魔王 第2話

雨の中、熊田弁護士の葬儀が行われた。

流石に普段着ではなく喪服を着てる直人(笑)

その場所にあの男、成瀬領が現れる。



直人の父・栄作は弁護士としての成瀬の活躍に興味を持った。


「あなたのお噂は聞いていますよ。『天使の弁護士』でしたかな。」


「場合によっては私も『悪魔』になりますよ。」



顧問弁護士の熊田を亡くした今
新しい顧問弁護士が必要だった。


彼の言葉に栄作は思う。


「彼は役に立つ」


彼の言葉に領は思う。



「獲物が喰いついた―――――。」







弟が亡くなったショックで母も急死した。

そして母はユリの花が好きだった。

ユリが咲くと母を思い出す。

あの時の記憶と共に。

ユリの花言葉
威厳・純潔・無垢

聖母マリアの象徴


そしてマリアから生まれし天使は

理不尽な人間の欲望によって悪魔となった。








直人が行くところ、全てに成瀬領がいる。

偶然なはずなのに妙な違和感を感じる。

その違和感の正体が分からない。


そんな彼を嘲笑うかのように
領は彼に言葉をかける。


例えば宗田が釈放され
昔の中学生の仲間が集まる席に呼ばれる成瀬。

昔の仲間。

「いい写真ですね。
思い出はかけがいのないものです。
大切になさって下さい。」


その言葉の後に
「くれぐれも―――――。」

って言葉が聞こえてきそうです。



そして再び直人の下に届く1枚のタロットカード


ムーン―「月」

「何故、お前なんだ?」


そこから
自分の周囲の人間が狙われているとまで考えた訳ですが
そこからたくさんの人の恨みを買っている父を連想して
懸命に守ろうとする訳ですね。

たとえどんな人であろうと守らなければならない。



そのために直人はサイコメトラーであるしおりに
自分の下に届いたタロットカードを持って
タロットカードの意味と
事件の手掛かりを得ようとしたのですが
ここでも成瀬領。


月の暗示
「不安だから明るくなるまで待て」

その謎にたいして為す術はなく動くほど混乱していく


疲れてますね。
疲労は判断を誤らせる原因です
でないと本当に大事な事を見落としてしまうかもしれません。





もう既に領の計画は進行していた訳ですね。



そして、しおりがサイコメトリーによって感じたもの


・くまのぬいぐるみ
・ロビーに翼の生えた彫刻がある場所
・拳銃


そして、カードの暗示そのままに
直人は為す術もなく翻弄されていく。




父・栄作が経営するホテルの従業員として働いていた新谷

彼女には300万円の借金があった。

その借金の取り立てをしていたのが直人の中学時代の友達・陽介




ここに狙いをつけた訳ですね。

ある日、新谷の娘は知らないお兄ちゃんからくまのぬいぐるみをもらう。

そして新谷の下に宅配が届く。


送り主は『雨野真実』

その宅配の中にあったもの―――それがおそらく拳銃なんでしょうね。


そしてあらぬ疑いをかけられて
仕事もクビになり借金の督促状まで届いて
完全にまいっている状態の新谷


そこで娘が突然いなくなる。


あの取り立て屋が娘を誘拐したに違いない。



そして、あの取り立て屋のとこにいくと
娘が持っていたぬいぐるみと同じものがあった。

『雨野真実』が陽介の下に送ったぬいぐるみが。



そうして事件が生まれる。



という事なんでしょうね。



当初、成瀬の部屋にあった
あのくまのぬいぐるみは弟との思い出の品かと思ってましたが
あれはあくまでもこの計画のための道具のひとつのようですね。


そして、教会で開かれていたチャリティを
偶然通りかかったと言って参加する成瀬


「お仕事はいいんですか?」

ええ、今日はもうやる事がないんです。
夕べのうちに全て済ませておきましたから。



イヤ~~~な含みがありますねぇ(; ̄∀ ̄)



そして、迷子の女の子を発見すると。

その彼女はくまのぬいぐるみを持っていた。

サイコメトリーで見たあのぬいぐるみと全く同じ。

その女の子は初対面のように成瀬と接する訳で。
となると誰がこの女の子にぬいぐるみをあげたのかが気になります。


そして成瀬は
しおりのサイコメトリーの事を知っているような気がします。


もしかしたら
成瀬は実はしおりのように
何らかの超能力があるのではないか、そんな気がします。


さて、気になる次回ですが
どうも成瀬は陽介を殺害に至らしめたとされる新谷の弁護をするんでしょうね。


そこで新谷が置かれた状況により
彼はおそらく新谷の罪を軽くするように働きかけるのでしょう。


それによって自分の実力を直人の父・栄作に見せ付け
彼の信任を得て、会社の中枢に入っていく。

つまり、陽介の死は彼にとっての復讐のひとつであり
直人の父・栄作に近付くための道具でもあるって事なんでしょう。


まぁこれもまた彼にとって計画の序章に過ぎないのでしょうけどね。







さて、只今こんなのを描いてます





まだ、途中ですがちょっと微妙(; ̄∀ ̄)ゞ


とりあえずここから何とか色々と付け足して
次回までにはなんとかしてみたいです。




後・・・・あ、そうそう
成瀬領の中学時代を演じるのは河野弘樹さん。



彼、広島県は安佐南区の出身なんでっすって~(  ̄ノ∇ ̄)




自分は四国出身で広島に住んでるだけなんですが
広島県出身の役者さんってだけでちょっとした親近感が湧きます(笑)

"魔王 第2話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント