絶対彼氏 第8話

まず、感想を書く前に一言

バレー、録画なら時間延長しないでよヽ(;´Д`)ノ

さて、とりあえず愚痴ったところでドラマの感想をば。

並切さんのチームとは別のチームが先に開発したゼロツー

新型のタイプ・ゼロツー
完璧に均整のとれたボディ
感情データの収集装置は内蔵型

充電はたったの10秒だし
ナイトよりもリアルで自然な感情表現が出来るし
キス起動システムの搭載はくだらないので見送り(笑)
ここにショックを受ける並切さん(苦笑)

包容力=融通のきかないゼロワンに足りない能力を
ゼロツーは兼ね備えている。


ゼロワンをコレに喩えるとすると








ゼロツーはコレって事でよろしいかと(; ̄∀ ̄)ゞ







それもこれも部長が
ナイトの性能に疑問視してるからってとこみたいですがね。

「役目を果たせない家電は処分するまでだ」って

まずはお客様の声を聞きましょうよヽ(;´Д`)ノ


たしかにしゃべり方ひとつとってみても
ゼロツーは完全にゼロワンを上回っていますねぇ。


しかし職務規定プログラムがあるのは驚きですが
それをプログラムされているはずのロボットが破ってしまうのも驚きでしたねぇ。

しかし、その特性を利用してナイトの動きを封じたり
「キミみたいな旧型ロボットは用ナシなんだ」とか
「この程度のパワーじゃ梨衣子さんを守れないよ」とか言って
ゼロワンを見下しているとことか
梨衣子が危機に陥った時に自己防衛機能が働いて
助けにいかなかったとことか

えっらい自分をひけらかすいけ好かないロボットになったような。

なんか作成した人の性格まで引き継いでいるようで(苦笑)


でもってロボット同士の対決
もうちょっと見たかったなぁ。

出来れば目から電気ショックとか(笑)
髪の毛が鋼線となって相手を切り裂くとか(笑)



ただ、自己防衛機能に関しては
あくまでも家電製品という事なので
壊れてしまったら修理とかが大変だから
こういう機能がついたんだと思うんですけどね。


そういう点ではナイトは
自分の危険も顧みず、恋人を助ける。

なんかそんなナイトに助けられて
梨衣子も安心してた感じもしますしね。


ここだけで顧客満足度はかなり高いって感じがします。







ただ、個人的には
どうせゼロツーを解体するのなら
ゼロワンよりも上回っているゼロツーの機能を
ゼロワンに移植したらいいのにと思ってしまうのですがね(; ̄∀ ̄)ゞ


序盤からナイトと梨衣子っていい関係になってますよね。


もうナイトがいる事が当たり前って感じで。


「今なら新型のゼロツーとゼロワンを交換出来ますが」って
並切さんの申し出に


しません。
ナイトは私にとって大切な存在だから。


梨衣子、帰ろう。

うん。


ゼロツーは古いものよりも新しいものがいいって言ってましたが
古いものにも使い続ければ「愛着」ってものが湧きますからね。

これだけは新しいものにはない部分ですね。


ナイトに完全に愛着が湧いていますね。
ただ、それが単純な「愛着」ってものではなさそうですね。

なかなかいないと思いますよ。

独り言を言うロボットって(笑)


で、再び自分の好きな事に向き合う決心がついたみたいで。


そしてロボットに恋してるかもしれない梨衣子を見て

ふじ子さんは違和感を感じてるみたいですね。



しかし、ここでもマー君が出てくるとは予想外(笑)



でもって創志はASAMOTOを辞めてまで
梨衣子と一緒にブレネ杯に出場する覚悟を決めたみたいです。


これはどうなるか分からなくなってきました。





以上
i・k・a・s・a・m・a・4
イカサマシがお送りしました(; ̄∀ ̄)ゞ

"絶対彼氏 第8話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント