ガリレオ 第7話

今から半年前、事件は起きた。
栗林の友人で会社を経営する菅原は
大学時代の後輩・峰村の紹介で今の妻・静子と結婚した。

だが、彼はちょっとした出来心で
冬美という女性と浮気をしてしまった。


そんなある日、菅原がマンションにいた時に
菅原の携帯に電話が鳴った。


冬美からだった。


冬美は何故か向かいのマンションにいた。


「結婚してくれないなら死ぬ」と言って
ロープで首を吊って自殺を図った。




結局、彼女は亡くなった。


そして、この事件により菅原は妻と離婚した。




しかし、この事件が起きる一週間前
菅原は見た。


冬美が亡くなったあの部屋で
女性が首を吊った姿を。




菅原は思った。

あれはこの事件が起きる事を
予知していたのではないか―――。







今回のトリックのひとつに用いられたのがER流体。

最近ではロボットの関節に用いられているそうで

一番の特徴は普段は液体だけれども
電流を流す事で固体となる物体のようですね。


それを生かして峰村は犯行を行った。


まぁ正確には彼はある人の命令に従って行動したって事なんでしょうね。


この一連の事件を計画したのが菅原の妻だった静子だったって事ですね。



彼女は菅原から莫大な慰謝料をせしめるために
好きでもない菅原と結婚し

金を使って
冬美に菅原と浮気をするように仕向け
峰村にはその冬美を殺すように持ち掛けた。

全ては金のために。

そして自分は一切手を汚さない。



なんともイヤラシイやり口です。




湯川が峰村がこの事件に何らかの関与をしていると気付いたのは
管理人を呼び出す時に自殺した女性の部屋番号を正確に言った事が
きっかけでしょうね。

そして静子がこの事件に関与していると気付いたのは」

1.自殺した女性が亡くなった部屋は菅原の部屋の真正面にあり
必ず視界に入ってくる可能性が高い。


2.もし、峰村がその現場を見たのなら静子にも相談するはず。


これだけでも怪しい限りです。


そして極めつけは「あの時」なんでしょうね。


「あの時」は「あの時」なんでしょうけど
詳しく語る事なく「あの時」が特定出来る時点で

「それは正解です」って事なんでしょうね。



それから今回の湯川さんはボクシングをやってましたねぇ。

ちょっと内海も見とれてましたねぇ。


ああいう格闘系が好きなんでしょうかね。


ちなみに柴咲コウさんは来年公開される映画「少林少女」に主演してます。




今回のゲストはこういうシリアス系は連ドラでは久しぶりの深田恭子さん。
それからドランクドラゴンの塚地武雅さんにTEAM-NACSのメンバー・佐藤重幸さん。
そして、「のだめカンタービレ」に出演していた桜井千寿さん。
(と言っても名前しか覚えてなかったけど(; ̄∀ ̄)ゞ)



科学者に必要なのはあくなき探究心。


そして金=欲には執着しない事。


もし、執着するとすれば
それは「謎」って事なんでしょうね。













それにしてもなぁ。








今回の一番のツボ。






菅原の携帯が鳴ったのは21:19

そして、峰村が女性が自殺したマンションに駆けつけて
マンションの管理人に電話したのが21:23



つまり「空白の4分間」がある。




そして菅原と峰村の周りの「点と線」が繋がっていくようですねぇ。



・・・なんでしょうかねぇ、この展開。






一昨日、昨日、そして今日と三連チャンの「電車」です(苦笑)

"ガリレオ 第7話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント