に向かう人達を
伊藤英明さん×内野聖陽さんのW主演で

スゴイそそられます(; ̄∀ ̄)ゞ

"映画「ICHI」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント