SP 警視庁警備部警護課第四係 第10話

さてさて、とりあえず役者が揃いました。

西島理事官の目的

それは
「総理が殺害された」事実ではなく
「総理が狙撃された」事実で良かったようです。


西島は考えたのでしょう。
これからの警護体勢は尾形が主張するようなものでなくてはならない。
しかし、いくら意見を言っても
上層部は取り合わない。

「今までに例がないから」と。


だから


「今までに例がない」事件を起こす事で


つまり、たった一発のペイント弾で
今までの警察の体制に不備があった事を国民に見せつけると共に
尾形が提唱する「新しい警護」の形を実現しようとしたのでしょう。
西島なりのやり方で。


まぁ元総理が襲われたテロ事件も
都知事襲撃未遂事件も
おそらく西島さんが関与していたんでしょうけど
それもそういう事だったんでしょうかね。

この件に関しては多少強引というか
危ない人物を選んだような感じもしますがね。



ただ、ここでイレギュラーが発生します。


それが山西一弥。


彼はおそらく20年前のあの日
麻田に頼まれたんでしょうね。

井上の父親に危害を加えろみたいな感じで。



それなのに井上の両親は死んでしまい
山西は逮捕されてしまった。


自分は服役したのに
自分に仕事を依頼した男は総理にまでなっている。



そんな腐った男を彼は殺そうとしたんでしょうね。


そのために誰が犠牲になろうとも
彼はかまわなかったんでしょうね。



にしても他のSP2人に石田、山本、笹本と次々に撃たれていく。

これは井上の妄想じゃなかったんですね(笑)


撃たれた場所は致命傷になりそうではなかったのに
引きの画面で皆さんピクリとも動かなかったのには
ちょっと笑ってしまったなぁ(^▽^)

ただ、麻田首相が襲われそうになった時
警護課第4係の中で率先して
首相を守る壁となって立ち塞がった石田の姿が
いつになく凛々しかったですね。


それと山西が使った拳銃はリボルバー式

あれって装填出来る弾数って一般的に6発でいいんかな。
そうなると既に山西は5発使ってる計算になるんだけれども
今後、その辺りはどうなるかも気になるところ。




面白かったのは

井上の妄想の世界で
井上が麻田を撃とうとするところと


現実の世界で
山西が麻田を撃とうとするところで

放った台詞

「覚えてるか?」



井上も山西のようにテロリストになる素質があった。

もし、自分がテロリストならば―――。

でも、そんな自分を自制することが出来たのは
守っている人にも家族がいるという事

そして、その家族に自分と同じような悲しみを
生み出したくないという思い


という事なんでしょうね。





麻田によって人生を奪われた山西と井上


しかし、時は流れ


一人は麻田を殺そうとし

もう一人は麻田を守ろうとする



一人はあくまでテロにはテロという形で報復しようとするのだけれども

テロによって家族を奪われたもう一人は
罪は罪として、あくまでも罪を犯した人の家族に対して
意識が向いているって事のようですね。


ここがもう根本的に違うんでしょうね。

まぁ二人の経験の差から生まれたものだから
このような思想の違いが生まれたんでしょうけどね。

次回でもう最終回

あの時の事件の関係者が揃う事になるみたいですね。

ここからどのような形で収束するのか
とても気になります。

・・・というか全部描けるんかな(笑)

個人的に「SP」のSPがありそうな予感(; ̄∀ ̄)

"SP 警視庁警備部警護課第四係 第10話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント