ゴンゾウ 伝説の刑事 第7話

あの事件から三年前、ある男が殺された。
容疑者としてその男の女というよりかは
その男の商売道具である売春婦が浮かんだ。

その頃、ボロと言われていた捜査一課七係を
一気にトップクラスに押し上げた七係のエース・黒木は

いつものように黒木はその女から情報を得るために
締め上げるように部下の佐久間に命じていた。

しかし、佐久間は彼女に何を聞いても
情報が得られず釈放してしまったと言う。

そんな部下にあきれながらも
黒木は彼女の事を見張る事にした。


その女の名前は「杏子」と言った。


佐久間がその女について調べたところ
10歳の時に両親が自殺したらしい。


一家心中だった。


彼女は偶然通りかかった巡査に助けられたらしい。



杏子・一家心中・通りかかった巡査


その言葉に黒木は思い出した。



かつて黒木は巡査時代に
一家心中をしていた家族の中から少女を救い出した。
その子はたしか「杏子」という名前だった。


おっぱいふくらんだら結婚してやる。

人生はつらい事があったら必ずいい事がある。

君にはとびきり幸せな人生が待っている。

困った時はいつでも助けに来てあげるよ。




そう言ったきり黒木は彼女と一度も会ってはいなかった。



あんなに可愛く成長したあの子が
こんなにボロボロになってしまっていた。



それが黒木にはたまらなかった。


その日から黒木は勝手に捜査を外れて
つきっきりで杏子の看病をした。


礼をすればいいんでしょ。


やめてくれ。


これしか出来ない。
男はみんな同じでしょ。



頼むから、頼むから止めてくれ。



正義の味方ぶんのは止めろ!
なんで現れた?
なんで今更現れた?

助けに来て欲しい時にあんたは一度も来なかった

出てけよ。


中途半端な人助けなんかすんなよ。

死なせてくれてれば。

あの時、私を死なせてくれてれば―――――



次の言葉を言おうとした杏子の口を
黒木は自分の口を使ってふさいだ。

強く、優しく。




それから、二人の
のんびりとした時間が始まった。


あの時と比べると彼女は元気になった。

仕事も決まり、ちゃんと働いていた。

そして、彼女の側にはいつも黒木がいた。



黒木は杏子におもむろに指輪をつけてあげた。


おっぱいがふくらんだからな。

本当の愛だ。



愛・・・・・煙草吸う人は嫌い。


黒木は先ほどまで吸っていた煙草を消すと
自分が持っていた煙草の箱も投げ捨てた。

止めた。




刑事も嫌い。
いつ危険な目に遭うか分からない。


警察にだって安全な係がある。

所轄の備品係とか。

それがいい!
もう一人になるのは嫌だよ。



分かった。そうしよう。



彼女は幸せだった。

でも、もうひとつ分かっていた事がある。


彼が私の側にいるのは
犯人の情報を聞き出したいから。

もし、犯人が私に接触して
その情報を私が彼に教えたら

彼はこの部屋から出ていってもう二度とは戻ってこないかもしれない。




その不安は現実のものとなる。



杏子が犯人と接触して
落ち合う場所を黒木に語るや

彼はすぐさま、その犯人を逮捕するために
出かけようとしていた。



もう帰ってこないのね。

帰ってくる。
犯人逮捕して全部片付いたらな。


信じていいのね。ずっと一緒だって。



黒木は彼女を安心させるかのように接吻を交わすと
急ぎ、犯人が彼女と落ち合う場所に向かった。









サンフレストホテル203号室

そこに犯人はいなかった。


ただ1枚の紙だけが置いてあった。







『愛を裏切った女に報復を』







犯人の狙いを知った黒木は急ぎ杏子のいるアパートに走った。


しかし、もう手遅れだった。


杏子にまだ息があった。


杏子は黒木の耳元で必死に囁いた。




この世界に愛はあるの?







それから間もなく彼女を殺害した容疑者が浮かんだ。


しかし、その男は覚せい剤のやりすぎで死んでいた。


黒木の中にやりきれない思いと共に


その日から

彼は幻覚と幻聴を見るようになって眠れずにいた。


どうしてあの時私を助けたの。

俺は彼女に愛を誓った。

どうしてあの時犯人の居場所を言うなって言わなかったの。

こんなことになるんなんて思ってもなかった。

本当は手柄を立てたかったんでしょ。

そうかもしれない。自分はどこまで本当の事を言ったのだろう。
しかし、彼女はそれでも俺の言葉を信じようとしてくれていた。


はじめから利用するつもりだったんでしょ。

そうだった。そして、俺は彼女を――――「殺してしまった」

ずっと一緒にいてくれるって約束したのに。

ずっと一緒だ。

この世界に愛はあるの。

あるよ。



そして、黒木は彼女がいる方へ足を踏み入れた―――――。










それから2年後
新設された捜査一課十三係の係長に佐久間が就任した。
かつて黒木がなれたはずの場所。



黒木は井の頭署で備品係をしていた。
それが彼女の望みだったから。





そして―――――。







目が覚めるとそこは病院だった。

あれからまる1日寝ていたらしい。





井の頭署の捜査本部も解散していた。


捜査は終わった。



たしか、あの時
自分は彼女の幻覚を見た。

そして意識が混乱していた。

そして、そして、そして・・・・・。


思い出せない。



教えてくれ!
あれから一体何があったんだ?!














まず、今回の内野さんの熱烈なキスに
視聴者の女性の何人かはヤラれていて
何人かはトロけていたように思います(笑)


黒木の中には本当に杏子の事を愛していたけれど
彼女が容疑者の情報を握っていたから近付いた打算があった訳ですね。

そして、彼は結局愛よりも仕事を優先してしまった。

それによって愛する人は殺されてしまった。


「この世に愛はあるの?」

この言葉が彼の心に重くのしかかるようです。

つまり黒木が彼女よりも仕事を優先してしまったために彼女は殺された。

黒木はそれで自分が彼女を殺してしまったと考えてしまったみたいですね。

その後悔の念がずっと彼の中にあって
最後に杏子が耳元で囁いた「この世に愛はあるの?」っていう言葉が消えないのでしょうね。




それから佐久間はこの時から母親の調子が悪くて
仕事よりも家庭を優先させようとしていた。

でも、彼女の死に憤る黒木は仕事を優先するようにと
佐久間に強制した。

その結果、佐久間の母親は倒れて半身不随になってしまった。



このことが佐久間が黒木を恨む原因になったみたいですね。

それで、黒木が捜査一課を辞めたのですから
やり場のない怒りが込み上げてきたみたいですね。


ただ、周りに迷惑をかけまいと
その母の病気のことは伏せてるみたいで。

それが更に怒りを加速させてしまったのかもしれません。

個人的には
あののび太君メガネの方が良かったかなぁ(笑)






しかし、今回の事件は捜査本部が解散したことで解決って事なんでしょうけど
なんかスッキリしないもんがありますね。

それもこれも、どうやって事件が解決したのかが分からない状態ですからね。



次回はその辺りに注目ですね。



ただ、次週はお休みという事で再来週までひっぱるってとこですね。

一体何があったのか気になります。

予告で岡林が撃たれたんですが一体誰が撃ったのか?!

気になります。



ちなみに自分はこのドラマを見てると
どうも去年の大河熱が呼び起こされて

まぁたイラストとか描いたりして

先ほどまで自己満を満たしたいがためにこんなんも作ってました(; ̄∀ ̄)ゞ










後、ちょっとだけ文字を変えてみたバージョンをば





相変わらず女性を描くのが苦手(; ̄∀ ̄)ゞ


まぁこの一週間はこんな事で水曜日は間を埋める事が出来そうです(笑)

"ゴンゾウ 伝説の刑事 第7話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント