篤姫 第31話 「さらば幾島」

安政の大獄
幕府の実権を握った井伊直弼は
自分に反対した勢力に徹底的な弾圧を加えていく。


その詮議は天璋院の義理の父と母になってくれた
近衛忠煕、そして近衛家の老女・村岡にも及んでいく。


村岡は朝廷からの密勅を仲立ちした疑いがかけられている。


天璋院は幾島の意見もあり
此度の件に関しては上様に御止め頂くようにするつもりだったが

そんな天璋院を滝山が制する。



これこそが井伊様の





此度の一件はあくまでも天璋院様の私事

それを公方様が私事を聞き入れたのでは
公方様のお立場がございませぬ。

この一件、どうか堪えて下さりませ。




井伊は一橋に組した者の処断のみならず
その処断の苛烈さに反対した者達は紀州派と言えでも
処断するというやり方に

滝山もまた憤りを感じていた。

そして、このような事態に至り
彼を大老に推挙した事も悔やんでいた。



それでは私が村岡様に何か出来る事はないのか。

ふと天璋院の中にある考えが浮かぶ。

天璋院は幾島を呼ぶ。



先んじて御用意仕りました。

既に幾島には天璋院の考えが分かっていた。




幾島は天璋院の威光を使い村岡と面会。


そして、彼女にひとつのものを託した。

天璋院の村岡に対する心遣いが伝わってくる。

「あきまへんな、年をとるとこれや。」

それは天璋院が亡き家定様との婚儀の折に着た内着だった。



村岡はその内着を来て詮議の席に向かった。

徳川家定公との婚儀にお使いになった内着
それは葵の御紋と同じものにございまする。


この一言で詮議の者達はひるむ(笑)


そして仲立ちの疑惑を問い質すと

村岡は己の役職である老女はいわば襖の引き手の如き役
よって用向きもお尋ねの件にも一切存じませぬ。

そうして全てをつっぱねた。



その結果、村岡は押込(謹慎)30日で釈放された。





どうにか天璋院と幾島の願いは叶えられた。





そして幾島は今回の一件でお暇を頂く時を定めた。

私はいつか必ず天璋院様にとって邪魔にりまする。

天璋院様は徳川家の人間として生きていかれる。
この後もそれを貫くだろう。

然るに私は島津家・近衛家の繋がりを第一とする事から抜け出せぬ。


徳川か薩摩か
そのような仕儀に向かわば
必ず天璋院様の足手まといになりましょう。

かような者が天璋院様のお側にいる事はできませぬ。



そして、もうひとつ
貴方様は誠、大きゅうなられました。
人は貴方様に惹かれ、お役に立たんと望んでおりまする。

これ以上の力がありましょうか。

私からお教えする事はもう何一つ残っておりませぬ。

私の勤めは終わったのでございまする。




幾島―――


初めて会った頃、私に申したな。

私の側から離れなかった。

薩摩の城でも船の中でも
そして大奥に入った後も

決して歓迎されなかったこの場所で

悩み苦しみ、ずっと寄り沿ってくれた陰


その陰が消える―――か。




はい。
お別れにございまする。



ここより下がって後はいずこに暮らすつもりじゃ。


京へ上り村岡様の御世話で余生を過ごそうかと思いまする。


そして、天璋院は村岡様より戻されたあの内着を幾島の前に差し出した。


この内着をそなたに受け取ってもらいたい。

一生に二つとなきもの。

だからこそそなたに持っていてもらいたい。

互いの道は分かれても
互いに歩んできた形見として。



天璋院様の思いに幾島は必死に涙をこらえた。

畏れながら私もひとつだけお願いしたい事がございまする。



その願いとは
この内着を今一度天璋院様に着て欲しい。



幾島の願いに応じて天璋院はこの内着を羽織る




どうじゃ。この髪では似合わぬか。



幾島の脳裏にあの時
亡き家定様との初めての夜の事が思い浮かぶ。



あの日の篤姫様がおられまする。



もう涙を抑える事は幾島には出来なかった。



幾島、そなたひどい顔じゃぞ。


天璋院様こそ私の他には見せられぬ顔です。


そんなあられもない顔を二人に思わず笑いあった―――――。








苦しい時もつらい時も一緒に乗り越えてくれた人
そんな人との別れって

自分の半身がなくなってしまうような感覚なんでしょうね。
これはもう同性だからこそ分かる部分なのかもしれません。

そんな二人の様子を見ていると
思わず目頭が熱くなりました(T▽T)



ちょっと今回登場した脇坂安宅を演じた櫻木健一さん
なんか紀州派の方々って丸顔が多いみたいです(笑)


後、村岡の詮議をした久貝因幡守だったかな。
たしかこの役をしてたのって藤木孝さんじゃなかったですかね。

ここで登場した時、ふと「新選組!」が浮かんで
ちょっと笑ってしまったなぁ。






それから幾島は
天璋院の行動を諌めようとした時
重野がすかさず自分と同じ意見を言ってくれたので
これで自分がいなくても大丈夫と思ったとこもあるみたいですね。




後、今回
於一時代の回想シーンがありましたが
この時、改めて女優・宮崎あおいの演技力に驚かされました。

幼いときとかは声が高いんですよね。

それが段々に声を抑えていくことで高貴な雰囲気をまとっていくのですからね。
これは正直、脱帽です。

こういう空気というか雰囲気を演じられるのはホントスゴイですね。



とりあえず天璋院&幾島メインで書いてみましたが

今回はこれとは別に

天璋院&家茂

薩摩


この二つのお話もありました。


天璋院&家茂では
まず家茂の愚痴から始まります(笑)

井伊から
「天璋院様を母上様と慕われるのはよいです。
あくまでも表の政を第一としなければなりませぬ。
その上、安政の大獄で処罰される者は天璋院様所縁の者が多い」と言って。

要はそういう所縁のある人物とは関わるなと暗に言っているようなものですからね。

そして更には
「公方様は助け参らせ政を行うはこの私にござりまする。」

つまりは天璋院様が政を行う事など出来ぬ。
政を行う事が出来るのはこの私だけだと言っている訳ですからね。

かと言って井伊の詮議はあまりにも無用な事が多いのではないかと
家茂も心を痛めていたみたいです。


そして村岡の事で心を痛める天璋院の様子に気付く家茂だけれども
天璋院は滝山に釘を刺されたばかりなので
自分の悩みを家茂に打ち明ける事が出来ない。

そして事態が一通り解決し終わったとこで
天璋院が抱えていた悩みを知った家茂は憤ります。


何故打ち明けて下されなかったのですか。

たとえ何もして差し上げられなくても
苦しみもつらさも分かち合いたかった。

今後は隠し事は無用にございまする。
今後は私が打ち明けられぬ事が出来なくなってしまいまする。


この言葉に天璋院は改めて
家茂というよき息子に恵まれた事を
亡き家定に感謝してた感じがします。





そして薩摩では
西郷さんの遠島という処断に憤る大久保さんでしたが

もし、斉興ならば西郷を処刑したはずなのに
それが遠島で済んだのは忠教が動いてくれたおかげではないかという
帯刀の考えに大久保も忠教という人物に対して考えを若干改めたみたいです。


その頃、薩摩では斉興様が病に倒れ
忠教様が藩の実権を握る時がようやく訪れ

そこで

余は我が兄・斉彬公の御遺志を継ぎ薩摩を守る日本国を果敢に変革していく。

と、高らかに宣言していきます。



しかし、藩士の間では
お由羅の子である忠教のやり方に不信感がいっぱい。
更に水戸にいる同志からは井伊直弼の処罰のやり方に
井伊直弼の襲撃計画に加わろうとする者もいるようですね。


ただ、そんな中で
大久保さんは一時の激情に踊らされず
十分に気が熟するのを待つべきだという西郷さんの言葉に
一理あるとみて従っているみたいです。






さて今回出てきた安政の大獄

ここで基本的に井伊が裁いた人達というのが


1.一橋側についた藩主・井伊のやり方に反対した藩主、奉行

  ⇒免職、隠居、謹慎


2.朝廷の密書に関与した公家

  ⇒官位の辞任、落飾、謹慎


3.朝廷の密書に関与した藩士

  ⇒遠島、死刑、獄死


4.一橋派の思想家・儒学者または井伊の襲撃を画策した者

  ⇒死刑、獄死




こうして見ると井伊は基本的に自分の意見に反する者は徹底的に処罰しています。
とりわけ、思想家・儒学者に対する処罰がかなり厳しいですね。

井伊は分かっていたのでしょう。

危険な思想を広めれば
それだけ後々幕府を揺るがす人物が増える事になる。

だからこそ、その根は徹底的に絶たなければならない。

そういう意識が彼の中にはあったのでしょう。


そんな井伊の高笑いが聞こえてきます。











お米一合と海苔を切り切りして作ってみました(; ̄∀ ̄)ゞ






後、以前こんなのも作りました↓





「井伊の赤玉」です(; ̄∀ ̄)ゞ








これはちゃんと目玉焼きにして美味しく頂きました。





ちょっと似てないですけど(; ̄∀ ̄)ゞ


ちなみにこれは透明のビニールに書いたやつを乗せたので
食べ物に落書きをしたのではないのであしからず。





こんな感じで今回はちょっとネタに走りました。

まぁ「なおすけ」が登場するのは次回で最後みたいなんで
次回もまたこんな感じで遊んでみるつもりです(; ̄∀ ̄)ゞ

"篤姫 第31話 「さらば幾島」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント