CHANGE 第3話

政治経験ゼロのド素人が与党の総裁になる。
それは即ち総理大臣になるという事。


「総理大臣なんて僕が出来る訳ないでしょ?!」



でも、既に朝倉啓太立候補の動きは着々と進んでいた。


若手議員にとって
君が総理になってくれたら若手の声が反映されるかも

だから君を推薦したんだ。

そう言って生方は朝倉の推薦人に。

既に推薦人20人は集まった。

戸惑う朝倉に神林から電話が鳴る。

覚悟は決まったかい?

準備は全て整った。
後は君次第だよ。朝倉君。




未だに決心がつかない啓太は長野にいる
かつての教え子に会いに言った。

子供達に希望ある未来を用意してやれないか。

子供達の顔を見れば答えが見つかるかもしれない
そう思ってここに来た。



そんな啓太の前に現れた美山。

私はかつて財務省の官僚だった。

そんな彼女が秘書をやっているのは
私自身が政治家になりたかったから。

たくさん見てきた。
いつのまにか政治家である事が目的になって
この国をよくしたいなんてこれっぽっちも考えていない人達を。

だったら私がしてやるって。
でも私は何もしてきてない。


私が20年かけても辿り着けない場所にあなたはたった一月で辿り着いた。

もし私が総理になったら身を粉にして働く。必死になって働く。

あなたはご自分の幸運を分かってない。だから腹が立つんです。
政治家に一番必要なのは決断力です。



総理大臣になったら子供達に希望ある未来を用意できるんですかね。


翌日、朝倉啓太は総裁選選挙に立候補を表明した――――。



このドラマの間のテンポの取り方は秀逸なので
これについては申し述べる事はございません。


とりあえず総裁選の戦い方の一端も描かれていましたが
今回のポイントはそういった選挙のやり方ではなくて

その選挙戦で用いられる立候補たちの言葉の意味


国民と同じ目線に立つ事=小学5年生にも分かる言葉で話す事。


今回はこれに尽きますね。



与党の総裁選というと
とかくお金の話をすると自分とこの都合を優先して
話すんだけど、その中身が本当かどうか全く分からんですからね。
お偉方は昼食代1000円とか言うけど
啓太は今時690~590円だろうってね。

ちなみに自分は近くにあるスーパーでお惣菜で
300円以内で済ます時もあれば
朝食をガッツリ食って昼飯は抜くという手も使ったりします(笑)


また、教育論に関しても
たしかに以前から関心をもってやってる議員はいるかもしれませんが
ゆとり教育か何か知りませんが円周率を「3」と教えたり
台形の面積は教えなかったりと手を抜いておいて
それが日本の学力を低下させたと数字上での結果が出るや
また以前の教育方針に逆戻りと混沌としておりますからね。

一体何をやっていたんだかって感じですね(苦笑)


こうした改革って議員さんとかお偉方の意図したとことは
全く違う方向に進んでいく事が多いみたいですからね。



そして政権運営のために
与党が2/3の議員を獲得するという話も
「何故2/3なのか?」とか「何故2/3が必要なのか」とか
そういった事はまず分からないですからね。


自分達の意見を法律として成立させる

そのためには衆議院で与党議員が全体の2/3の議員数を確保しなければならない。

それがダメならば他の党と連立を組む。


まぁそういうとこなんですがね。


また、今回
韮沢さんはマスコミをフル活用していましたねぇ。

しかし、一方で


与党だから悪い。
野党だから与党に対立する。



と全てをひとくくりに決め付けてかかるようなマスコミの報道の姿勢も考え物です。


特にどこぞの報道番組は
自分達こそ国民の目であると吹聴するかのように
のたまわっていますが、それが本当に正しいのか
もしかしたら彼らこそ自分達国民を扇動しているのではないか
そんな感じもします。


特に政治の問題になると
「白か黒か」を突きつけるニュースキャスターも違和感を感じます。
自分の身内になると途端に報道しないくせにねぇ(苦笑)

もちろん終始何を言ってるのか分からない政治家にも違和感を感じます。





僕は今まで国会議員とは選挙で選ばれた国民の代表で
総理大臣は国民の中で一番偉い人だと思っていました。

国会議員とは国民皆さんのために奉仕する事を
約束した上で選んでいただいた人です。

総理大臣とは誰よりも国民のために働く義務と責任を背負っている人の事です。

選挙の時だけ頭を下げているような人は本当の政治家ではありません。
誰にでも分かるような言葉で話せない人は本当の政治家ではありません。

自分の利益を優先する人は本当の政治家ではありません。

何を怒り何を望み何を信じたいのか
それが分からない人は本当の総理大臣ではありません。

僕が見た政治の世界ではそんな人間がたくさんいました。
政治のプロになる事がそういう政治家になるという事ならば
僕はプロにはなりたくない。

僕は約束します。

皆さんと同じ目で正す事を僕は約束します。
皆さんと同じ意味で弱者と言われる人達の声を
真剣に聞く事を僕は約束します。

この国の進むべき道を指し示す事を。
僕の全ては皆さんと同じです。



朝倉啓太の演説は今の政治にはない新鮮な感じがします。
正しく「新鮮力」ってやつです(笑)


間違いなく「朝倉旋風」が起きております。



しかし、問題はここからです。

総理大臣になる。

それで終わりではなくそれは始まり。


これから何をするかという事ですからね。


でもって、おそらく彼が最初にやる仕事は誰を次の大臣・役職にするのか
本来ならば実力のある人が適切な役職に就くとこなんですがねぇ。



しかしながら間違いなくマスコミはこういう言葉を使うでしょうね。

「論功行賞」


朝倉啓太を応援した方々への褒美として大臣のポストを用意する。

まぁどちらにしても
誰をどの要職に就けるのか
そういった人選が朝倉に出来るとは思えません。

となると「実質上の総理」が采配を握る事になるのでしょうね。




朝倉の応援に美山を使ったのも
「あれはキレイ事で言いくるめられるタイプだよ。」

先生は日本全体を考えているんだよ。

国民はそれを当てにしない。

自己防衛に必死にしてるだけだ。

今、大事なのは国民と政治家が信頼しあってひとつになる事だ。

あのクリーンなイメージ・人気
彼はこの日本を変えてくれる。

だから神林先生はサポート役に徹しようと決心されたんだ。


そんなキレイな言葉を無条件に信じる美山。

完全に彼女も朝倉同様利用されています。

徐々に神林の不気味さが現れています。


今度こそはと信じた政治家に
彼女は今度も騙されたような感じがします(苦笑)



そして今回一番気になるのは

子供達が言ってた
「政治家ってお金のためにやってる。モジャ倉もいつかそうなる。」


もしかしたら、ちょっとはそうなるのかもしれない。

そんな展開がこの言葉に含まれているのかもしれません。

とりあえず、今回の総裁選で演説した彼の言葉が
どこまで現実になっていくのか

そこが今後の楽しみどこになるのかもしれません。

"CHANGE 第3話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント