Around40 ~注文の多いオンナたち~ 第9話

男性達は自分が付き合ってる女性の愚痴を
女性達は自分が付き合ってる男性の愚痴を

男はいつも自分が正しいと思ってる
女はいつも感情でモノを言う

同性同士だとこんなにも相手の言いたい事が言えるのに
どうして本人を目の前にすると言えなくなる。



どうしてあんなにも好きだったのに
あんなに心が近付いていたはずなのに


「なんであいつが怒ってるのか分からない」
「どうして私の事を分かってくれないの」


どうしてこんなに遠くなってしまったんだろう?


一緒に生きているうちに
私達は何を失ってきたんだろう―――――。




今回はコミュニケーションをなくしたふたつの夫婦と

これから場合によってはその領域に足を踏み込むかもしれない
主人公って感じでした(笑)



こうした夫婦の溝を生み出すとこが
聡子と恵太朗の約束に描かれてますね。


仕事が忙しくて恵太朗との約束を忘れてしまった聡子

その事を謝ろうと思ったけれど夜も遅かったので止めた。

恵太朗はもう待ってない。
恵太朗は寝てるって。











待ってたよ(; ̄∀ ̄)





こんなに互いの事を分かってるから言わなくても大丈夫



そういう思い込みの積み重ねが
互いの心が知らず知らずにうちに遠くなり
そうして瑞恵や奈央のようになっていってしまうんでしょうね。


精神科医である聡子と臨床心理士である恵太朗

今までそういう患者に見てきたから
ああいう適切なアドバイスが出来るし
自分もその事が分かっているけれど

いざ、自分のことになるとなかなか難しいのかもしれませんね。



デートして下さい。
その時は僕の事、一番に考えて下さい。


ここはなかなか「お!」って感じだったんですがね。

恵太朗さん、もっと聡子にも分かるように自分の気持ちを
表現してあげて下さい(笑)



しかし、瑞恵にも奈央にも
二人の事をずっと思ってくれた人がいた。



瑞恵の場合、洋介だった訳で。


お母さんにもっと優しくしれやれよ。

自分なんか何にも出来ないって言ってたのに

言いたい事があったらちゃんと言えよ。

離婚して出ていくんじゃないかってずっと不安だったんだ。


お父さんもお母さんも仲良くしてくれよ(ノд`)





そして奈央の場合はご存じマー君(笑)



そうして二人は「自分らしい生き方」をするために一歩踏み出すみたいですね。


そして聡子も恵太朗から・・・あれってプロポーズ(・∀・)?!


しかし、あの恵太朗がプレゼントした指輪って木製だったんですね。

自分はてっきり「101回目のプロポーズ」で出てきたナットで

時間が経って錆びてしまったやつかと思いました(; ̄∀ ̄)ゞ

しかし、ああいう指輪があるなんて知りませんでした。

金属アレルギーの女性へのプレゼントには
ああいうのもいいかもしれないですね。

それでも、やっぱ貴金属の方がよいのでしょうかね(; ̄∀ ̄)




そして次回はこちらも終盤に差し掛かったって事で
それぞれに思わぬ展開が待ってそうです。


聡子は父が倒れた事
そして父と晴子さんは事実婚―籍を入れてなかったという衝撃

瑞恵は夫とやり直そうと思ってた矢先
夫から「離婚しよう」って切り出されるし

奈央は夫と別れようと決断したのに夫はそれを認めないし
その上、妊娠出来にくい体質だったのに妊娠したりして



・・・・・なんか予告見せすぎじゃありませんかねぇ(苦笑)

どちらにしても、こちらも正念場に差し掛かってきました。

"Around40 ~注文の多いオンナたち~ 第9話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント